このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
Cloningerによる最近の研究は、危害回避の気質の次元がセロトニン作動性の活動に関連しているかもしれないことを示唆しています。セロトニン作動性メカニズムが睡眠調節において同様に主要な役割を果たすので、我々は、精神生理学的不眠症と特定の人格特性との間に関連性があるかどうかを評価するためにCloningerの気質および性格の精神生物学的モデルを用いることにした。慢性不眠症は現代社会では一般的な不満であり、不眠症患者が特定の性格特性を共有するかどうかは依然として議論の余地があります。32人の慢性不眠症(50歳未満)が研究された。彼らは2連泊の睡眠ポリグラフを受け、気質と性格目録のほかに226項目の自己質問票に記入しました。病院の不安とうつ病のスケール。(1)不眠症患者では、対照と比較した場合、すべての下位スコアに対する危害回避は有意に高かった。(2)自発性スコアは不眠症で低かった。(3)睡眠潜時は危害回避と正の相関があった。(4)HA1(予測心配)は、REM潜時と負の相関があった。気質と性格インベントリは、慢性的な不眠症の調査に役立つツールです。セロトニン作動性機序は、精神生理学的不眠症患者における性格特性としての危害回避の高い発生率を説明するかもしれない。危害回避が原発性不眠症の心理的脆弱性マーカーであり、SSRI治療反応者の予測因子として使用できるかどうかを見るためにはさらなる研究が必要である。
前の記事次の記事
キーワード
性格特性不眠症気質セロトニン
版権の©2004年の科学および他のElsevier SAS。全著作権所有。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S092493380400080X