このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究は、日中の労働者の間の不眠症に対する心理的要因の相対的な影響を評価することを目的としています。
バックグラウンド
不眠症は、交代勤務のない労働者の5〜45%に影響を及ぼし、公衆衛生上の深刻な問題となっています。
方法
調査対象人口は35歳以上の男性男性3435人でした。2002年には、自記式のアンケート調査が行われました。同年にまとめられた年間健康診断データも得られました。不眠症は3つの領域で評価された:睡眠開始困難(DIS)、睡眠維持困難(DMS)、および睡眠の質の低さ(PQS)。各因子と不眠症との関連は、年齢を調整したロジスティック回帰モデルによって調べた。年齢調整された分析において不眠症と有意に関連する因子を段階的ロジスティック回帰モデルに入力して、各因子の相対的影響を試験した。
結果
不眠症の有病率は12.3%(DIS)、20.4%(DMS)、および32%(PQS)であった。段階的ロジスティックモデルでは、DISについて、高い知覚ストレスがオッズ比(95%信頼区間)2.27(1.58-3.26)、2.15(1.57-2.95)、および2.96(2.19-3.99)のすべてのタイプの不眠症と関連していた。それぞれDMS、およびPQS。心理的幸福度が低い、または確信がないということも不眠症と関連していました。病気や入院歴などの体調はDISとDMSに関連していた。
結論
心理学的要因は、交絡因子を制御した後、DISおよびPQSと強く関連していました。不眠症を扱う際には、そのような要因を無視してはいけません。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症中年睡眠不満仕事のストレッサー公務員知覚ストレス
著作権©2007発行Elsevier BV

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945707000445