このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究の目的は前向きに病気休暇に不眠症の症状の独立した貢献を調べることです。
方法
4年間の追跡調査を伴う歴史的コホートデザインを用いた。病気休暇に関する情報は、ノルウェーの公式登録データから入手し、1997年から1999年までのノルウェー西部でのホルダラン健康調査からの健康情報とマージしました。40〜45歳の6862人の参加者が、不眠症、社会人口学的要因、生活習慣、肥満度指数、睡眠時無呼吸の症状、不安、鬱病、その他の身体的診断、身体的症状、痛み。結果は、National Insurance Administrationの公式レジストリに登録されている4年間の追跡調査期間中の病日数の合計です。
結果
全体として、不眠症は病気休暇の有意な予測因子であることがわかった。[オッズ比(OR)= 2.20; 95%信頼区間(CI)、1.77-2.74]、交絡因子を調整してもその効果は有意なままであった(OR = 1.51; 95%CI、1.19-1.94)。病気休暇の期間が長いほど効果は高まりました。
結論
これは不眠症が長期の病気休暇のための独立した危険因子であることを実証する最初の研究です。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症見込み危険因子病欠睡眠不足作業
著作権©2008 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399908003553