このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
目的
この予備調査は不眠症の治療のための頭蓋電気刺激の潜在的な有効性を調べた。
設計
研究者らは、無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験を通して仮説を検証した。研究者らは、ピッツバーグ不眠症評価尺度で21以上を獲得した適格な被験者に接近した。その後、研究者らは被験者を無作為に割り当てて、能動的または疑似的な装置を入手した。各研究対象は 、5日間60分間の能動的または偽処置を受けた。各介入の後、被験者は3日後と10日後に睡眠記録を完成した。
設定
研究者らは、メリーランド州ベセスダにあるWalter Reed National Military Medical Centerの精神医学継続サービス(PCS)でメンタルヘルスケアを受けている現役勤務のサービスメンバーを対象に研究を行った。
主な成果測定
この研究の主な結果変数は、被験者が連続睡眠記録で報告したように、入眠までの時間、総睡眠時間、および覚醒回数でした。研究者らは、すべての研究対象の中で、3回の頭蓋電気刺激治療の後に眠る合計時間のほぼ有意な増加を確認した。このグループを詳しく調べたところ、性別による偏りがあることが明らかになりました。男性は1回の治療後の睡眠時間の大幅な増加、次の2回の介入による効果の低下、4回目の治療後の睡眠時間の増加を報告しました。研究者らは、睡眠時間の合計に対する上下の影響は、不十分な線量の頭蓋電気刺激の結果である可能性があると推測している。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症頭蓋電気刺激ランダム化軍事

この記事で表明されている見解は著者の見解であり、必ずしも海軍省、陸軍、国防総省、または米国政府の公式の方針または立場を反映するものではありません。プレゼンテーションは、連邦/ DOD / DONの承認を意味するものではありません。
エルゼビア株式会社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S096522991200163X