このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト
慢性不眠症を治療するためのハイライトは、閉経後女性の抑うつ症状、不適応思考、および過興奮を改善する:不眠症に対する認知行動療法、睡眠制限療法、および睡眠衛生教育の無作為化臨床試験。

CBTIとSRTは不眠症の閉経後女性の鬱症状を軽減する

CBTIとSRTは機能障害の睡眠信念と睡眠前の体性覚醒を低下させる

睡眠前認知覚醒、反芻、および心配に対する治療効果はさまざまです

睡眠衛生は鬱病、不適応思考、または体性覚醒を軽減しない

認知的覚醒をより的確にターゲティングすることで治療結果が向上する可能性がある
抽象
前書き
閉経期にうつ病が増加し、無症状のうつ症状は大うつ病のリスクを高めます。不眠症は閉経後の女性の間で一般的であり、この既に脆弱な集団のうつ病リスクを増大させる。最近の証拠は、更年期不眠症を治療するための不眠症に対する認知行動療法(CBTI)の有効性を支持しているが、不眠症を治療することがまた、共起する鬱症状および鬱病の特徴を軽減するかどうかは不明である。この試験では、CBTIが不眠症の閉経後女性の抑うつ症状、不適応思考、および体性過覚醒を改善するかどうか、およびCBTIの単一の構成要素である睡眠制限療法(SRT)が同等に有効かどうかを調べました。
材料および方法
シングルサイト、無作為化比較試験。閉経後または閉経後に発症した慢性不眠症の117人の閉経後女性(56.34±5.41歳)は、3つの治療条件に無作為に割り付けられました:睡眠衛生教育管理(SHE)、SRT。そしてCBTI。盲検評価は、ベースライン、治療後、および6ヶ月の追跡調査で実施した。
結果
CBTIは鬱症状を中程度から大規模に減少させたが、SRTは中程度の減少をもたらしたが治療後6ヶ月までではなかった。不適応思考に対する治療効果はさまざまであった。CBTIとSRTはどちらも睡眠機能障害の信念に大きな改善をもたらしましたが、睡眠前認知覚醒、反芻、および心配への影響は弱いものでした。睡眠前の体性覚醒はCBTI群で大きく改善し、SRT群で中程度に改善しました。うつ病、不適応思考、および過覚醒の改善は睡眠の改善に関連していました。SHEは耐久性のある治療効果はありませんでした。
結論
CBTIおよびSRTは、閉経後の女性における鬱症状、睡眠機能不全の考え、および睡眠前の体性過覚醒を軽減し、CBTIは優れた結果を生み出す。認知的強調にもかかわらず、認知的覚醒はCBTIに強くまたは恒久的には反応しませんでした。
キーワード
睡眠閉経心配反芻認知覚醒うつ病睡眠についての機能不全の信念

仕事が行われた機関:Henry Ford Health System。
☆☆
名前:更年期不眠症の行動療法:睡眠と昼間の結果、URL:clinicaltrials.gov、登録:NCT01933295。
©2019 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945718306750