このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

対照と比較して、原発性不眠症および慢性疲労症候群の両方において、徐波睡眠(SWS)中の同様に低い中枢超低速(US)デルタパワー(0.3〜0.79 Hz)の割合の証拠。

米国の電力比率の低下は主に、知覚される睡眠の質の障害および日中の疲労強度に関連しています。

両方の状態間の臨床的区別は、原発性不眠症におけるSWSの間の異なる前頭EEG度数分布に関連する。
抽象
目的
過度の日中の眠気(EDS)、すなわち慢性疲労症候群(CFS)および原発性不眠症(PI)を伴わない非回復性睡眠および疲労症状を共有する異なる臨床状態における徐波睡眠(SWS)スペクトルパワー比を調査すること。睡眠恒常性障害は、CFSとPIの両方で疑われています。
方法
睡眠障害、疲労感および眠気の症状強度、睡眠薬や精神障害を伴わない無麻酔CFS患者およびPI患者の睡眠睡眠、眠気の症状強度、睡眠ポリグラフ、およびSWSスペクトルパワー分布を、優れた睡眠管理グループと比較した。
結果
EDSなしのより高い疲労感および知覚される睡眠の質の障害は、両方の患者群において確認された。PSGは主に睡眠の断片化とSWSの期間が異なりました。スペクトル分析は、 CFSとPIの両方について、SWS中の中心超低速電力(0.3〜0.79 Hz)の割合の同様の減少と、PIのみのSWS中の高速周波数の正面電力割合の増加を明らかにした。後者は情動症状と相関していたのに対し、低い中枢の超低出力比率は疲労の重症度と睡眠の質の障害に関連していた。
結論
通常(PI)またはさらに増加し​​たSWS期間(CFS)と組み合わせて、我々はPIおよびCFSにおけるSWS中の遅い振動の割合がより低いという一貫した証拠を見出した。
意義
通常または増加したSWS持続時間であるが超低出力の割合が低いことを観察すると、我々の知見は恒常性調節の変化の定量的補償の可能性を示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
疲労眠気超低速デルタ徐波睡眠一次性不眠症慢性疲労症候群睡眠ポリグラフスペクトル分析
1
両方の著者はこの仕事に等しく貢献した。
著作権©2015臨床臨床神経生理学連合。Elsevier Ireland Ltd.によって公開されています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1388245715000024