このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
既存の文献は、認知行動療法が、睡眠薬の慢性的な使用者であり現在の不眠症を有する高齢成人における不眠症に影響を与えるかどうか、しかし治療中の投薬量の使用量においても安定しているかどうかの問題に対処しない。本報告はこの質問に答えることを目指している。
方法
投薬量が安定していても、米国睡眠医学アカデミーが発表した慢性不眠症の基準を満たしている催眠依存性の高齢者は、不眠症に対する認知行動的介入を用いて治療された。3つの要素からなる治療法には、リラクゼーショントレーニング、刺激管理、および睡眠衛生指導が含まれていました。参加者は、無作為に能動的治療群または同等に信頼できるプラセボ対照群に割り当てられ、治療中に催眠薬消費のパターンを変えないように指示された。
結果
能動的治療群は治療後の睡眠について有意に優れた自己申告尺度を示した。統計的に有意な改善は、重要な睡眠変数の臨床的に意味のある改善と平行していました。計画どおり、睡眠薬の使用量に治療前から治療後の間に大きな変化はありませんでした。
結論
この知見は、催眠に依存する高齢者の不眠症に対する認知行動療法の使用を支持しています。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症高齢者催眠剤依存心理学処理RCT
著作権©2007 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945707000792