このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
難治性不眠症の治療のための鍼治療の効果を観察する。
方法
全部で90人の患者を無作為にボディ鍼治療と耳介プラスター療法で治療した治療群(50例)、および対照群(40例)、Baihui(GV 20) – スルー-Sishencong(EX-HN1)に分けた。対照群では、穿刺、耳介プラスター療法、および後退点での灸は使用されなかった。臨床効果が観察された。
結果
総有効率は治療群で98.0%、対照群で77.5%であった。治療群の治療効果は対照群のそれよりはるかに優れていた(P <0.01)。 結論 身体鍼治療と耳介プラスター療法は難治性不眠症に対してより良い効果を示すかもしれません。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症鍼治療耳介プラスター療法バックのウォーム灸集のポイント 全文をPDFでダウンロードする 参考文献 1 GJ サン 鍼灸科学、人民医学出版社、北京(2000 )、p。720 Google Scholar 2 骨髄の海を調整することによる難治性不眠症の20例に対する CZ Zheng 、ZS Liu 鍼治療 Clinical Journal of Acupuncture 、18 (2002 )、p。16 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 3 Sizhukong-Shuaiguの穿刺穿刺による難治性不眠症50例の ZD Rao 治療 中国の鍼治療、21 (2001 )、p。18年 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 要約を見る 著作権©2010年の伝統的な中国医学のジャーナルの編集委員会。Elsevier(Singapore)Pteによって発行されました。株式会社 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0254627210600064