このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
注意欠陥/多動性障害(ADHD)の多くの成人は、睡眠困難を報告しています。睡眠とADHDの関係はよくわかっておらず、主観的尺度と客観的尺度の間に食い違いがあります。ADHDにおける睡眠関連症状の特異性を決定するために、ADHD成人患者間の主観的睡眠評価を対照被験者および境界性人格障害(BPD)を患っている個人と比較した。
方法
ADHD患者129人、BPD患者70人(BPDおよびADHD共存症の患者17人を含む)、および65人の対照参加者について、ピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)、不眠症重症度指数(ISI )を用いて睡眠の質、不眠症、および眠気を評価した。)、およびエプワース眠気尺度(ESS)。
結果
ADHDおよびBPD患者は、対照対象よりも高い不眠症および低い睡眠品質スコアを達成した。臨床グループは睡眠の質の点では違いはなかったが、不眠症はBPD患者の間でより深刻であった。鬱病スコアは睡眠症状の大部分を説明したが、鬱病を抑制した場合でも、ADHD患者はより高い睡眠潜時を示した。不注意症状は傾眠に関連していたが、活動亢進/衝動症状は不眠症および睡眠効率の低下に関連していた。
結論
ADHDに関連する睡眠関連症状は、部分的には非特異的要因、特にうつ症状によって説明されていました。寸法の観点では、活動亢進症状と不注意症状は特定の睡眠症状と関連していました。
前の記事次の記事
1
現在の住所:Pôlede Psychiatrie、SantéMentale et Addictologie、HôpitauxUniversiataires de Strasbourg、1か所のdel’Hôpital、67,000ストラスブール。
全文を見る
©2017 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0010440X16306150

関連記事はこちら