このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
慢性不眠症は健康関連の生活の質(HRQoL)に認識された影響を及ぼしますが、国を越えてユーティリティスコアに関するデータは欠けています。本研究の目的は、健康関連の生活の質(HRQoL)と3つの異なる国(アメリカ、フランス、日本)からの個人の効用スコアを評価し、慢性不眠症の患者と眠りの良い人とを比較することでした。
方法
米国(n = 1298; 478名の睡眠障害者および820名の不眠症)、フランス(n = 1858年; 998名の睡眠障害および860名の不眠症)および日本(n 名)の4067人の横断調査(SLEEPI-i)= 911; 506名の眠りが良い人と405名の不眠症の患者)消費者向けパネルを使用した登録およびデータ収集は、米国およびフランスではWebベースで行われ、日本では郵便調査によって収集されました。慢性的な不眠症の人(> 6 (月)は、不眠症重症度指数スコア(ISI)に基づいて選択された。不眠症の重症度はISIスコアを使用して評価し、HRQoLは自己投与短形SF-36健康調査を使用して評価した。効用スコアは、Brazierらによって開発されたアルゴリズムを使用して導き出された。多変量解析を用いて潜在的交絡因子を調整した。
結果
すべての国で、慢性不眠症(40%治療)の人々は、眠りの良い人と比較して、8つのドメインのそれぞれにおいて低いSF-36スコアを報告した(P < 0.0001)。慢性不眠症は、眠りの良い人と比較して有用性スコアが有意に低いことと関連していた(平均スコアは米国で0.63対0.72、フランスで0.57対0.67、および日本で0.67対0.77、P < 0.0001)。 結論 この調査は、慢性的な不眠症がHRQoLの重大な障害と研究された異なる地理的地域にわたる有用性の減少と関連していることを示唆しています。 前の記事次の記事 キーワード 慢性不眠症生活の質効用スコア睡眠障害 著作権©2011 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945711002371