このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
従来の薬物療法の有害作用の可能性があるため、不眠症に対する補完的かつ代替的な薬物治療が求められてきた。我々は、軽度から中等度の不眠症における、伝統的な東アジア医学に基づいた、使用の可能性と、ハーブティー(HT002)の効果の予備的評価を行った。
方法
軽度から中等度の不眠症の患者(n = 40)は、HT002(n = 20)または待機リスト(n = 20)のグループに無作為に割り付けられた。HT002グループは4週間、1日2回HT002を摂取しました。ベースライン時および4および8週間後に、不眠症重症度尺度(ISI)、ピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)、および12項目の短文健康調査(SF-12)を用いて転帰を評価した。
結果
4週目と8週目のベースラインからのISIスコアの差は、ウェイトリストグループよりもHT002の方が有意に大きかった(4週目:-4.0 ± 0.8対-0.4 ± 0.8、p < 0.05; 8週目:-4.8 ± 0.7 vs 。-0.9 ± 0.7、P < 0.05)。HT002群におけるPSQIおよびSF-12身体成分スコアの変化は 4週および8週で有意に大きかった(p < 0.05)が、SF-12精神成分スコアは4週で有意に大きかった(p < 0.05)。HT002は忍容性が高く、たった1つ(5.0%)の脱落であり、有意な平均肝臓と 腎機能検査は治療後に変化する。 結論 我々の予備結果は、HT002による4週間の治療は不眠症の症状の重症度を軽減し、生活の質を改善するかもしれないことを示唆しています。我々のプロトコルの制限を欠いているさらなる研究は、より強い結論を提供するかもしれません。 お試し登録 臨床研究情報サービス(CRIS)、KCT0001900。 前の記事次の記事 キーワード 漢方薬ハーブティー不眠症ランダム化比較試験 1 。前書き 不眠症は一般的な不満であり、一般人口の約30%が眠りに落ちること、睡眠を維持することが困難、睡眠の質が悪い、または早すぎる目覚めなどの症状を報告している。1不眠症は、さまざまな身体的および心理的障害の発症と関連していることがよくあります。その慢性的な性質のために、不眠症はまた、個人の生活の質および仕事の生産性における重大な障害、ならびに仕事関連の事故および自動車事故の発生の増加と関連している。1、2、3これらの理由から、不眠症は直接的な医療費のためだけでなく社会的専門家の結果のためにも、社会に大きな経済的負担を強いる。4 不眠症に対する従来の治療法は、通常、薬物療法または心理学的治療のいずれかです。不眠症によく使われる薬には、非ベンゾジアゼピン系鎮静催眠薬が含まれます。これらは、より短い半減期と正常な睡眠構造の混乱の減少を考えると、ベンゾジアゼピンより安全であるとしばしば考えられていますが、健忘症、精神運動能力障害、日中の疲労、忍容性、および嗜癖などの有害作用が依然として起こり得ます。5つの心理と行動療法が有効であることが示されているが、その使用は、時間、コスト、および労力の制約の危険にさらされています。6これらの理由から、不眠症を治療するためにいくつかの補完的かつ代替的な医学的アプローチが求められてきた。2002年の米国の全国調査によると、160万人を超える成人が前年に不眠症の治療に補完代替医療を使用したと報告しており、そのうち天然のハーブ、民間療法、食事療法、または栄養医学は、最も一般的に使用される介入でした。7 本研究では、の有効性を評価することを目的としたハーブティー、東アジア伝統医学で使用される植物で構成されている(HT002)、(TEAM)を軽度から中等度の不眠症のため、8、9、10と評価します大規模サンプル研究の実現可能性 HT002で使用されている植物は以下の通りです:Ziziphus jujuba var。spinosa(Bunge)Hu ex HF Chow(Ziziphi Semen、Sanjoin)、Rehmannia glutinosa(Gaertn。)DC。(Rehmanniae Radix、Jihwang)、Z。inermis(Bunge)Rehder(Zizyphi Fructus、Daejo)、およびGardenia jasminoides J. Ellis(Gardeniae Fructus、Chija)。これらの成分は、TEAM理論に基づいてそして公表された基礎研究報告から慎重に選択された。10、11、12、13、14件の動物研究があることを見出したZ.はナツメ VARを。不眠症に最も頻繁に使用される薬草スピノサは、視床下部の GABA含有量を増加させ、ストレス誘発性の睡眠変化を調節し、そして総睡眠時間および徐波睡眠を改善しました。10、11 R.のグルチノーザは重大保有することが報告されている鎮静剤を脳幹および淡蒼球の上行性網状活性化系に作用することによる効果。12 Z. jujuba var。inermisは動物に鎮静作用を及ぼすことが知られています 13、 G. jasminoides は抗不安作用を持つと報告されています。14年 2 。方法 2.1 。設定と参加者 これは、2016年2月から2016年5月までの間に、韓国のソウルにあるKyung Hee大学の韓国医学病院で実施された並行グループの無作為化対照パイロット試験でした。研究は、Kyung Hee大学の韓国医学病院によって承認されました研究の前にすべての参加者からインフォームド・コンセントを得た。試験プロトコルは、臨床研究情報サービス(http://cris.nih.go.kr)に登録され(登録番号:KCT0001900)、ヘルシンキ宣言の原則に準拠していました。 参加者は病院で掲示された新聞広告と看板を通して募集されました。30〜49歳で、週に3日以上睡眠障害を経験している場合(夜間の目覚めの後、眠りにつくため、または睡眠に戻るために少なくとも30 分かかる、または困難な場合)不眠症重症度指数(ISI)の8〜21のスコアで示されるように、軽度から中等度の不眠症がありました。 以下のいずれかに該当する場合、個人は除外されました。先月に不眠症の治療を受けた。先月中に何らかの精神神経障害(例、うつ病、不安神経症または認知症)の治療を受けた。続発性不眠症(例:睡眠時無呼吸症候群、催眠術、または落ち着きのない脚症候群)と診断されていた。過去6ヶ月間にアルコールの乱用または依存を経験していた。夜間勤務、夜勤、または過酷な作業負荷。または、妊娠中、授乳中、または今後6か月以内に妊娠を計画していた。研究に影響を与える可能性がある薬を服用していた人、または指示に適切に従えなかった人も除外されました。 2.2 。ランダム化 無作為化は、参加者登録前にコンピュータ生成無作為化リストを使用し、1:1のグループ割り当て比および4のブロックサイズで、統計学者によって行われた。研究参加看護師からグループ割り当てを隠すために、各参加者のグループ割り当てに関する情報を連続した番号の封印された不透明な封筒に入れました。参加者がすべての選択基準を満たし、ベースライン評価を完了した後、封筒は研究看護師によって連続した順序で開かれ、参加者はHT002(介入)グループまたは待機リスト管理グループのいずれかに割り当てられた。 2.3 。介入 ハーブティー、HT002は、具体的には、本研究のためにティーセラピー、(株)により製造されました。使用したハーブは以下の通りであった:R. glutinosa(Gaertn。)DC、基数(900 mg); Z. jujuba var。inermis(Bunge)Rehder、フルクタス(900 mg); G.ジャスミニド、J。エリス、フルクタス( 600mg);C。とZ.jujubavar。spinosa(Bunge)胡ex HF Chow、精液(600 mg)。部品を洗浄し、乾燥し、150 ℃ でローストし、3 g ずつに分割し、 直径1〜2 mmの構成要素に分割してティーバッグで密封しました。 HT002グループでは、参加者に標準タンブラー(250 mLに相当)を提供し、タンブラーの中のお湯にティーバッグを3分以上注入し、次にティーバッグを取り出さずにお茶を飲むように指示しました。彼らは1日に2回お茶を飲むように指示されました。朝に1回(正午前)と午後に1回(正午から就寝時まで)、4週間です。待機リストグループの参加者は、8週間の試験期間中に介入を受けなかった。しかし、研究の完了時に、彼らは同じ指示でHT002を提供されました。 2.4 。結果 ベースライン時、4週間の治療終了後、および4週間の介入後フォローアップ時(8週間の総試験期間)に患者の転帰を記録した。この試験の主な結果はISIスコアでした。15 ISIには、0〜4段階で評価される7つの項目が含まれています。これらの項目は、入眠問題の深刻さ、睡眠維持困難、早朝の目覚め、現在の睡眠パターンの満足度を調査します。、日常の機能への干渉、睡眠障害に起因する障害の顕著性、および睡眠障害によって引き起こされる苦痛のレベル。可能性のあるISIスコアは0〜28の範囲であり、より高いスコアはより重度の不眠症を示す。得点は次のように解釈された:0〜7、不眠症がない。8〜14歳、軽度の不眠症。15–21、中程度の不眠症。22〜28歳、重度の不眠症。ISIは信頼性が高く、有効であり、不眠症の臨床試験の変化に敏感であると報告されています。15、 16 二次的な結果は、ピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)スコアと12項目の短形式健康調査(SF-12)を含んでいた。PSQIの対策は品質スリープ7つの成分スコアを構成する睡眠の質に関連するドメイン、(主観的睡眠の質、睡眠潜時の広い範囲を評価する19の項目を前月中および障害を含むと、睡眠時間、習慣的な睡眠効率、睡眠障害、睡眠薬の使用、および日中の機能障害)。各要素のスコアは0〜3の範囲で、スコアが高いほど睡眠障害が重いことを示します。7つの要素の合計は0から21の範囲のグローバルスコアをもたらします。PSQIは信頼性が高く、臨床診療や研究で睡眠の質を評価するのに有効であると報告されています。17、18 SF-12 、の要約版である36項目ショートフォーム健康調査(SF-36)は、生活の質を評価するために使用されました。SF-12は、全般的な精神的および身体的機能を評価する一般的な健康関連の生活の質の尺度です。それは、5点のリッカート尺度で評価された12の質問と、身体構成要素の要約(PCS;身体機能、身体的役割、身体の痛み、および一般的健康)および精神要素の要約(8)を構成するために使用されるMCS;感情的役割、活力、社会的機能、そして精神的健康)。スコアが高いほど、生活の質が高いことを示します。SF-12のスコアは信頼できると報告されており、 SF-36のスコアと高い一致度を持っています。19、20、21 治療後の返却されたティーバッグの数に基づいてHT002レジームへのコンプライアンスを評価し、それによって参加者がHT002の少なくとも70%を摂取した場合にはコンプライアンスとみなした。各来院時に有害事象に関するデータを収集した。実験室試験で肝と腎機能は、ベースライン時および4週間の治療後に行きました。これらには、血清アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、アルカリホスファターゼ(ALP)、総ビリルビン(TBR)、血中尿素窒素(BUN)、およびクレアチニンのレベルが含まれていました。 2.5 。統計分析 この試験は、将来の無作為化臨床試験に適したサンプルサイズを決定するための予備試験として設計されました。したがって、以前の研究に基づいて、20人の脱落率を考慮して、最低20人の参加者を各グループに割り当てた。22 すべてのデータは、連続変数の平均と標準偏差、およびカテゴリ変数の頻度として表示されています。正規分布データと非正規分布データについて、それぞれスチューデントのt検定とMann-WhitneyのU 検定を使用して、2つのグループ間のベースライン特性を比較しました。ベースラインからのスコアの変化を従属変数として、ベースラインスコアを共変量として、およびグループを固定効果として、 4および8週間後の一次および二次有効性結果の有意な変化を共分散分析(ANCOVA)を用いて分析した。データが正規分布ではなかった場合、ランクANCOVAを使用して分析を行いました。。有効性の結果の変数は治療の意図に基づいて分析された。欠損値は、最後の観測の繰越方法によって帰属されました。HT 002安全性の評価のために、対応のある t検定を用いて肝臓および腎機能の変化を分析し、すべての変数を調べて、何らかの値が参照範囲の上限の1.5倍を超えて上昇したかどうかを決定した。p 0.05未満の値は、統計的に有意であると考えられました。統計分析はSPSS 22.0(IBM、イリノイ州シカゴ)を用いて行った。 3 。結果 3.1 。ベースライン特性 56人が適格性について評価された。これらのうち、40人の参加者が選択基準を満たしていたため、HT002グループまたはウェイトリストグループにランダムに割り当てられました。HT002グループの1人の参加者は家族の病気のために追跡調査に失敗したため、39人の参加者が試験を完了しました(図1)。 高解像度画像をダウンロードする(212KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。研究参加者のフローチャート。 参加者のベースライン特性は表1に示される。参加者の平均年齢は37.5 ± 5.4歳で、57.5%が女性でした。2つのグループ間の社会人口学的特徴はバランスがとれていた(p > 0.05)。不眠症の期間および重症度ならびに生活の質のレベルもまた、ベースライン時に群間で有意差はなかった(p > 0.05)。試験を終了したHT002群の全参加者の遵守率(n = 39)は70%を超えていました(平均:88.1%、範囲:75.9〜100%)。したがって、それらはすべて準拠していると見なされました。
表1。研究参加者のベースライン特性
HT002(n = 20) ウェイトリスト(n = 20) p値
性別:女性 9(45.0) 14(70.0) 0.110
年齢(歳) 37.7 ± 4.8 37.3 ± 6.0 0.602
BMI(kg / m 2) 23.9 ± 3.4 22.6 ± 3.0 0.242
教育 0.749
高校または大学 11(55.0) 12(60.0)
≥大学院 9(45.0) 8(40.0)
配偶者の有無 0.110
既婚 14(70.0) 9(45.0)
結婚していない 6(30.0) 11(55.0)
不眠期間(月) 34.9 ± 35.4 34.0 ± 23.6 0.602
ISI 13.0 ± 3.8 11.9 ± 2.4 0.369
PSQI
グローバルスコア 8.5 ± 1.8 8.8 ± 2.1 0.461
主観的な睡眠の質 1.9 ± 0.4 1.9 ± 0.4 0.820
睡眠潜時 2.5 ± 0.6 2.4 ± 0.7 0.904
睡眠時間 1.2 ± 0.8 1.2 ± 0.9 1.000
習慣的な睡眠効率 0.3 ± 0.4 0.6 ± 0.8 0.157
睡眠障害 1.3 ± 0.6 1.1 ± 0.2 0.583
睡眠薬の使用 0.1 ± 0.2 0.1 ± 0.2 1.000
昼間の機能不全 1.4 ± 0.9 1.6 ± 0.9 0.565
SF12
PCS 49.5 ± 8.0 49.9 ± 7.0 0.862
MCS 43.7 ± 11.4 49.5 ± 5.7 0.051 a
BMI、ボディマス指数。ISI、不眠症重症度指数。PSQI 、ピッツバーグ睡眠品質指数。SF-12 、12項目ショートフォーム健康調査。PCS、物理成分スコア。MCS、メンタルコンポーネントスコア。
値は、性別、学歴、配偶者の有無についてはn (%) で、その他の要因については平均値 ± SDで表しています。
ある
スチューデントt検定、連続変数の他のすべてのp値は、マンホイットニーのU検定に基づいています。
3.2 。主要エンドポイント
4週間の治療後、ISIスコアの平均変化は、ウェイトリストグループよりもHT002グループの方が大きく、グループ間の差は統計的に有意でした(-4.0 ± 0.8対-0.4 ± 0.8、p = 0.018)。 )ISIの変化は8週間の追跡調査で同様のままであり、そして群間の差も統計的に有意なままであった(-4.8 ± 0.7対-0.9 ± 0.7、p = 0.001)(表2)。
表2。各来院時の結果尺度の変化
HT002(n = 20)
平均 ± SE ウェイトリスト(n = 20)
平均 ± SE p値
ISI 第4週 −4.0 ± 0.8 −0.4 ± 0.8 0.018 *
第8週 −4.8 ± 0.7 −0.9 ± 0.7 0.001 **
PSQI
グローバルスコア 第4週 -2.6 ± 0.4 0.3 ± 0.4 <0.001 **、a 第8週 -2.6 ± 0.5 0.3 ± 0.5 0.001 **、 主観的な睡眠の質 第4週 −0.5 ± 0.1 0.0 ± 0.1 0.006 ** 第8週 −0.6 ± 0.1 −0.1 ± 0.1 0.005 ** 睡眠潜時 第4週 -1.0 ± 0.1 −0.3 ± 0.1 0.001 ** 第8週 -1.1 ± 0.1 −0.2 ± 0.1 <0.001 ** 睡眠時間 第4週 −0.5 ± 0.2 0.4 ± 0.2 0.004 ** 第8週 −0.3 ± 0.2 0.5 ± 0.2 0.009 ** 習慣的な睡眠効率 第4週 −0.3 ± 0.1 0.0 ± 0.1 0.154 第8週 −0.1 ± 0.2 0.3 ± 0.2 0.251 睡眠障害 第4週 −0.1 ± 0.1 0.1 ± 0.1 0.134 第8週 −0.1 ± 0.0 −0.1 ± 0.0 0.351 睡眠薬の使用 第4週 −0.1 ± 0.0 −0.1 ± 0.0 b 第8週 −0.1 ± 0.0 0.0 ± 0.0 0.165 昼間の機能不全 第4週 −0.2 ± 0.1 0.3 ± 0.1 0.043 * 第8週 −0.3 ± 0.2 −0.1 ± 0.2 0.203 SF-12 PCS 第4週 2.2 ± 0.9 -2.5 ± 0.9 0.004 ** 第8週 3.6 ± 1.0 −3.0 ± 1.0 <0.001 **、a MCS 第4週 3.6 ± 2.1 −3.5 ± 2.1 0.024 *、 第8週 −0.5 ± 1.6 0.1 ± 1.6 0.793 a ISI、不眠症重症度指数。PSQI 、ピッツバーグ睡眠品質指数。SF-12 、12項目ショートフォーム健康調査。PCS、物理成分スコア。MCS、メンタルコンポーネントスコア。 * p < 0.05。 ** p < 0.01。 ある ANCOVA、連続変数の他のすべてのp値はランクANCOVAに基づいています。 b データにばらつきがないため計算できませんでした。 3.3 。副次評価項目 平均PSQIグローバルスコアの変化は、4週目(−2.6 ± 0.4対0​​.3 ± 0.4、p < 0.001)および8週目(−2.6 ± 0.5対0.3 ± 0.5、p =0.001)の群間で有意に異なっていた。PSQIの構成要素スコアのうち、主観的睡眠の質、睡眠潜時、睡眠時間、および昼間の機能障害は、ウェイトリストグループよりもHT002グループの方が有意に大きい減少を示した( p < 0.05、all)。 平均SF-12 PCSおよびMCS の変化は4週目の群間で有意に異なっていた(PCS:2.2 ± 0.9対-2.5 ± 0.9、p = 0.004; MCS:3.6 ± 2.1対-3.5 ± 2.1、p = 0.024)。8週目のPCS変化は群間で有意に異なったが、8週目のMCS変化はそうではなかった(PCS:3.6 ± 1.0対-3.0 ± 1.0、p < 0.001; MCS:-0.5 ± 1.6対0.1 ± 1.6、p = 0.793)(表2)。 3.4 。安全性 有害事象は報告されていない。HT002群では、ベースラインと比較して治療後の肝機能および腎機能のレベルに有意な変化はなく、参加者は基準範囲の上限の1.5倍を超える値の上昇を経験しなかった。 4 。討論 この予備的無作為化臨床試験では、軽度から中等度の不眠症患者におけるHT002の実現可能性と予備的効果を評価しました。この結果は、HT002が一般に良好な耐容性を示し、1つ(5%)のドロップアウトのみで、肝臓および腎機能試験の結果に有意な変化がないことを示唆している。ベースラインと比較した4週間の治療後および8週間の追跡調査後のISIスコアの変化は、ウェイトリストグループのそれよりもHT002グループの方が有意に大きかった。PSQIスコアおよびSF-12 PCSに関しても同様の改善が見られました。調査結果はZ. jujubavarを含んでいる草の方式を評価する研究のそれらと一致していた。スピノースこれは、単剤療法としてのFSZR がプラセボよりも優れており、補助療法としての使用がジアゼパム単独の使用よりも優れていると報告した不眠症に対する(FSZR)。11 HT002群では、4週目と8週目の平均ISIスコアはベースラインと比較して約4〜5ポイント減少しました。この変更は、待機リストグループの変更よりも大幅に大きかった。しかしながら、この数字は、原発性不眠症の個人における臨床的に意味のある改善を表すために推奨されている6ポイントの減少よりわずかに小さい。23より小さな変化は、ISIスコアが21より高かった重度の不眠症患者の除外によるものかもしれません。ISIスコアが8〜21(軽度から中等度の不眠症)の患者のみを対象とした。我々はグループをより均質にするためにこの区別を選んだが、これは重度の不眠症の参加者を含む研究よりも改善の余地が少ない。しかしながら、HT002の使用は、ISIに関して統計的に有意な減少を示し、そしてHT002の効果は治療の終了後4週間持続した(8週)。さらに、PSQIスコアは、主観的な睡眠の質、睡眠潜時、睡眠時間、および昼間の機能障害を含む、グローバルスコアおよび4つの要素のスコアを含め、4週目と8週目の両方で同様の変化を示しました。 不眠症は、身体的および精神的健康に関連した生活の質の低スコアと関連していると報告されており、不眠症の治療は生活の質のいくつかの側面を改善するかもしれない。24、25、26治療後のHT002群では生活の質の改善が見られました。ベースラインと比較して、SF-12のPCSとMCSはどちらも4週目にHT002群でより大きな増加を示した。8週目でも、HT002群のPCSスコアはウェイトリスト群よりもベースラインと比較して有意に大きな増加を示した。4つのPCSサブスケールでは、身体機能と身体的役割に関するスコアの変化は、4週目と8週目の両方で、ウェイトリストグループのそれよりもHT002グループの方が有意に大きかった。グループ間で有意差はなかった(データは示さず)。これらの結果は、HT002治療は不眠症の患者の身体機能にプラスの影響を与えたが、一般的な睡眠薬はベンゾジアゼピン系および非ベンゾジアゼピン系 催眠薬は、身体機能に悪影響を及ぼすことが知られており、弛緩作用および翌日の二日酔い作用に関連しています。3、25 けれども煎じ(水または他の溶媒との沸点のハーブを含む準備が)長いTEAMに漢方薬のために有利な処方型となっている、などHT002のために使用されるもののようなティーバッグは、軽く、煎じ袋よりも移植されています。さらに、比較的軽度の不眠症の患者では、お茶などのおなじみのモダリティが、丸薬や煎じ薬などの薬よりも好まれる場合があります。不眠症の症状を医師に報告する割合が低く、医師に相談する不眠症の人はほとんど薬を処方されていないことを考えると27、有効なハーブティーは、不眠症の患者にとって許容可能な代替治療法です。 この研究には注意すべきいくつかの制限があります。まず、参加者は自分が所属するグループを知っていました。二重盲検法を用いたプラセボ対照試験とは異なり、これはHT002の有効性を過大評価している可能性があります。自己評価結果を使用したため、報告バイアスの存在を排除することはできません。この制限は、運動、心理学的および行動療法、または鍼治療を評価する研究など、適切なプラセボを作成するのが難しい研究に固有のものです。; この研究で使用されたお茶は独特の色と風味を持っていたことを考えると、それはコントロールグループのための適切なプラセボを作ることは不可能でした。HT002の臨床的価値を評価する将来の研究では、他の広く使用されているモダリティと比較し、そして睡眠ポリグラフまたはアクティグラフィーなどの客観的な結果の尺度を使用することによって、ある程度この限界を克服するかもしれません。第二に、私たちは精神障害の診断と統計のマニュアル(DSM)または睡眠障害の国際分類を使いませんでした不眠症の包含基準としての(ICSD)。ISIの内容を含む我々の研究の包含基準はDSMとICSDの診断基準に部分的に対応しているが、最新の診断基準(すなわちDSM-VとICSD-3)は以下の期間を必要とする。睡眠障害は少なくとも3ヶ月でなければなりません。睡眠障害の期間を包含基準として指定しなかった。我々の研究の参加者全員が3ヶ月以上の期間(3〜150、平均34.4、SD 29.7)を報告したが、その期間は将来の研究における包含基準として明確に特定されるべきである。第3に、仕事の生産性は不眠症の影響を受ける可能性がある重要な側面の1つです。より長期の追跡調査を伴う将来の研究には、欠勤や欠勤などの仕事の生産性に対する治療の効果の評価を含めるべきである。特に作業参加者に焦点を当てた研究では、作業効率を自己申告する。最後に、HT002は4つの植物源から得られます。不眠症におけるHT002の薬理学的有効性に関連する他の活性成分があり得る。したがって、HT002中の活性化合物の同定およびHT002のさらなる薬物動態学的評価が必要である。 結論として、現在のプロトコルの予備結果は、HT002による4週間の治療は不眠症の症状の重症度を軽減し、生活の質を改善することを示唆しています。しかし、我々のプロトコルの制限を欠いているさらなる研究は、より強い結論を提供するかもしれません。 利益相反 作者は彼らが競合する利益を持っていないと宣言します。 謝辞 この研究は、科学省とICTからの助成金(No. NRF-2014M3A9D7034351)によって支援されました。 参考文献 1 T. ロス 不眠症:定義、有病率、病因、および影響 J CLINスリープメッド、3 (2007 )、頁。3 – 6 、10.1378 / chest.14-0970 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 2 D. レジェ、CM モリン、M. 内山、Z. ハキミ、S. キュア、JK ウォルシュ 慢性不眠症、クオリティ・オブ・ライフ、およびユーティリティスコア:断面国際調査で良い枕木との比較 睡眠メッド、13 (2012 )、頁。43 – 51 、10.1016 / j.sleep.2011.03.020 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 3 全国的に代表的なサンプルにおける J. Scalo 、P. Desai 、K. Rascati 不眠症、催眠術使用、および健康関連生活の質 QUALライフRES 、24 (2015 )、頁。1223 – 1233 、10.1007 / s11136-014-0842-1 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 4 EM Wickwire 、FT Shaya 、SM Scharf 不眠症治療の健康経済学:安眠のための投資収益率 睡眠メッドするRev 、30 (2016 )、頁。72 – 82 、10.1016 / j.smrv.2015.11.004 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 5 TB Huedo・メディナ、I. キルシュ、J. Middlemass 、M. Klonizakis 、AN Siriwardenaの 成人の不眠症の治療において、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果:食品医薬品局(FDA)に提出されたデータのメタアナリシス BMJ、345(2012)、p。e8343 、10.1136 / bmj.e8343 CrossRef Google Scholar 6 CH バスティアン、CM モリン、M。 Ouellet 、FC Blais 、S. Bouchard 不眠症に対する認知行動療法:個別療法、集団療法、および電話相談の比較 JはCLIN Psychol相談、72 (2004 )、頁を。653 – 659 、10.1037 / 0022-006X.72.4.653 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 7 NJ ピアソン、LL ジョンソン、RL ナヒン 不眠症、睡眠障害、および補完代替医療 Arch Intern Med、166(2006)、p。1775年、10.1001 / archinte.166.16.1775 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 8 SJ 黄、FP 陳、MS 鍾、YC 陳、YY 拳、TJ 陳、他。 2002年の台湾における不眠症に対する漢方薬の処方 証拠に基づいた補完代替法Med (2011 )、p。2011年、10.1093 / ECAM / nep018 Google Scholar 9 L.-C. Chen、I. チェン、B。 王、C。 不眠症における漢方薬の 少 薬物使用パターン:台湾における4年間の調査 J CLIN PHARM THER 、34 (2009 )、PP。555 – 560 、10.1111 / j.1365-2710.2009.01038.x Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 10年 不眠症の治療のための CS キム、JY ハン、S. キム、JT 香港、KW オ BIOMOL THER 、19 (2011 )、PP。274 – 281 、10.4062 / biomolther.2011.19.3.274 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 11 QH 周、XL 周、MB 徐、TY ジン、PQ ロン、GQ 鄭、他。 不眠症のためのSuanzaoren処方:最新の臨床証拠と考えられるメカニズム Front Pharmacol(2018)、p。9 、10.3389 / fphar.2018.00076 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 12年 RX 張、MX 李、ZP Jia Rehmannia glutinosa:植物学、化学および薬理学のレビュー J Ethnopharmacol 、117 (2008 )、頁199 – 214 、10.1016 / j.jep.2008.02.018 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 13年 BH ハン、MH パーク Zizyphi fructusの 鎮静作用とその活性成分 アーチPHARM RES 、10 (1987 )、PP。208 – 211 、10.1007 / BF02857741 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 14年 K. Toriizuka 、H. 神木、N. 大村、M. 藤井、Y. 堀、M. 福村、ら。 日本の伝統的な漢方薬であるKamishoyosan(KSS)からの有効成分を含有するGardeniae Fructus抽出物の抗不安作用 ライフサイエンス、77 (2005 )、頁。3010 – 3020 、10.1016 / j.lfs.2004.12.054 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 15年 CH バスティアン、A. Vallières 、CM モリン 不眠重症度指数の検証不眠症研究に対する結果尺度として Sleep Med 、2 (2001 )、297 – 307ページ 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 16 YW Cho 、ML ソング、CM Morincによる 不眠症重症度指数の韓国語版の検証 J Clin Neurol、10(2014)、p。210 、10.3988 / jcn.2014.10.3.210 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 17年 SI Sohn 、DH Kim 、MY Lee 、YW Cho 韓国語版Pittsburgh Sleep Quality Indexの信頼性と妥当性 睡眠ブレス、16 (2012 )、頁803 – 812 、10.1007 / s11325-011-0579-9 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 18年 MT スミス、ST Wegener 睡眠尺度:不眠症重症度指数、医学的転帰調査(MOS)睡眠スケール、ピッツバーグ睡眠日記(PSD)、およびピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI) 関節炎ダイオウ、49 (2003 )、頁。S184 – S196 、10.1002 / art.11409 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 19年 C. ジェンキンソン、R. Layte 、D. ジェンキンソン、K. ローレンス、S. ピーターセン、C. ペイス、ら。 より短い形式の健康調査:SF-12は縦断的研究においてSF-36からの結果を再現することができるか? J公衆衛生(バンコク)、19 (1997 )、頁179 – 186 、10.1093 / oxfordjournals.pubmed.a024606 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 20 B. Gandek 、JE ウェア、NK アーロンソン、G. Apolone 、JB Bjorner 、JE Brazierの、ら。 9カ国におけるSF ‐ 12健康調査のための項目選択と採点の交差検証:IQOLAプロジェクトからの結果 J CLIN Epidemiol 、51 (1998 )、頁。1171 – 1178 、10.1016 / S0895-4356(98)00109から7 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 21 J. ウェア、M. コジンスキー、SD ケラー A 12-アイテムショートフォーム健康調査:スケールと信頼性と妥当性の予備試験の建設 メッドケア、34 (1996 )、頁220 – 233 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 22 試験的研究のためのサンプル数の決定における MA Hertzogの 考慮事項 RESのNursヒール、31 (2008 )、PP。180 – 191 、10.1002 / nur.20247 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 23 M. Yang 、CM Morin 、K. Schaefer 、GV Wallenstein 不眠症重症度指数におけるスコアの違いの解釈:重要度の最も低い違いを定義するための健康関連の結果の使用 CURRメッドRES OPIN 、25 (2009 )、頁。2487 – 2494 、10.1185 / 03007990903167415 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 24 KJ リード、Z. Martinovich 、S. フィンケル、J. Statsinger 、R. ゴールデン、K. ハーター、ら。 睡眠:高齢者の身体的および精神的健康の指標 アムJ Geriatr精神医学、14 (2006 )、頁860 – 866 、10.1097 / 01.JGP.0000206164.56404.ba 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 25年 T. 笹井、Y. 井上、Y. 駒田、T. 野村、M. 松浦、E. 松島 健康関連QOLの不眠や睡眠の薬の影響 スリープメッド、11 (2010 )、頁452 – 457 、10.1016 / j.sleep.2009.09.011 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 26 CM モリン、CL ドレイク、AG ハーベイ、AD クリスタル、R. Manber 、D. リーマン、ら。 不眠症 NAT改訂ディスプリム、1 (2015 )、頁。1 – 18 、10.1038 / nrdp.2015.26 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 27年 D. レガー、B。 ポウサイン 不眠症の国際的調査:多症状状態の認識不足および治療不足 CURRメッドRES OPIN 、21 (2005 )、頁。1785 – 1792 、10.1185 / 030079905X65637 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2018韓国東洋医学研究所。Elsevierによって公開されました。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213422018302087

関連記事はこちら