このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
無作為化対照試験では、睡眠と昼間の症状を改善し、アルコール依存症(AD)参加者の回復における再発を減らすために、不眠症に対する認知行動療法の有効性を評価しました。不眠症の17人の禁酒AD患者(6人の女性、平均年齢46.2 ± 10.1歳)を、ADの不眠症に対する8セッションの認知行動療法(CBTI-AD、n = 9)または行動プラセボ治療(BPT、n )に無作為に割り付けた。 = 8)。ベースライン時および治療後に、睡眠、不眠症およびADの昼間の影響、アルコール摂取、および治療の忠実度の主観的尺度を収集した。日記評価の睡眠効率および睡眠開始後の覚醒、ならびに多次元疲労目録における一般的疲労の日中評価は、BPT群と比較してCBTI-ADにおいてより改善した。さらに、CBTI-AD後に、より多くの被験者が治療応答者として分類された。何らかの飲酒に再発した参加者の数、または大量飲酒に再発した参加者の数に、グループの違いはありませんでした。この知見は、認知行動不眠症療法が、プラセボよりも不眠症のAD参加者の回復において主観的な睡眠および昼間の症状に有益であることを示唆している。飲酒の転帰に対する不眠症の治療の利点はあまり明白ではありません。
前の記事次の記事
キーワード
アルコール依存不眠症再発認知行動療法
全文を見る
著作権©2011 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796711000398