このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

兵士たちは平均10.86の戦闘経験を報告した。

PTSD、うつ病、および不眠症の有病率はそれぞれ11%、9.7%、および15.5%でした。

身体的症状との戦闘曝露の直接的な関連は明らかではなかった。

戦闘 – 身体症状の関連は、PTSD、うつ病、および不眠症に起因します。

不眠症は、戦闘 – 症状関連付けのユニークで順応性のある調停者です。
抽象
目的
心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病および不眠症症状との共通の関連性を通して、戦闘曝露と配置後の身体的症状との間接的関連性を特徴付けること。
方法
調査は、イラクへの15か月の配備の3か月後の米国兵士のサンプル(N = 587)に施されました。多重間接効果モデルを用いて、戦闘曝露と身体的症状との間の直接的および間接的な関連性を特徴付けた。
結果
戦闘曝露と身体的症状との間のゼロ次の相関にもかかわらず、多重間接効果分析はこれらの変数間の直接的な関連の証拠を提供しなかった。PTSD、鬱病、および不眠症の症状を通して、戦闘曝露と身体的症状の有意な間接的関連の証拠が観察された。事実、身体症状のスコアに対する戦闘曝露の総影響の92%が間接的なものでした。これらの所見は、怪我や関連する人口統計を調整した後でも明らかでした。
結論
これは、PTSD、うつ病、および不眠症が、集団的かつ独立して、戦闘中の曝露と展開後の身体症状との関連性に寄与していることを示唆する最初の実証的研究です。制限、将来の研究の方向性、そして潜在的な政策への影響が議論されています。
前の記事次の記事
キーワード
戦闘曝露身体症状PTSD不眠症うつ病疼痛軍事

免責事項:ここに含まれている意見や主張は著者の個人的な見解であり、陸軍省や国防総省の公式、または真の見解を反映していると解釈されるべきではありません。
エルゼビア社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399914004140