このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

対照および不眠症者の睡眠の微細構造を複数の部位で比較した。

NREMの逆説的不眠症では、より絶対的なデルタ活動が観察された。

より遅いバンドにおけるより低い相対活性は、REMにおける逆説的不眠症において見出された。

一般的に、不眠症ではより良い眠りと比較してより高い活性化が観察された。

夜間の変動は、絶対的なベータからオメガの活動に見られました。
抽象
本研究の目的は、2人の連続した夜に、睡眠障害者(GS)、精神生理学的(PsyI)および逆説的(ParI)不眠症患者のパワースペクトル分析(PSA)を用いてEEG活動を調べることである。臨床評価の後、参加者は睡眠検査室で3夜のPSG記録を完了した。参加者は26人のPsyI、20人のParI、および21人のGSでした(平均年齢 = 40 歳、SD = 9.4)。夜2と3のすべての睡眠サイクルはPSAのために保持されました。周波数帯での絶対および相対アクティビティ(0.00から125.00 HEM)は、レム睡眠およびノンレム睡眠中の複数の前頭、中央および頭頂部の部位で計算された。グループと夜間の差を評価するために、混合モデルANOVAを絶対および相対PSAデータで実施した。2泊のうちに、PsyIと比較して、F3、C3、およびP3でより絶対的なデルタ活性がParIにおいて観察され、ParIにおける左半球の失活および/またはPsyIにおける活動亢進を示唆した。絶対PSAデータをさらに分析したところ、グループ間の差異は主にNREMに関連していることが明らかになりました。REMでは、GSと比較してより低い周波数帯域におけるより低い相対活性がParIにおいて見出され、GSと比較してより少ない相対シータ活性がPsyにおいて見出され、不眠症におけるより高い活性化を意味した。さらに、夜間の変動は、より速い周波数帯の絶対電力(ベータからオメガ)に見られます。
前の記事次の記事
キーワード
精神生理学的不眠症逆説的不眠症パワースペクトル解析皮質活性化睡眠
略語
バイベック不安インベントリBDIうつ病インベントリGS優れた寝台管理IDI不眠症診断面接ISI不眠症の重症度のインデックスNREM非急速な眼球運動ParI逆説的不眠症患者PI原発性不眠症患者PSAパワースペクトル解析PSG睡眠ポリグラフPsyI精神生理学的不眠症患者レム急速眼球運動SD睡眠日記SE睡眠効率ソル睡眠開始潜時TST総睡眠時間

すべての著者は、金銭的な利益相反を示していません。
☆☆
カナダの衛生研究所の研究(#49500と86571)の支援を受けた研究。
全文を見る
著作権©2013 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S016787601300175X