このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
睡眠についての有益でない考えは不眠症と関係しており、睡眠についての認知の柔軟性を高めることは治療後の睡眠改善と関係しています。この研究では、そのような信念のレベルが不眠症群間で異なるかどうか、そして特定の不眠症サブタイプに対して異なる特定の信念があるかどうかを評価した。
方法
参加者(N= 1384)は、不眠症および18〜89歳の範囲の眠りのよい人々であった(平均= 42.6; SD = 19.4)。5つの不眠症の臨床現場での以前の研究からのデータをプールして、異なる不眠症群にわたる機能不全信念および睡眠スケールについての態度(DBAS)に対する反応を調べた。
結果
集団分析は、地域密着型の不眠症クリニックの人々と催眠術に依存している人々が一般に最高レベルの有益でない睡眠関連の信念を持っていたことを明らかにした。睡眠の必要性についての信念(ただし、地域の睡眠クリニック患者のみが眠っている人に対して高いスコアを持っている)を除いて、すべての不眠症グループは、眠っている人よりも16項目のDBAS(DBAS-16)に関して高いスコアを持っていた。妥当性分析により、DBAS-16指数スコア> 3.8は臨床的に有意な不眠症に関連する有益ではない信念のレベルを表すことが示唆された。 – 唯一のそして医学的な患者グループ。
結論
この研究は、どの程度の不適応睡眠信念が臨床的に有意なレベルの不眠症と最も強く関連しているかを理解するのに役立つ、不眠症サブグループにわたるDBAS-16の使用についての記述データを提供します。結果は、特定の不眠症群に対する治療中の認知ターゲティングにも影響を与える可能性があります。
前の記事次の記事
キーワード
睡眠についての信念認知行動療法不眠症感度と特異性
著作権©2010 Elsevier Inc. Elsevier Inc.が公開しています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399909003274

関連記事はこちら