このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
導入
多くの研究がマインドフルネスに基づく認知療法に焦点を当てています。
客観
マインドフルネスに基づく認知療法(MBCT)は、不眠症に関連する特定の認知因子に焦点を合わせることによって不眠症を軽減し得ることが示唆されている。
方法
事後試験および3ヶ月の追跡調査を伴う実験前、試験前のプロトコルを使用した。
結果
介入は参加者の睡眠の主観的評価にプラスの効果をもたらし、3ヶ月後にも利益は維持されました。しかしながら、介入後、睡眠の客観的尺度に有意な影響は見られなかった。機能不全の信念ならびに睡眠および精神的管理戦略に対する態度など、不眠症の維持に関連する2つの要因が追跡調査中に開発された。
結論
本研究の結果は、マインドフルネスに基づく認知療法が不眠症の維持に寄与する特定の認知因子に焦点を当てていることを考えると、不眠症の治療への興味深い追加であり得ることを示唆している。
概要
導入
マインドフルネス(の実践に基づいた治療法マインドフルネスは)ますます、文献で報告され、苦痛と異なる精神的、肉体的障害に関連する症状の軽減にプラスの効果を持っています。
目標
マインドフルネスに基づく認知療法(MBCT)は、その維持に関連する特定の認知因子を標的とすることによって不眠症を軽減するのに役立ち得ることが示唆されている。
方法
3か月の追跡調査を伴う試験前、試験後、試験後のプロトコルを用いて、12セッションの参加者に対する8セッションのグループ介入の効果を測定した。
結果
介入は参加者の彼らの睡眠の主観的評価にプラスの効果をもたらし、その増加は3ヶ月の追跡調査でも残った。しかし、介入は客観的な睡眠尺度には影響を及ぼさなかった。不眠症の維持に関連する2つの要因は、誤った確信および睡眠に対する態度ならびに精神的管理戦略が治療後に著しく改善され、これらの改善は追跡調査中も維持された。
結論
この研究の結果は、マインドフルネスに基づく認知療法は不眠症の維持に役立つ特定の認知因子を対象としているため、不眠症の治療に魅力的な追加となり得ることを示唆しています。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症マインドフルネスに基づく認知療法睡眠についての信念と態度メンタルコントロール戦略
キーワード
不眠症マインドフルネスに基づく認知療法睡眠についての信念と態度メンタルコントロール戦略
著作権©2015 Elsevier Masson SAS。無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1162908815000183