このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

催眠依存性不眠症は、一般的な深刻な症状です。

催眠薬がゆっくりと漸減している場合は、睡眠の変化はありませんまたは改善された睡眠があります。

認知行動療法を補った漸減は睡眠を改善する
抽象
目的
本研究では、催眠依存型、中年期以降、不眠症の高齢者を対象とした認知行動療法(CBT)を検討した。
方法
50歳以上の70人のボランティアは、CBTと薬物離脱、プラセボバイオフィードバック(PL)と薬物離脱、または薬物離脱(MED)のみに無作為に割り付けられた。CBT群とPL群は、毎週8回、45分の治療セッションを受けた。薬物離脱プロトコルは、毎週約6回、30分のセッションでモニターされたゆっくりした漸減を含んでいた。睡眠ポリグラフ(PSG)、睡眠日記、睡眠薬、昼間の機能に関するアンケート、およびベースライン時に収集された薬物スクリーニング、治療後、および1年間の追跡調査を含む評価。
結果
CBT群のみが有意な睡眠日記改善を示し、睡眠開始潜時は治療後に有意に減少した。MEDを含むすべてのグループのすべての睡眠日誌測定について、睡眠はベースラインからフォローアップまで改善する傾向があった。ほとんどのPSG睡眠変数は有意に変化しませんでした。投薬減少に群間差は有意ではなかった。ベースラインと比較して、3つのグループは治療後の催眠術使用量を84%減少させ、追跡調査を66%減少させました。離脱副作用の証拠はありませんでした。不安や鬱などの昼間の機能は、治療後に改善されました。強力な治療実施の記録および信頼できるプラセボの存在を含む厳密な方法論的特徴は、これらの発見による信頼を高めた。
結論
漸進的な薬物離脱は治療後および追跡調査時の実質的な催眠術の減少と関連しており、離脱副作用は見られなかった。CBTを補給すると、参加者は自己申告による増分の自己恩恵を受けたが、PSGによる睡眠の恩恵は受けなかった。
前の記事次の記事
キーワード
催眠依存薬物離脱不眠症認知行動療法
全文を見る
著作権©2013 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796713001605