このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
妊娠中の女性と不眠症に関連する要因の長期コホートにおける不眠症とその成分を定量化する。
研究デザイン
妊娠14週(2013年2月から2016年3月まで)の前に集まった486人の健康なシングルトン妊娠の前向きコホート。不眠症データは、妊娠前、各妊娠中期および産後6ヶ月に収集され、5つの異なる瞬間が分析された。多重ロジスティック回帰分析を調整生成するために実行されたオッズ比、≥8スコアとしてアテネ不眠症スケール(AIS)を使用して定義された各三半期における不眠症の決定の95%信頼区間(CI)と(AOR)を。
結果
不眠症の有病率は妊娠前の6.1%(3.9〜8.9)、妊娠中期(T1)の 44.2%(39.3〜49.6)、妊娠中期(T2)の46.3%(41.9〜51.3)、および妊娠3年目の 63.7%(57.7〜67.8)学期(T3)。妊娠後の不眠症は33.2%(28.2〜37.9)でした(妊娠中の妊娠前対T1、妊娠中のT2対T3および妊娠中のT3対p <0.001)。平均AISスコアは、妊娠前の2.34からT3の9.87まで悪化していました。これは、夜間睡眠の悪化が絶対値であるためですが、昼間の影響はT1の方が高かったためです。以前の妊娠中期不眠症は、T2(aOR = 4.21、95%CI 2.78〜6.37)およびT3(aOR = 4.43、95%CI 2.77〜7.08)の不眠症と関連していた。妊娠前の不眠症はT1の不眠症の決定因子であり(aOR 12.50、95%CI 3.58-43.60)、肥満はT3の不眠症と関連していた(aOR = 2.30、95%CI 0.99-5.32)。それどころか、中等度の身体活動は、T3の不眠症の可能性を減少させた(aOR 0.65、95%CI 0.40〜1.03)。 結論 不眠症の有病率は妊娠初期から高く、妊娠前の不眠症と関連していました。妊娠後期には、3人の妊娠女性のうち2人が不眠症に苦しんでいます。不眠症の予防は、特にボディマス指数が高く妊娠前の不眠症の人を対象とする必要があります。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症妊娠学期肥満身体活動 ©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301211517305468