このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
本研究の目的は、(1)健康な年齢および性別が一致したコホートと比較した、慢性疼痛を有する青年における睡眠行動、睡眠の質、就寝前の覚醒および不眠症症状の罹患率の 違いを特定することである。不眠症の症状の危険因子としての睡眠、うつ病、および就寝前の覚醒。参加者には、115人の青年、12〜18歳の女性(73.0%の女性)、59人の慢性疼痛のある青年、および56人の健康な青年が含まれていた。在宅での評価中に、青年は疼痛、睡眠の質、睡眠衛生の検証済みの測定を完了しました、睡眠前覚醒、抑うつ症状、および思春期の発達。調査結果は、健康な青年(19.6%)と比較して、不眠症の慢性疼痛報告症状を有する青年の有意に高いパーセンテージ(54.2%)を明らかにした、p < 0.001。慢性疼痛を有する若者はまた、就寝時の認知および体性的覚醒が高く、健康なコホートと比較して睡眠の質が低いと報告しています。ロジスティック回帰、二つの要因は、慢性疼痛(OR有する、不眠症のような有意な予測因子を浮上 = 6.09)および認知プリ睡眠覚醒の高いレベル(OR = 1.24)。疼痛強度のレベルは不眠症を予測しなかった。睡眠障害は最初は疼痛に関連しているかもしれませんが、これらの症状は他の行動的要因および心理社会的要因により、時間が経つにつれて別の原発性睡眠障害になり続ける可能性があります。不眠症の評価は、慢性疼痛を有する若者に睡眠特異的介入を行うための行動目標を特定するために重要であるかもしれません。 前の記事次の記事 キーワード 青年期慢性の痛み睡眠不眠症うつ病 著作権©2010痛みの研究のための国際協会。Elsevier BVが発行しました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304395910005968