このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

概要
バックグラウンド
これは、台湾北部の不眠症のある地域在住の高齢者の間での、性差別の相関と治療に対する態度を調べる最初の研究です。
方法
2009年3月から11月までに医療センターで高齢者の健康診断を受けた65歳以上の成人1358人を対象に横断的調査を実施した。
結果
不眠症の全体的な有病率は41.4%で、男性(36.7%)よりも女性(63.3%)の割合が高かった。眠りに落ちるのが最も一般的に報告された症状でした(61.7%)。高齢者の約60%が1年以上不眠症を患っていました。女性では、性別は独立した相関関係でした。5項目の簡単な症状評価尺度のスコアが高いほど、両方の性別で不眠症と関連していた(オッズ比[OR] = 1.41-1.44、95%信頼区間[CI]:1.31-1.57)。慢性疾患に対する薬の使用女性では不眠症の相関関係が高まり(OR = 1.9、95%CI:1.39-2.59)、男性と一緒に生活していると不眠症の相関関係は減少しました(OR = 0.42、95%CI:0.21–0.82)。さらに、47.9%の個人が不眠症治療薬の使用を報告しています。これらのうち、未治療の不眠症の49.3%および82.3%は、それぞれ補完代替医療および睡眠衛生を治療として望んでいた。
結論
睡眠障害の進行を止め、不必要な薬の使用を避けるための早期介入が重要です。我々は、台湾の高齢者における睡眠衛生と治療に対する態度の改善の必要性を確認した。
前の記事次の記事
キーワード
お年寄り性別不眠症相関関係治療に対する態度
1 。前書き
65歳以上の個人では、50〜70%の不眠率が報告されています。1米国ではアメリカ国立老化研究所(NIA)の調査では、高齢患者の42%が睡眠の開始および維持の両方の困難を報告したことがわかりました。2いくつかの精神疾患(不安や鬱病)が睡眠のパターンを変えました。3不眠症の高齢者は、しばしば疲労感、気分の変化、集中力の低下、および日中の機能障害を訴えます。4高齢者における不眠症の早期発見と治療が極めて重要です。
不眠症がさらなる健康問題につながる可能性があるという認識にもかかわらず、ほとんどの不眠症患者は治療を受けていないという以前の発見。5市販薬は高齢者の間で人気があり、高齢者は不眠症を軽減することができると信じている薬や他の物質で自己瞑想することを頻繁に選択します。6 早期介入は彼らの進行停止する睡眠障害を、不必要な薬の使用を避けます。6
今日では、睡眠衛生教育、認知療法、多成分療法、および補完代替医療(CAM)によるハーブ療法(メラトニン、バレリアンなど)などの非製薬戦略が高齢者の睡眠障害の治療に成功することが証明されています。 。図7に示すように、 8 さらに、といった他のモダリティ太極拳、鍼、指圧、ヨガ、瞑想は、初期試験の限られた数の睡眠パラメータを改善しています。8
高齢者の不眠症は欧米諸国で広く研究されています。9私たちに似たある研究では、以前に台湾で行われ、都市部の高齢者の1ヶ月の不眠症に焦点を当てました。10慢性不眠症の有病率を決定し、各性別のグループのための相関を識別することを目的とした本研究。もう1つの焦点は、これらの高齢者の不眠症に対する見解と態度、および採用することを選択した治療方法でした。この研究の結果は医療従事者によって真剣に受け止められるべきであり、高齢の患者を評価する際には一般的な睡眠障害や睡眠習慣を調べるべきであると考えています。不眠症の効果的な検出と治療は、高齢者の生活の質を向上させる可能性があります。
2 。方法
2.1 。調査対象母集団
自己申告による質問票に共通する誤りを避けるために、構造化された対面式の面接を用いてデータを収集した。面接調査が不完全な41人の個人を除外した後、1358人の個人からのデータが我々のデータ分析に含まれた(回収率:97.1%)。参加者全員が書面によるインフォームドコンセントを提出した。私たちの研究は私たちの病院の施設内審査委員会によって承認され、研究プロジェクト番号(09MMHISO11)が発行されました。
2.2 。アンケート
2.2.1。不眠症症候群
中国語版のAthens Insomnia Scale(CAIS)は、不眠症の症状をスクリーニングするために設計された自己申告機器です。原発性不眠症に対する特定の診断基準の1つは、不眠症の症状が過去1ヶ月に1週間に3回以上の頻度で発生することです。CAIS-5は臨床診療における不眠症のスクリーニングと診断にAIS(夜間症状)の項目1〜5を使用しており、満足のいく信頼性と妥当性を持っています。11
2.2.2。不眠症の症状と期間
週に3回以上発生する関連する不眠症の症状には、眠りに落ちることの困難、睡眠の維持の困難、さわやかでない睡眠、および早朝の目覚めが含まれました。不眠期間は5つのカテゴリーに分けられました:1ヶ月、1/2年から1年以上、1/2年から1年以上、1年から3年以上、そして3年以上。11
2.2.3。簡単な症状評価尺度
精神的健康は、簡易症状評価尺度(BSRS-5)を用いてスクリーニングされた。この自己申告アンケートでは、過去1週間で緊張感、青み、苛立ち感、劣悪感、または眠りにつく問題を抱えているかどうかを報告するよう回答者に求めています。回答は、0(「まったく」ではない)から4(「非常に」)までの5段階で評価されます。12 BSRS-5は、6以上のスコアが精神科症例のカットオフとして使用された場合、76.3%の正確な分類率を持ちます。12のBSR-4は、この研究において使用した、交絡因子として「トラブル眠りに落ちる」は、アンケートから削除されました。
2.2.4。不眠症治療薬の定義
催眠薬、メラトニン、抗うつ薬、抗不安薬、抗ヒスタミン薬、弛緩薬、ハーブ、健康補助食品、およびその他の不眠症期間中の睡眠開始を補助する物質を含む、不眠症の経口薬を使用したことのある参加者不眠症の薬を服用したことがある。
2.2.5。補完代替医療(CAM)
補完代替医療センター(NCCAM)が提供するCAMの定義に基づいて、13 私たちのアンケートは、緩和療法、瞑想、バイオフィードバック、催眠術、マニピュレーション、マッサージ、太極拳、鍼治療などの心身介入療法に焦点を当てていました。指圧、ヨガ、カイロプラクティック療法。
2.2.6。睡眠衛生
行動療法は、以前の研究では不眠症によく使用されてきました14(表1)。
表1。睡眠衛生対策 14年
•カフェイン、タバコ、覚せい剤、アルコール、その他の薬の使用を避け、最小限にする
•医学的に可能であれば、午後や夕方(就寝前ではない)に活動レベルを上げるか、屋外で運動する
•日中および夕方の間に自然光および明るい光への曝露を増やす
•特に午後2時以降は、昼寝をしないでください。昼寝を30分未満の1昼寝に制限する
•睡眠中の薬の効果を確認する
•眠いときだけ寝る
•寝室の快適な温度を維持する
•できるだけ光とノイズの影響を最小限に抑える
•おなかが空いたら軽食を食べる
•就寝時の重い食事は避けましょう
•夕方には液体を制限する
•定期的なスケジュールを守る
•毎日同じ時間に休憩と退職
•定期的な食事と運動
ストレス管理対策:
時折不眠の許容範囲
就寝前に心配事やストレスの多い出来事について話し合う
リラックステクニックを使う
2.2.7。共変量
性別、教育レベル、世帯の種類、および慢性疾患に対する薬物使用の詳細な履歴を含む詳細な人口統計情報がインタビュー中に収集されました。教育レベルは、読み書きができない、小学校、中学校、高等学校、および大学以上の5つのカテゴリに分類されました。世帯の種類は、「一人暮らし」または「家族同居」のいずれかに分類されました。
さらに、身体活動はリピッドリサーチクリニックアンケートによって評価され、ライフスタイルは座位または非座位として分類されました。15の喫煙歴を含むライフスタイルの特性、アルコール消費量は、研究固有のアンケートを用いて測定しました。
3 。結果
3.1 。人口統計データ
表2に示した参加者の特徴からわかるように、この研究では女性が男性を上回った(55.7%対44.3%)。さらに、男性の回答者の平均年齢は女性の回答者の平均年齢よりも高かった(74.69歳vs 73.29歳、p <0.01)。2つのグループ間でBMIに違いはありませんでした。世帯の種類に関しては、女性は男性より一人で暮らす可能性が高かった(10.7%対6.3%、p = 0.01)。男性は慢性疾患の治療を受けている可能性が高く、女性よりも教育レベルが高い傾向がありました。女性は男性よりBSRS-5でより高い得点を示した(2.5対1.83、p 0.001未満であり、BSRS-5スコア≧6の割合は男性より女性の方が高かった(13.1%対8.7%)。BSRS-4の平均スコアも男性よりも女性の方が高かった(2.12±0.12)(1.45±0.33)(p <0.01)。 表2。性別による参加者の特徴(n = 1358)。 変数 男性(601、44.3%) 女性(757、55.7%) p値 n(%) n(%) 年齢(平均±SD) 74.69±5.5 73.29±5.6 <0.01 a 年齢層(y) <0.01 65〜69 111(18.5) 212(28.0) 70〜74歳 205(34.1) 265(35.0) 75〜79 164(27.3) 171(22.6) ≥80 121(20.1) 109(14.4) BMI(平均値±SD) 24.45±3.1 24.62±3.5 0.640 a 喫煙状況 55(9.2) 5(0.7) <0.01 アルコール消費量 129(21.5) 16(2.1) <0.01 体を動かさない生活 50(8.4) 91(12.0) 0.038 生活状況 0.010 b シングル 38(6.3) 82(10.7) 家族と 563(93.7) 675(89.3) 慢性疾患治療薬の受け取り 427(71.0) 498(65.9) 0.048 教育レベル <0.01 文盲 14(2.3) 58(7.6) 初級 122(20.3) 288(38.1) 中学校 75(12.4) 159(21.0) こうこう 175(29.1) 171(22.6) ≥大学 215(35.9) 81(10.7) BSRS-5スコアc(平均±SD) 1.83±0.8 2.50±0.3 <0.01 a BSRS-5グループ 0.028 通常(0〜5) 549(91.3) 658(86.9) 軽度(6〜9) 31(5.2) 70(9.3) 中程度(10〜14) 18(3.0) 22人(2.9人) 重度(15以上) 3(0.5) 7(0.9) カイ二乗検定を用いて男性と女性のグループを比較した。BSRS-5:5項目の簡単な症状評価尺度。 ある 学生のt検定は男性と女性のグループを比較するために使用されました。 b フィッシャーの正確確率検定を用いて男性と女性のグループを比較した。 c BSRS-4:4項目の簡単な症状評価尺度:男性、1.45±0.33。女性、2.12±0.12(p <0.01)。 3.2 。性別による不眠症の有病率 表3に示されるように 、1358人の参加者の41.4%(n= 562)が、206人の男性(36.7%)および356人の女性(63.3%)を含む不眠症の基準を満たした。結果は、大多数の女性が不眠症であることを示しています。最も一般的な不眠症の症状は眠りに落ちるのが困難であり(61.7%)、次に睡眠を維持するのが困難であり(29.3%)、それから早朝の目覚め(23.3%)でした。不眠症のほとんどの参加者は慢性不眠症グループに属し、1年以上症状を経験しています(60%)。 表3。不眠症症候群による不眠症の特徴、症状、および性別による期間。 変数 合計(1358) 男性(601、44.3%) 女性(757、55.7%) p値 不眠症症候群 いいえ 796(58.6) 395(65.7) 401(53.0) <0.01 はい(Q A、Bを続けます) 562(41.4) 206(34.3) 356(47.0) A.不眠症の症状(間接選挙) 眠りに落ちるのが難しい 347(61.7) 109(52.9) 238(66.9) 睡眠を維持するのが難しい 221(39.3) 77(37.4) 144(40.4) さわやかな睡眠 59(0.1) 21(10.2) 38(10.7) 早朝の目覚め 131(23.3) 63(30.6) 68(19.1) B.不眠期間 0.042 1ヶ月 88(15.7) 40(19.4) 48(13.5) 1ヶ月から1年半 58(10.3) 26人(12.6人) 32(9.0) > 1/2年から1年 78(13.9) 26人(12.6人) 52人(14.6人)
> 1年から3年 119(21.4) 46人(22.1人) 73(20.6)
> 3年 219(39.0) 68(33.3) 151(42.3)
カイ二乗検定を用いて男性と女性のグループを比較した。
3.3 。性による治療に対する態度と信念
不眠症の参加者の約半数(n = 293、52.1%)は睡眠薬を使用しなかったが、269人の参加者(47.9%)はそのような薬物を使用した(表4)。薬を使用しているほとんどの不眠症に苦しんでいる参加者は1種類の薬(88.5%)だけを取っていました、そして、彼らが使用した薬は大部分薬局から得られました(62.5%)。
表4。性別による不眠症に対する態度と信念
変数 合計(562) 男性(206人、36.7%) 女性(356、63.3%) p値
不眠症に対処するための戦略 0.885
助けを借りて薬を飲む(Q1を続ける) 269(47.9) 86(41.9) 183(51.1)
他の方法を選択する(Q2、間接選挙を続ける) 293(52.1) 120(58.1) 173(48.9)
Q1サンプルサイズ 269(47.9) 86(41.9) 183(51.1)
a。薬の分類 0.008
1 238(88.5) 70(81.5) 168(91.6)
2 21(7.8) 11(12.3) 10(5.6)
3以上 10(3.7) 5(6.2) 5(2.8)
b。薬の出所 0.035
医師から 84(31.2) 34(40.0) 50(27.3)
薬局から 168(62.5) 52(60.0) 116(63.6)
親戚から 17人(6.3人) 0(0.0) 17人(9.1)
Q2サンプルサイズ 293(52.1) 120(58.1) 173(48.9)
a。メソッドの分類
補完代替医療 144(49.3) 58(48.5) 86(49.7)
睡眠衛生 241(82.3) 100(83.4) 141(81.5)
何もしない 65(22.3) 30(25.1) 35(20.2)
b。薬を使わない理由
健康への害が心配 103(35.2) 35(29.7) 68(39.3)
中毒になる恐れ 152(51.9) 59(50.0) 93(53.8)
医師や親戚はお勧めしません 13人(4.4人) 5(4.2) 8(4.6)
無効な薬 5(1.7) 0(0.0) 5(2.9)
薬物治療を受けたくない 39(13.3) 19(16.1) 20(11.6)
カイ二乗検定を用いて男性と女性のグループを比較した。
不眠症の非投薬参加者によって選択された最も一般的な治療法は睡眠衛生であり(n = 241、82.3%)、その有病率は女性より男性で高かった。2番目に一般的な方法はCAMであり、その有病率は男性より女性の方が高かった(49.7%対48.5%)。何もしないことを選択した参加者の罹患率は、女性よりも男性の方が高かった(25.1%対20.2%)。
薬物療法を使用したことのない不眠症の人々によって与えられた最も一般的な理由は、彼らが依存症(51.9%)を心配し、続いて薬物療法が健康に有害であることを心配したこと(35.2%)、そして
3.4 。性別による不眠症の相関
表5 に示すように、不眠症の相関は男性と女性で異なることがわかった。男性では、家族と同居していると、不眠症の相関が減少しました(オッズ比[OR] = 0.42)。女性では、慢性疾患の薬を服用すると不眠症の相関が増加しました(OR = 1.9)。両方の性別について、より高いBSRS − 5スコアは不眠症の相関を高めることが見出された(男性:OR = 1.44、女性:OR = 1.41)。
表5。多変量ロジスティック回帰による性別による非不眠症および不眠症群に従った変数のオッズ比。
変数 男性(601、44.3%) 女性(757、55.7%)
または 95%CI p値 または 95%CI p値
性別(参照:男性) 1.70 1.36–2.12 <0.01 年齢(つづき) 0.99 0.96〜1.03 0.779 0.97 0.94〜0.99 0.027 年齢(参照:65〜69歳) 70〜74歳 1.33 0.82〜2.18 0.249 0.90 0.63〜1.29 0.566 75〜79歳 1.10 0.66〜1.83 0.728 0.83 0.55〜1.24 0.356 ≥80歳 0.99 0.57〜1.73 0.984 0.75 0.45〜1.14 0.421 BMI(続き) 1.02 0.97〜1.08 0.388 0.96 0.93〜1.01 0.128 喫煙状況(参考:なし) 0.84 0.46〜1.53 0.575 0.28 0.03〜2.51 0.255 アルコール摂取量(参考:週0〜3飲み物) 0.98 0.66-1.49 0.952 1.46 0.54〜3.96 0.458 座りがちな生活(参照:いいえ) 0.62 0.34〜1.13 0.119 0.88 0.56〜1.38 0.566 生活状況(参考:シングル) 0.42 0.21〜0.82 0.011 0.63 0.39〜1.01 0.052 慢性疾患のための領収書薬(参照:いいえ) 1.44 0.98–2.11 0.063 1.90 1.39〜2.59 <0.001 教育レベル(参照:文盲) 初級 1.14 0.36〜3.62 0.820 1.06 0.59〜1.88 0.845 中学校 0.92 0.28〜3.03 0.889 1.26 0.68〜2.32 0.463 こうこう 0.91 0.29〜2.82 0.874 1.45 0.73〜2.87 0.292 ≥大学 0.85 0.27〜2.67 0.786 1.57 0.85〜2.87 0.147 BSRS-5得点a(続き) 1.44 1.32〜1.57 <0.001 1.41 1.31〜1.52 <0.01 非不眠症群と不眠症群の比較 ある BSRS-4スコア:男性、1.41(1.28-1.54、p <0.01)。女性、1.40(1.29-1.51、p <0.01)。 4 。討論 これは、この集団における不眠症の治療に関する見解や態度の性差に焦点を当てた最初の研究です。1358人の参加者のうち、41.4%が不眠症の基準を満たしており、女性は男性よりも罹患する可能性が高かった。この研究では、1ヵ月以上の不眠症が少ない(15.7%)間、不眠症の1年以上持続する高い有病率を発見しました。これらの結果は、不眠症の異なる定義を用いた以前の研究の結果と比較することができます。これらの研究のいくつかは12%から15.8%の範囲でより低い有病率を報告したが16、他の研究はいくらか高い率を報告した(29.0-43.2%)。17年本研究で見られた不眠症の高い有病率は2つの要因に起因した。第一に、我々はより広い定義を用い、それはたった一つの不眠症の症状を必要とした。第二に、非投薬方法を選択した参加者の半数以上(52.1%)が高い不眠率に寄与しています。 多くの研究では、女性は男性よりも不眠症の発症の相関が大きいことがわかっています18、そして我々の調査結果はこれらの以前の研究の結果と一致しています。18我々の研究は、初期の有病率ことがわかった睡眠障害は、以前の研究と一致していた夜の後半に起こる睡眠障害、より高かったです。19私たちの研究では、男性の世帯タイプと不眠症の間に強い関係があることが明らかになりました。一人暮らしは睡眠 – 覚醒パターンに大きな影響を与えます。これらの要因はまた、高齢者の不眠症の相関を高める可能性があります。20本研究は、これは男性集団において特に明らかであることを示しました。 以前の研究では、慢性疾患の数と睡眠障害との間の線形の用量依存的関係がすべての国で観察されたことが示された。21慢性症状がない場合と比較して、1、2、3、および4以上の慢性症状のOR(95%CI)は1.41(1.09-1.82)、2.55(1.99-3.27)、3.22(2.52-4.11)、および7.62でした。全体のサンプルでそれぞれ(5.88-9.87)。21本研究では、慢性疾患のための薬の使用が不眠症との相関の増加を示すことが示されたので、これらの結果を確認した。 1つの前向き分析、ロジスティック回帰分析は、ベースラインでの不安と鬱病[オッズ比(OR)= 4.27(分散の8%)とOR = 2.28(分散の2%)]が、追跡調査の新しい不眠症症例と関連があることを示した-アップ。3ベースライン時の不眠症は、追跡調査時の新たな高不安および高うつ病の発現と関連していた[それぞれOR = 2.30(分散の2%)およびOR = 3.51(分散の4%)]。3証拠には、一方では不安と鬱病、そして他方では不眠症との間には双方向の関係があることが示唆されています。我々の結果は、軽度、中等度、および重度の精神症状を示しました。 罹患していない個人よりも不眠症の個人の方がより頻繁であり、その影響は両性間で観察された。 あるラテンアメリカの調査では、不眠症のある人々のうち31%しか医療援助を求めていないと答え、74.2%までが彼らの疾患を軽度であると考え、それについてあまり心配していなかった。5この研究では、不眠症の高齢患者は、睡眠障害に対処するためにさまざまな戦略を選択しました。最も一般的な方法は、行動変化(睡眠衛生)でした(44%)。我々の研究では、高齢者の約半数が薬を使って不眠症を治療することを選択し、残りの半数はしないことを選択しました。以前の研究はまた、女性が男性と比較してすべてのタイプのCAMを使用する可能性が高い22、およびCAMは65歳以上の患者の不眠症治療に一般的に使用されていることを報告している23。 最も頻繁に報告されている薬を使用しない理由は中毒への不安(67%)であり、最も頻繁に報告されていない理由は薬を服用したくない(16%)でした。5我々の調査結果は以前の研究と一致していました。5以前の研究では、高齢患者における睡眠薬の有害作用が報告されています。6、10の我々の結果は、参加者の多くはまた、薬中毒や薬物療法は、以前の研究と一致している、健康に有害であると考えになることについて心配していたことを示しました。5、6、10私たちのプライマリーレベルの医療およびヘルスケア機関は、睡眠衛生などの不眠症の治療に関して、私たちの高齢者にもっと良い教育ガイダンスを提供するべきです(表1)。 5 。結論 生活状態、慢性疾患状態、感情状態などの問題が睡眠障害の進行を止めるために早期介入を正当化するため、評価された高齢者集団において特定の相関の影響を識別できるかどうかを調べたかった。高齢者に睡眠衛生とCAM について教育し、不必要な薬の使用を避けます。 利益相反 無し。 参考文献 1 高齢成人における慢性不眠症と鬱病の YS 陳 連合 J Chin Med Assoc 、75 (2012 )、pp。195 – 196 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2 DJ フォーリー、AA モンジャン、SL ブラウン、他。 高齢者の睡眠不満:3つのコミュニティの疫学的研究 Sleep 、18 (1995 )、pp。425 – 432 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 3 M. Jansson-Fröjmark 、K. Lindblom 不安と鬱病の間の双方向の関係、そして不眠症?一般集団における前向き研究 J Psychosom Res 、64 (2008 )、pp。443 – 449 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 4 S. Ancoli-Israel 、JR Cooke 不眠症の罹患率と併存症および高齢者の機能への影響 JアムGeriatr SOC 、53 (2005 )、頁。S264 – S271 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 5 M. ブランコ、N. Kriguer 、SP リョ、ら。 睡眠障害を患っている患者の治療に対する態度 ラテンアメリカの調査 BMCファムPRACT 、4 (2003 )、頁。17 – 27 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 6 TP 蘇、TJ ・チェン、SJ ホワン、ら。 台湾における向精神薬の利用:2000年の外来部門の概観 Chin Med J(台北)、65 (2002 )、pp。378 – 391 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 7 L. プティ、N. アザド、A. Byszewski 、ら。 高齢者における原発性および続発性不眠症の非薬理学的管理:評価ツールおよび治療法のレビュー 年齢老化、32 (2003 )、頁19 – 25 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 NS Gooneratne 高齢者の睡眠障害に対する補完代替医療 CLIN Geriatrメッド、24 (2008 )、PP。121 – 138 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 9 S. Ancoli 、T. Roth 米国における不眠症の特徴:1991年全国睡眠基礎調査の結果 Sleep 、22 (1999 )、pp。S347 – S353 Google Scholar 10年 TP Su 、SR Huang 、P. Chou 地域在住の中国人高齢者における不眠症の有病率と相関因子:台湾の都市地域調査 アウスト・NZJ精神医学、38 (2004 )、頁706 – 713 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 11 HL チェン、HC チェン、CH 白、ら。 中国語版アテネ不眠症尺度の検証研究 Taiw J精神医学、23 (2009 )、頁。43 – 52 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 12年 HC 陳、CH Wu 、YJ リー、等。 一般健康診断のために入院した被験者における5項目の簡単な症状評価尺度の妥当性 J Formos Med Assoc 、104 (2005 )、pp。824 – 829 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 13年 国立健康統計センター 2002年全国健康面接調査(NHIS)。公用データ公開 (2002 ) NHIS調査の説明 で利用可能: http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/srvydesc.pdf アクセス13.05.15 Google Scholar 14年 NS Kamel 、 高齢者の JK Gammack 不眠症:原因、アプローチ、および治療 Am J Med 、119 (2006 )、pp。463 – 469 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 15年 BE エインズワース、DR ジェイコブス、AS レオンの 脂質研究クリニックアンケート:自己申告身体活動状況の妥当性と信頼性 メッドサイエンススポーツExerc 、25 (1993 )、頁。92 – 98 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 16 MM Ohayon 不眠症のDSM-IV診断基準の有病率:精神障害に関連する不眠症を睡眠障害と区別する J Psychiatr Res 、3 (1997 )、pp。333 – 346 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 17年 X. 劉、M. 内山、K. キム、ら。 日本の一般成人集団における睡眠障害と日中の眠気 Psychiatr RES 、49 (2000 )、頁360 – 366 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 18年 S. マギー、JA ラングロワ、N. Minicuci 、ら。 地域在住の高齢者における睡眠障害:有病率、関連要因、および報告された原因 JアムGeriatr SOC 、46 (1998 )、PP。161 – 168 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 M. Ganguli 、CF Reynolds 、JE Gilby 農村部の高齢者コミュニティのサンプルにおける睡眠 障害の 有病率および持続性:MoVIESプロジェクト JアムGeriatr SOC 、46 (1996 )、頁。1270 – 1273 Google Scholar 20 エジプト、アレクサンドリアの老人ホームにおける高齢者の MM Makhlouf 、AI Ayoub 、MM Abdel-Fattah 不眠症の症状とその相関 睡眠呼吸、11 (2007 )、187 – 194ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 21 A. 小柳、N. ガリン、B. オラヤ、ら。 訂正:9カ国の50歳以上の成人における慢性疾患と睡眠障害:多国籍研究 PLoS ONE 、10 (2015 )、p。e0138261 CrossRef Google Scholar 22 KC 林、ML チェン、ML Yeh 、等。 台湾における補完代替医療の普及率、パターン、および予測因子 台湾J公衆衛生、28 (2009 )、頁。53 – 68 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 23 JG Grzywacz 、W. ラング、C. Suerken 、ら。 健康の自己管理のための補完代替医療の使用における年齢、人種、および民族性:2002年全国健康面接調査からの証拠 J Aging Health 、17 (2005 )、pp。547 – 572 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2017台湾老人救急医療センター。Elsevier Taiwan LLCによって発行されました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1873959817300480