このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
一般集団における不眠症に対する特定の要因の影響を特定すること。
方法
市内の住宅街に住む648人の日本人女性の間で、自己申告によるアンケート調査が行われました。参加者の年齢は20から80秒の範囲でした。
結果
不眠症の粗罹患率は8.8%であった。多くの交絡変数をコントロールした多変量ロジスティック回帰分析により、主要なライフイベント(OR = 4.4、95%CI = 1.7〜11.4、P <0.01)、抑うつ状態(OR = 1.2、95%CI = 1.1〜1.3、 P<0.01)、および「比較的貧弱または貧弱な」自己評価健康度(OR = 3.2、95%CI = 1.0〜10.1、 P <0.05)は不眠症の危険因子であった。対照的に、主要道路からの被験者の距離と不眠症の有病率との間に用量反応関係はなかった。 結論 著者らは、主要な人生の出来事による憂鬱な状態は不眠症と密接に関連していること、そして比較的貧弱な自己評価健康もまたストレスの多い出来事と心理的苦痛と関連していると仮定している。自動車やオートバイなどの乗り物からの騒音は、主要道路の近くに住む被験者の睡眠の質に影響を与える可能性がありますが、一般的にこの研究では不眠症の有病率はそれほど増加しませんでした。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症主なライフイベントうつ状態自己評価された健康道路交通騒音アンケート一般住民女性たち 著作権©2003 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945703001096