このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
不眠症は、中年期の女性が他のほとんどの段階よりも高い割合で更年期障害に近づき、経験しているときに発症します。不眠症は更年期の更年期症状の1つと考えられており、ホルモン補充療法(HRT)でコントロールすることができます。本研究では、不眠症の女性の更年期障害と睡眠の関係を調べ、HRTの有無による更年期障害の女性の睡眠の質を比較した。
方法
閉経前後または閉経前後のいずれかであった不眠症の合計74人の女性(年齢範囲 = 40〜59 歳)が、進行中の不眠症治療の一部として、ラバル大学の睡眠障害センターで評価されました。参加者全員が、2週間の睡眠日記と一連の心理学的および不眠症のアンケートを完了し、続いて3連続夜間睡眠ポリグラフ検査(PSG)を行った。詳細な病歴インタビューは研究医によって取られました。
結果
PSG測定は、更年期の女性が非更年期の女性よりも有意に長い総起床時間(TWT、84.2対63.2 分、コーエンのd = 0.504)および低い睡眠効率(SE、81.8%対86.0%、d = 0.487)を示した。 。HRTを使用している女性は、HRTを使用していない女性と比較して有意に良好な睡眠を示さなかった。主観的に評価された睡眠パラメータに関して更年期群間で有意差は観察されなかった。
結論
更年期障害は、不眠症の中年女性の睡眠障害の特定の側面に寄与している可能性があります。更年期症状に対するHRTの使用は、そのような障害を軽減するようには思われませんが、ホルモンレベルの投与とより大きなサンプルサイズを使用したさらなる調査が必要です。
前の記事次の記事
キーワード
閉経不眠症ホルモン補充療法(HRT)主観的な睡眠の質客観的な睡眠の質中年期の女性
著作権©2010 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S138994571000376X