このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

睡眠障害および心臓障害は、癌に関連する記憶障害に関係している可能性があります。

がん、心臓の問題、不眠症、および記憶の問題の間のリンクを調べた。

不眠症は、癌関連の記憶問題における差異の19%を独自に説明した。

不眠症の癌患者は、記憶障害を有する可能性が18倍高かった。

不眠症は心臓と記憶の問題の間の関連の38.5%を説明した。
抽象
バックグラウンド
癌とその治療法は記憶に悪影響を及ぼします。心機能と不眠症は記憶の問題を悪化させることがあります。
目的
成人発症癌生存者における心血管疾患、不眠症、および自己申告記憶障害(SRMP)の関係を調べること。
方法
我々は、2007 – 2008年の国民健康栄養調査の参加者(41 – 64歳)からのデータを含めた。これは、米国の一般市民で、施設に収容されていない集団の確率的見本である。これらの条件が認知問題を引き起こすと予想されるので、我々は脳腫瘍/脳卒中歴を持つ参加者を除外しました。二値ロジスティック回帰を使用して、我々は比例的に私たちの結果を重み付けすることによって心臓の問題と不眠症に関連するSRMPの有病率を決定しました。私達は記憶問題の予測因子、年齢、性別、人種、教育そして一般的な健康状態について調整しました。
結果
このサンプルには、2289人の成人(49%の女性)、9%が癌歴がありました。結果は癌の生存者だけに関係しています。不眠症の人はSRMPを持っている可能性が16倍ありました。不眠症の症状(OR、15.74; 95%CI、1.73〜143.30;p  <0.01)のみがSRMPを有意に予測し、12%の分散を一意的に説明した。不眠症は、心臓の問題とSRMPとの間の関連の18.8%を占め、調停を実証した(Sobelp  <0.05)。大きなCIは、亜集団のサブグループを分析した結果です。がん歴のない参加者では、心血管疾患と不眠症はSRMPと関連していなかった(p  > 0.05)。
制限事項
SRMPの重大度と時間に関連した変更を判断できませんでした。
結論
SRMPの可能性は、心血管疾患および不眠症の症状の既往のある癌生存者で高かった。心臓 – 不眠症 – 記憶の相互関係を描写するために将来の研究が必要である。
前の記事次の記事
キーワード
ケモブレイン癌と記憶の問題睡眠障害循環器疾患
著作権©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715006437