このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

高いマルチシステム生物学的リスクで試験を開始し、CBTまたはTCCに割り当てられた個人は1年後にリスクスコアの改善を示した。

調査結果は、睡眠の質を改善することが、睡眠障害のある高齢者の慢性疾患のリスクを減らす可能性があることを示唆しています。

これは、高齢者における不眠症の治療試験が疾患リスクの臨床的マーカーに影響を与えることを報告した最初の研究です。
概要
重要性
睡眠障害は罹患率および死亡率の増加と関連しているが、それでも不眠症の高齢成人患者における睡眠の質の改善が糖尿病のバイオマーカーおよび心血管疾患のリスクを変化させるかどうかは不明である。
目的
認知症行動療法(CBT)、太極拳(TCC)、および睡眠セミナー管理(SS)の比較の有効性を判断して、不眠症の高齢成人における疾患リスクのマルチシステムバイオマーカーを減らす。
設計
無作為化比較対照効力試験。
設定
ロサンゼルスのコミュニティ。
参加者
慢性および原発性不眠症の高齢者109人を対象とした集団ベースのサンプル。
介入
毎月4ヵ月に渡る2時間のグループセッションのためのCBT、TCC、またはSSへの無作為割り当て、16ヵ月評価(追跡調査後1年)。
主な結果と対策
8つのバイオマーカーからなる多系統生物学的リスク:高密度リポタンパク質、低密度リポタンパク質、トリグリセリド、ヘモグロビンA1c、グルコース、インスリン、C反応性タンパク質、およびフィブリノーゲン。異常として定義される臨床検査室カットオフを使用して、8つのバイオマーカーにわたるカットオフ周辺の偏差の合計を表すマルチシステムリスクスコアが計算された。さらに、被験者が異常な実験室範囲で4つ以上のバイオマーカーを示した場合、ハイリスクグルーピングが分類された。
結果
高リスク治療群間の相互作用が認められ(F(4、197.2) = 3.14、p = .02)、TCC(p = .04)とCBT(p = .001)の両方が示された。 16ヵ月後のSSと比較して有意に低いリスクスコア。CBTは、4ヶ月(オッズ比[OR] = .21 [95%CI、.03-1.47]、p < .10)、16ヵ月(OR = .06 [ 0] )でハイリスクグループに入るリスクを軽減しました。 95%CI、.005 – .669]; p < .01)。TCCは16ヵ月後にリスクを減少させた(OR = .10 [95%CI、.008 – 1.29]; p < 0.05)しかし、4ヶ月ではない。ベースラインでハイリスクカテゴリーに分類された参加者のうち、臨床的重症度閾値によって定義されるように、睡眠の質が改善されると、16ヶ月でハイリスクグループに入る可能性が減少した、OR = 0.08(95%CI、 .008 – .78); p = 0.01。 結論と関連性 参加時に多系統生物学的リスクが高いと分類され、CBTまたはTCCに割り当てられた参加者は、1年間の追跡調査後にリスクスコアの改善を示しています。これらの臨床バイオマーカーが心血管、代謝、および炎症性疾患のリスクと関連していることを考えると、睡眠の質を改善することは、不眠症の高齢者における慢性疾患のリスクを減らす可能性があります。 前の記事次の記事 ClinicalTrials.gov:NCT00280020、老化における不眠症の行動療法 キーワード 睡眠不眠症アロスタティック荷重マルチシステム病気のリスク介入 著作権©2015 Elsevier Ltd.すべての権利予約。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0306453015000608