このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
不眠症の系統的な評価が欠如しているため、報告されている一般集団での有病率は大きく変動している。本研究は不眠症の有病率を評価するための新しいガイドラインを提供することを目的としています。Sleep-EVALシステムを使用した電話による横断調査は、251,405,391人の住民からなる15歳以上の一般集団(フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ポルトガル、およびスペイン)の代表者24,600人を対象に行われました。全体の参加率は81.0%でした。精神障害の診断と統計のマニュアル、第4版(DSM-IV)の症状不眠症のために、27.2%(95%信頼区間:26.6から27.8パーセント)のサンプルのは困難スリープ(DIS)(10.1%)、睡眠の開始又は維持を報告した(DMS)(破壊睡眠(DS):18.0%;早朝の目覚め( 1週間に少なくとも3回EMA):10.9%)またはnonrestorative sleep(NRS)(8.9%)。それらの48.5%は付随的にDSM-IV睡眠/精神障害に苦しんでいました。因子分析(1)不眠症の定義の狭小化:不眠症の有病率は16.8%に減少し、64.5%の不眠症患者はDSM-IV睡眠/精神障害を有していた。(2)不眠症の症状のない睡眠不足の(自発的であるかどうかにかかわらず)グループの識別。サンプルの2.1%(1.9〜2.3%)を表す。興味深いことに、後者のグループは、国際睡眠障害分類に記載されているように、睡眠不足症候群の定義とよく一致しています。(ICSD)不眠症を評価するためにより明確な基準を使用することは、睡眠について不満を言う被験者の認識を高める。分類は不眠症の正しい識別を改善するために修正されるべきです。睡眠不足の対象も無視されるべきではありません。
前の記事次の記事
キーワード
分類DSM-III疫学不眠症
著作権©2001 Elsevier Science Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399901002859