このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

課題切り替えと睡眠ポリグラフ睡眠は、不眠症の有無にかかわらず高齢者で評価されました。

不眠症を有する高齢者は、対照と比較して準備時間からのタスク切り替えの利益の減少を示した。

準備時間からのタスク切り替えの利点は、デルタスリープ率と関連していました。

不眠症群における不眠症に対する認知行動療法後の反復試験の正確性。

反復精度の改善は、入眠後の覚醒時間の改善と関連していた。
抽象
バックグラウンド
タスク切り替え障害は、高齢者や不眠症の人によく見られます。そのような赤字は、睡眠の継続性および恒常性睡眠駆動力の低下による困難によって引き起こされ得る。
目的
不眠症とその治療によって影響を受けるタスク切り替えの側面を識別し、そのような効果が睡眠の継続と恒常的な睡眠駆動に関連付けられているかどうかを判断します。
方法
睡眠ポリグラフ睡眠およびタスク切り替えは、不眠症(n = 48)および正常睡眠コントロール(n = 51)を有する60〜93歳の健康な高齢成人において試験された。不眠症に対する8週間の認知行動療法の後、不眠症群において評価を繰り返した。睡眠尺度には、入眠後の覚醒(WASO)および恒常性睡眠駆動の定量的指標(ノンレピ眼球運動中のデルタパワー[NREM]睡眠ならびに第1および第2のNREM期間中のデルタパワーの比)が含まれた。合図されたタスク切り替えパラダイムは、準備キュー – ターゲット間隔を変えて、タスク交替、タスク反復、およびタスク準備を操作して2つのタスクのうちの1つを実行するよう参加者に指示した。
結果
正確性に対する予備的合図の効果は、対照におけるそれと比較して不眠症群において減少した。2つのグループにわたって、予備的合図のより強い効果はより高いデルタ睡眠比と関連していました。不眠症治療後、課題の繰り返し精度は著しく向上しました。この改善はWASOの改善と関連していました。応答時間または課題交替の正確性に対するグループまたは治療効果はありませんでした。
結論
不眠症の診断と治療の効果は、タスク切り替えをまたいだドメインの一般的な効果ではなく、タスクセットのメンテナンスに依存する状態に適用されます。そのような効果は、恒常的な睡眠の促進と睡眠の継続性に関連しています。
前の記事次の記事
キーワード
タスク切り替え不眠症不眠症に対する認知行動療法高齢者スリープドライブ入眠後に起きる
©2016 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945716301915