このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

バックグラウンド
不眠症は重要だが見落とされがちな癌の副作用です。機能不全の睡眠信念は不眠症の重要な永続的な要因として識別されています。マインドフルネスの実践は睡眠の質を改善することが実証されていますが、これらの効果が機能不全の睡眠信念の変化に関連するかどうかは不明です。
目的
本研究は、不眠症の癌患者を対象に、マインドフルネスに基づく癌の回復(MBCR)を認知行動療法(CBT-1)と比較したランダム化比較試験の二次解析です。この現在の分析は、マインドフルネス、機能不全睡眠信念、および不眠症重症度臨床カットオフに対するプログラムの影響を比較しています。
方法
患者(MBCR、n= 32; CBT − 1、n =40)をベースライン、プログラム後、および3ヶ月の追跡調査で評価した。
結果
両グループ全体で、患者が意識(と演技に時間をかけて改善を示したP = 0.021)と判断していない経験(P = 0.023)。CBT-Iグループによって生み出された機能不全睡眠信念の変化は、プログラム後および追跡調査でMBCRによってもたらされたものを上回った(P <0.001)。意識障害、判断力のない、反応しない行動は、機能障害のある睡眠信念の全体的な減少に関連したマインドフルネスの側面でした。プログラム後または追跡調査時に不眠症の重症度の臨床的カットオフを超える患者の割合に、MBCR群とCBT − 1群との間に有意差はなかった。 結論 この研究は、不眠症の重症度を軽減するためのCBT-1とMBCRの両方の使用を支持しており、機能障害の睡眠信念を軽減する方法としてマインドフルネスファセットの開発を示唆しています。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症癌マインドフルネスマインドフルネスに基づく癌の回復マインドフルネスベースのストレス軽減機能障害睡眠信念 著作権©2015 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1550830715001482