このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

気分障害は主要な公衆衛生上の懸念を構成する:関与するメカニズムの研究は優先事項であるべきである

双極性障害では、感情の調節異常および自殺が重要な要素であり、不眠症の症状が頻繁に見られます。

不眠症を患った双極性障害を有する対象は、より重度の気分症状を示した。

双極性障害では、不眠症は感情の調節不全、衝動性およびより高い自殺傾向に関連していました。

双極性障害患者は早期不眠症治療の恩恵を受ける可能性があります。
抽象
前書き
不眠症の症状は双極性障害で非常に一般的です。私たちの目的は、双極性障害の被験者における不眠症、情動異常、自殺傾向の関連性を評価することでした。
方法
機能が混在したうつ病エピソードを伴うII型双極性障害の被験者77名を募集しました。患者はSCID-DSM-5、不眠症重症度指数(ISI)、感情調節困難度(DERS)、自殺念慮の尺度(SSI)を用いて評価され、その一方で躁病およびうつ症状が評価された。
結果
不眠症の症状を有する被験者は、そうでない被験者と比較して、衝動性を含むDERSスケールおよびサブスケール、ならびにSSIスケールにおいてより高いスコアを示した。不眠症の症状は、双極性障害を有する対象における抑うつ症状の重症度、感情の調節異常、および自殺傾向を有意に予測した。特に、不眠症は衝動性を含む感情調節のいくつかの分野における困難と関連していました。感情調節不全は不眠症と鬱症状の間の関連を有意に媒介した(Z = 2.9、p = 0.004)。さらに、感情的衝動性は、不眠症症状と自殺傾向との関連を媒介した(Z = 2.2、p = 0.03)。
結論
我々の研究では、不眠症を患っている双極性障害の被験者は、不眠症のない被験者と比較して、より深刻な鬱症状と自殺を経験した。不眠症は、感情の調節不全、衝動性および自殺傾向と関連していた。これらの後者の特徴が双極性障害を有する対象における早期不眠症治療から利益を得ることができるかどうかを調べるためにさらなる研究が必要である。
前の記事次の記事
1 。前書き
気分障害には、躁病/軽躁病や憂うつ気分などの気分上昇を含むことがある一連の状態が含まれます[ 1 ]。そのような大うつ病ユニポーラおよびAS主要な形態、双極性障害のすべてのうち、最も普及していると、再発性の慢性及び無効である可能性がある、[ 2、 3 ]。したがって、公衆衛生上の影響は、につながる主要な懸念される世界的な疾患の負担障害の観点から、罹患率、早死 [ 2、 4、 5 ]との有意な危険に自殺 [ 3、 6]。したがって、双極性障害の発症と維持に関与するメカニズムの理解は、治療戦略の改善に役立つ可能性のある潜在的な早期マーカーを特定するための優先事項と見なすべきです。
不眠症は双極性障害の臨床的に重要な特徴であり、1980年という早い時期から始まる「精神障害の診断と統計の手引き」に従って気分障害の診断基準として挙げられている[ 7 ]。それは双極性障害の全過程で非常に流行しており、鬱病エピソードの間に80〜100%、躁病および混合エピソードの間に30〜35%、そしてエピソード間期に45〜55%が発症している[8]。 ]、[9]、[10]、[11]]。不眠症は、双極性障害の重症度に関連していた[ 9 ]及び送金相[時の感情的反応亢進へ12、13]。不眠症は双極性障害の再発および再発のリスクを高めることが示されています[ 13 ]。それはまた、双極性障害の独立した危険因子であり、そしてうつ病および躁病エピソードの両方の前に起こる頻繁な初期の徴候である[ [14]、[15]、[16] ]。最近、不眠症を標的とする好適双極性障害【の軌道に影響を与えることが示されている10、17 ]。不眠症は、様々な人の感情の調節不全、衝動的行動および自殺傾向に関連する潜在的に修正可能な初期のマーカーかもしれないが精神障害 [ 18]、[19]、[20]、双極性障害におけるこれらの臨床的特徴との関連の可能性は、今日までほとんど理解されていない。
すなわち、感情調節不全は、補強再帰的フィードバックと気分障害の発生および維持において重要な成分と動的ループとして提案されている気分不安定性を [ [21] 、[22] 、[23] ]。感情の調節異常は、初期の感情的プロセス、刺激の評価と評価、および直接的な文脈と長期的な目標/目標の両方におけるその行動的および生理学的要素による感情的反応の評価を含む感情機能のいくつかの側面の調節における障害として定義される個人の[ 21]、[22]、[23 ]。が、感情の調節不全双極性障害のある個人における気分の不安定性、衝動的行動、および自殺の危険性の増加に関連している[21]、[22]、[23]、双極性障害の急性期における不眠症との関連は不明のままである。
すでに示唆したように、不眠症は、[結果的経験に誇張された神経や行動反応につながる、感情的な調節不全に貢献する可能性が24、25 ]。実際、不眠症を患っている個人では、感情調節の根底にある神経回路の機能不全が観察されました(概要については[ 26 ]を参照)。不眠症を含む睡眠障害は、影響を与えることが示されている脳領域のトップダウンモジュレーション損なうことによって、このように、感情、動機及び認知の調節にdeputizedを感情的な処理を [感情調節不全に寄与する、 27、28]。また、不眠症は、両方の基本的な認知機能と高次に障害に、前頭前野皮質の機能に負の影響を介して、関連することが見出された認知処理に関与する監視制御、問題解決、柔軟性および自己制御 [29、30]。
したがって、不眠症は全体の変化に関連している意思決定の [危険な決定、衝動および攻撃的行動に至るプロセス19、31 ]。
不眠症は自殺の独立した危険因子として特定されることがあります[ 32 ]。この関連性を強調するために異なるメカニズムが仮定されてきた。仮説は、不眠症に関連する感情調節不全と不眠症に関連する意思決定プロセスの障害が衝動と攻撃的な行動につながる可能性がありと判断された。これらの変化は、不眠症に関連して自殺の危険性を増大させることができる(概要については、参照[ 20、32 ] )不眠症ものの感情的な調節障害、衝動的行動、および自殺傾向のリスク増加に関連している[ 18、[21] 、[22] 、[23] ]、双極性障害の急性期の間のそれらの関連はまだ不明です。
感情の調節不全、衝動的行動および自殺傾向における不眠症の役割についての上記の仮説を考慮して、我々の研究の焦点は、双極性障害II型の混合鬱病患者のサンプルにおけるそれらの潜在的な関係を調査することであった。我々は、不眠症の症状は、双極性障害の急性期における感情の調節不全、衝動的行動および自殺傾向に関与している可能性があると仮定した。また、調停分析を使用してこれらの変数間の関係の潜在的なプロセスを探ることを目的としました。情動調節不全および衝動性は、不眠症と自殺を関連づける潜在的な役割を果たす可能性があるので、本発明者らは、双極性障害を有する対象における情動調節不全/衝動性に対する可能性のある媒介の役割を調べた。
2 。方法
2.1 。科目の選択と心理アンケート
現在の研究は、さまざまな種類の気分障害における不眠症を特徴付けることを目的とした進行中の主要研究計画からの参加者のサブサンプルを含んでいた。私たちのサンプルの被験者は、精神障害の診断と統計の手引き第5版(DSM-5)の基準[ 1 ] を満たす混合機能を伴う大うつ病エピソード中に双極性障害II型と診断されました。 2015年12月から2017年4月まで、イタリアのピサ大学。その後、研究が完了するときに、他の形態の気分障害における不眠症の役割を評価し比較する。
我々の選択基準は、1)双極性障害II型における特徴が混在する大うつ病エピソードの現在の診断、2)18〜65歳の年齢、および3)研究へのインフォームドコンセントに署名する意欲であり、精神科病棟に入院した。イタリアのピサ大学。DSM-5の構造化面接(軸Iの障害に対する構造化臨床面接 – SCID-1)[ 33 ]、現在または一生の 精神医学的診断の存在の調査、不眠症重症度指数 [ 34 ]を含む標準化質問票を用いて全被験者を評価した。評価不眠症症状の難し感情規制スケール(DERS)[ 35、36】評価感情調節不全およびスケール自殺念慮(SSI)を測定自殺 [ 37 ]。ベックうつ病Inventory- II(BDI-II)[ 38 ]とヤング躁病評価尺度(YMRS)[ 39 ]は、それぞれうつ病と躁病の症状を評価しました。睡眠障害は、睡眠医学(LP)の専門家による臨床評価および他の睡眠障害(すなわち閉塞性睡眠時無呼吸症候群)を除外するための他の睡眠調査票[ 40 ] の使用を通じて評価された。落ち着きのない足症候群、概日睡眠障害など)。すべての被験者はまた、ベースラインで、現在の薬理学的療法を含む臨床報告書に記入した。
除外基準は、1)薬物乱用の現在および生涯の診断、2)精神病的特徴を伴ううつ病エピソード、3)他の種類の双極性障害、4)認知障害(ミニメンタルステート評価[ 41 ])、5)であった。不眠症以外の睡眠障害の現在の診断。
この試験はヘルシンキ宣言に準拠し、すべての参加者は試験に参加する前に書面によるインフォームドコンセントを提出した。
2.1.1。精神科診断
DSM-5 [ 1 ]の基準に従った過去および現在の精神医学的診断の評価は、軸I疾患に対する構造化臨床面接(SCID-5)[ 33 ]を用いて行われた。SCIDはさまざまなモジュールで構成されており、各モジュールにはDSM-5に従った診断カテゴリ基準の検出に関する特定の質問が含まれています。面接は訓練を受けた面接官の臨床的判断の下に行われた。
2.1.2。不眠症の重症度
不眠症の重症度は、不眠症重症度指数(ISI)[ 34 ]で評価されました。この指数は、2週間の回収期間を伴う7項目の自己申告アンケートです。合計スコアは0から28の範囲です。この研究の目的のために、ISIの著者の推奨によれば、8以上のISIスコアは不眠症の症状を示しました。ISIは以前のイタリアのサンプルで検証されています[ 42 ]。
2.1.3。感情の規制
感情調節は、感情調節尺度の難しさ(DERS)[ 35 ]を用いて測定された。DERSは36項目と5段階の尺度です(1からほぼ5まで – ほぼ常に5まで)。合計DERSスコアは36〜180の範囲であり、スコアが高いほど感情の調整がより困難になります。従事する「私は怒っている時、私はそのように感じてために自分と怒る」)、2)困難:アンケートは6つの下位尺度1)例えば感情の非受諾(含ん目標指向行動例(:「Iを’)、3)衝動制御困難さ(例:「私は自分の感情を圧倒的で暴力的なものとして経験している」)4)効果的な規制戦略へのアクセスが制限されている(例:「気分が悪くなると、自分自身を作るためにできることはない」と思う5)感情的な明瞭さの低下(例:「私は自分の気持ちについて混乱している」)6)感情的な自覚の欠如(例:「私は自分の気持ちに注意を払う」逆スコア)イタリア語版についてはSighinolfi他を見なさい。[ 36 ]。
2.1.4。精神科スケール
鬱病の症状はベック鬱病目録(BDI-II)を用いて評価された:BDI-IIは自己申告による21問の目録であり、それは鬱病の重症度を測定するために最も広く使われている手段の一つです。中等度/重度のうつ病はBDI> 20のスコアによって示されている間著者の推奨に従って0から63までの合計スコアの範囲は、BDIスコア> 13は、抑うつ症状の指標である38、43 ]。この研究では、ISIスコアとの共線性を回避するために、項目16(すなわち睡眠の変化)を含まない調整された総BDI-IIスコアを使用した。
躁病の症状は、Young Mania Rating Scale(YMRS)を用いて調べた。これは、患者への面接を行う間に臨床医によって完成されるべき道具である。それは11項目のスケールです。臨床医は、過去48時間に患者から提供された主観的な情報および面接中の行動の臨床観察に基づいて、症状の重症度を0(症状なし/正常行動)から4(極端な逸脱)まで評価した。アンケートの開発者によると、項目5、6、8、および9には合計スコアを計算するための二重の重みがあります。YMRSの > 7スコアは[躁病症状の指標である 39、44 ]。
自殺念慮は、自殺念慮の尺度(SSI)を用いて評価された[ 37 ]。それは、自殺念慮の3つの側面を評価する19の項目から成ります:能動的自殺願望、自殺の具体的な計画、および受動的自殺願望。各項目は0〜2の3段階で評価されます。合計スコアは0〜38の範囲で、合計スコアが高いほど自殺念慮の重大度が大きくなります。成人自殺傾向にいくつかの以前の研究でスコア≥6は、臨床的に有意な自殺念慮[ためのカットオフ閾値として使用されている37、45 ]。
2.2 。統計分析
統計分析はNCSS(2008)を用いて行った。結果は平均値±標準偏差(SD)として表した。Shapiro Wilk検定を使用して、変数の正規性をチェックしました。不眠症症状を伴う双極性障害を有する対象(ISI≧8)と不眠症症状を伴わない双極性障害を有する対象(ISI <8)との間の平均の違いは、正規分布変数に対するt 検定、またはマンホイットニーのU / Wilcoxon検定を用いて評価した。非正規分布変数 カテゴリカル変数は、χ2検定によって分析されました。平均p値は、Bonferroni補正を使用してテスト数に対して調整されました。先験的な電力推定分析は、0.8の電力でn = 35のサンプルサイズを提供した。一変量線形およびロジスティック回帰他の要因(躁病/鬱病症状、現在の精神医学的合併症、現在の薬理学的治療、精神障害の家族歴)を考慮に入れながら、双極性障害を有する対象のグループにおける不眠症症状、情動異常および自殺の間の相関関係を試験するために分析を行った。病気の期間)。 次に、従属変数として感情の調節異常と自殺傾向を用いて多重線形回帰モデルを構築した。値と一変量解析における従属変数との間に有意な相関(p <0.05)がある場合には、その値を独立変数として用いた。全ての重回帰モデルを多重共線性について調べた。中心相関の固有値で分散インフレ率> 10 および条件数> 100 の変数がモデルから除外されました。仲介分析ソーベル試験を使用して[ 46これらの変数間の関係の根底にあるかもしれない潜在的なプロセスを研究するために実行されました。調停のすべての経路がテストされました。
3 。結果
3.1 。記述統計と比較分析
評価された130人の潜在的参加者のうち、77人の被験者(n°48、62.3%女性、平均年齢48.4±12.4歳)が、特徴が混在する双極性障害II型うつ病エピソードの包含/除外基準を満たした。同様に他の精神障害および睡眠障害を患っていた28人の被験者および評価を完了していなかった25人の被験者が最後のサンプルから最後に除外された。不眠症の症状がある場合とない場合の双極性障害を有する被験者間の比較は、不眠症を有する被験者がうつ症状と自殺傾向を評価する評価尺度、および感情調節においてより高いスコアを示すことを示した。。特に、不眠症を患っている我々のサンプルの患者は、衝動制御、効果的な規制戦略へのアクセス、感情の受容、および目標指向行動への取り組みにおいて、より高い困難を経験する可能性が高かった(表1)。
表1。人口統計学的および心理測定的変数
不眠症を伴う双極性障害の被験者
(n = 54) 不眠症のない双極性障害の被験者
(n = 23) p
年齢(歳) 47.6±12 50.3±13 0.371
性別(女性)n°(%) 35(62.3) 10(63.8) 0.494
病気の期間(年) 18.2±12.6 20.4±11.6 0.483
家族歴の正の数n°(%) 41(77.6) 18(77.6) 0.818
ISI不眠症の症状 12.9±4.9 3.2±1.9 < 0.001 DERSの総合的感情異常調節不全 111.1±19.3 94.6±18.1 0.001 DERS不受理 19.8±5.8 14.1±5.7 0.001 目標行動におけるDERSの困難 17.5±4.3 14.2±4.3 0.017 DERSの感情的衝動 15.9±4.9 12.4±3.8 0.003 DERSは規制戦略を困難にする 25.1±6 19.1±6.5 0.001 DERSによる感情の明瞭度の低下 13.3±2.8 13.3±52.9 0.278 DERSは感情的な意識の欠如 19.7±6.3 21.3±3.5 0.797 BDI-IIうつ症状 23.3±11 16.7±8.2 0.014 YMRS躁病の症状 8.2±5.3 9.2±6.2 0.505 SSI自殺 7.2±5.5 3.7±3.7 0.032 現在の薬物治療 N°(%) N°(%) 抗うつ薬 12(56.8) 28人(56.8人) 0.595 気分安定剤 40(55.8) 12(55.8) 0.102 リチウム 34(64.9) 11(64.9) 0.434 ベンゾジアゼピン 27(56.8) 10(56.8) 0.725 抗精神病薬 35(77) 14(77) 0.944 不安合併症 14人(17.2人) 7(17.2) 0.556 伝説。データは平均値±標準偏差-SDおよび百分率として報告されている。ISI:不眠症重症度指数、DERS:感情調整スケールの難しさ、DERSサブスケール:DERS感情の受け入れ不可、DERS目標行動の難しさ、DERS 衝動性、DERS困難な規制戦略、DERS感情の明瞭さの欠如、DERS感情的な認識の欠如。BDI-II:ベックうつ病インベントリ、YMRS:ヤングマニア評価尺度、SSI:自殺念慮の尺度。太字での意味 3.2 。変数間の相関 3.2.1 。情動異常調節の決定要因 我々は、双極性患者において単変量解析を使用して、感情の調節不全と、不眠症および鬱症状の両方との間の統計的に有意な正の相関関係を見いだした(表2)。考慮された他の変数との相関は観察されなかった(病気の期間p = 0.72、精神病の家族歴の陽性p = 0.73、ベンゾジアゼピン:p = 0.75、抗鬱剤:p = 0.86、神経弛緩薬:p = 0.99、リチウム:p = 0.17、気分安定化剤:p = 0.78、不安罹患率p = 0.36)。 表2。単変量および多変量回帰に分析する感情調節不全を有する患者における双極性障害。 一変量 多変量 B p B p DERS ISI 1.12 0.002 0.76 0.018 BDI-II 0.96 < 0.001 0.86 < 0.001 YMRS 0.01 0.092 – – DERS不受理 ISI 0.47 < 0.001 0.35 < 0.001 BDI-II 0.31 < 0.001 0.26 < 0.001 YMRS 0.04 0.723 – – 目標行動におけるDERSの困難 ISI 0.19 0.011 0.11 0.131 BDI-II 0.18 < 0.001 0.17 < 0.001 YMRS 0.04 0.588 – – DERSの衝動性 ISI 0.16 0.044 0.082 0.323 BDI-II 0.17 < 0.001 0.171 < 0.001 YMRS 0.14 0.013 0.142 0.092 DERSは規制戦略を困難にする ISI 0.41 0.001 0.27 0.001 BDI-II 0.35 < 0.001 0.31 < 0.001 YMRS 0.05 0.668 – – 凡例:DERS間の単変量および多変量回帰分析の結果:感情規制尺度およびDERS部分尺度の難しさ:DERS感情の受け入れの難しさ、DERS目標行動の難しさ、DERS 衝動性、DERS難しさ規制戦略およびその他の変数。ISI:不眠症重症度指数、BDI-II:ベックうつ病目録、YMRS:ヤングマニア評価尺度およびその他の変数。B =標準化されていない回帰係数。太字での意味 重回帰などの従属変数、抑うつおよび不眠の症状のような感情調節不全を含むモデルの独立変数は、(F = 7.2、0.001≤P)有意見出されました。両方の変数は、感情の調節異常に関連したままでした。(表2)。 感情を受け入れないこと、目標指向の行動に従事することの困難さ、感情的衝動性、および規制戦略の困難さなどのDERS下位尺度はすべて、不眠症症状と有意に関連していた(表2)。 これらのDERSサブスケールと他の考慮される変数との間に相関関係は見つかりませんでした。 3.2.2 。自殺の決定要因 双極性障害を有する対象における一変量分析は、自殺傾向、鬱病および躁病の症状、情動異常調節および不眠症の間に正の相関を示した(表3)。さらに、感情的衝動と規制戦略の難しさとの相関関係も明らかになりました。自殺傾向と考慮される他の変数との間に相関関係は見いだされなかった(疾患期間p = 0.77、精神疾患の家族歴陽性p = 0.12、ベンゾジアゼピン:p = 0.55、抗鬱剤p = 0.32、神経弛緩薬:p = 0.42、気分安定剤:p = 0.32 、不安共存症p = 0.75)。 表3。双極性障害を有する被験者における自殺傾向に関する単変量および多変量回帰分析。 SSI 一変量 多変量 B p B p ISI 0.29 0.008 0.17 0.098 DERS 0.07 0.023 0.09 0.132 DERS不受理 0.19 0.077 – – DERSの目標 – 行動 0.27 0.072 – – DERSの衝動性 0.50 < 0.001 0.38 0.032 DERS規制戦略 0.26 0.007 0.16 0.383 BDI-II 0.17 0.003 0.12 0.052 YMRS 0.36 0.001 0.31 0.003 伝説。SSIの間の単変量および多変量回帰分析の結果:自殺念慮の尺度および考慮される他の変数。ISI:不眠症重症度指数、DERS:感情規制尺度の難しさ、DERSサブスケール:DERS感情の非受容、DERS目標行動の難しさ、DERS 衝動性、DERS難しさ規制戦略およびその他の変数。BDI-II:ベック鬱病目録、YMRS:若年躁病評価尺度、B =標準化されていない回帰係数。太字での意味 従属変数としての自殺、不眠症症状、躁病/うつ病、独立変数としての情動異常調節を含む重回帰モデルは有意であり(F = 6.2 p≦0.0001)、感情的衝動性および躁病症状は依然として有意であった。 3.2.3 。メディエーション分析 我々はまた、不眠症の症状と考えられる他の要因との間の情動調節不全の媒介的役割を仮定し、その下の潜在的な過程を同定した。調停分析はとして(DERS合計スコア)感情調節不全を行ったメディエータ不眠症症状(ISIスコア)と抑うつ症状(BDI-IIスコア)の間です。それは感情の調節不全の仲介効果を明らかにした(Z = 2.98、p = 0.004)。感情的衝動性は、不眠症症状と自殺傾向との間の関連性(SSIスコア)を媒介した(図1Z = 2.07、p = 0.037)。他の媒介分析は有意ではないことが証明された。 図1 高解像度画像をダウンロード(138KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。メディエーション分析 感情的衝動は不眠症の症状と自殺の関連性を仲介した。a:独立変数とメディエータの間の関連付けに対する標準化されていない回帰係数、SEa = aの標準誤差。b:メディエータ(独立変数の存在下)と従属変数との間の関連付けのための係数、SEb = bの標準誤差。Z =ソーベル検定値。太字での意味 4 。討論 双極性障害IIと診断された被験者のサンプルを混同した特徴を有するうつ病エピソード中に観察し、彼らの躁病/うつ症状、現在の薬理学療法およびその他の原因となりうる臨床/人口統計学的要因を考慮しながら不眠症症状、感情調節異常および自殺傾向を評価した気分障害。 我々の結果は、不眠症の症状が双極性障害の重要な特徴であるかもしれないという見解を確認します。不眠症の症状を有する患者は、不眠症のない対象と比較して、重症度の高い鬱症状、感情調節の困難性、特に衝動性、および自殺の危険性が高かった。不眠症の症状は、双極性障害の被験者における情動異常、感情的衝動および自殺傾向と有意に相関していた。 我々のサンプルのうち、不眠症の被験者は以前に観察されたようにより高い程度で抑うつ症状を経験し[ 9 ]、そして感情調節に関してより高い困難を経験した。特に彼らは感情の受容、目標指向の行動への従事、衝動の管理、そして効果的な規制戦略へのアクセスの制限において困難を示した。これらのデータは、の間の関連についての以前の証拠をサポートすることができる睡眠障害送金段階中双極性患者および感情調節不全[ 11、12 ]。不眠症の患者も不眠症のない患者よりも高い自殺傾向を示し、不眠症と自殺傾向の関連についてのデータを支持している。[ 20]、32]。 双極性障害を有する対象において、感情調節不全は、鬱症状だけでなく不眠症症状とも相関していた。興味深いことに、不眠症の症状は、感情の受容、目標指向の行動への従事、衝動の抑制、効果的な規制戦略へのアクセスの制限などの困難と相関していました。これらのデータは、貧困層の役割について、以前の証拠と一致している睡眠の質双極性患者における感情調節不全[ 11、12 ]。 同じラインで、自殺傾向が以前に観察されたように、特に感情的な衝動におよび規制戦略の難しさに、躁、抑うつ症状と感情調節不全に関連していた[ 47 ]が、また、不眠症の症状に。確かに、感情的衝動性および躁症状は、自殺傾向とより強く関連する要因でした。 調停分析の結果は、この研究の仮説を裏付けた。感情の調節不全は、不眠症の症状と双極性症状の間の関係、特に鬱症状と自殺傾向を仲介するかもしれない。特に、感情的衝動性は、双極性障害を有する対象における不眠症と自殺傾向との間の関係において役割を果たす可能性がある。 本研究は、睡眠障害、特に不眠症がもたらす可能性がある間、睡眠が気分および感情の調節に重要な機能を有することを示す実験的研究から来る証拠を支持するかもしれない[48]、[49]、[50]、[51]。不適応な感情的な規制、およびその結果としての経験に誇張された神経や行動反応[に11、24、25、27 ]。睡眠障害は、衝動や攻撃的行動【に連結されている19、44 ]その結果、自殺のリスク増加に(概要については、参照[ 20 ])。 睡眠が妨げられると、感情処理のトップダウン調節が損なわれるという証拠が証明された[ 27 ] 、[ 28 ]:不眠症に罹患している個人では、感情調節の根底にある神経回路の機能障害が報告されました。29 ])。このようの体積の減少など不眠症を有する個体において脳構造で観察された変化、前頭前皮質と増加扁桃体のボリューム[ 29 ]、実際に強化感情的な反応に関与している[ [21] 、[22] 、[ 23]]。さらに、睡眠障害が認知機能を損なうことは、単純なタスクを含む意思決定プロセスに関係していることを示唆するかなりの証拠があります。また、主に前頭前野[内神経活動によって制御され、高次認知過程、影響を与える可能性のある 29、30 ]。さらに、一部のデータは、実行機能の障害に関連する頭頂皮質と内側前頭前野の間の不眠症に罹患している個人における機能的結合性の低下を示唆している[ 52]。]。この知見は、睡眠障害が意思決定に関与する腹内側領域を含む前頭脳領域の機能的結合性を有意に低下させることを示す実験的睡眠喪失の研究を通して実証されている[ 30 ]。おそらく、睡眠障害が前頭前野の皮質機能に与える影響は、感情に対する制御の喪失、すなわち状況に応じた行動を伴う攻撃的な衝動の制御に対する損失に寄与します[ 19 ]。したがって、不眠症の症状は、感情価の全範囲にわたる反応性の増幅と関連している可能性があります。そのため、彼らは潜在的に混乱[睡眠に関連した判断と意思決定で報告赤字に貢献するかもしれない30、53 ]。 双極性障害を有する対象における睡眠障害、すなわち不眠症の評価は、その潜在的な治療上の意義および長期的な結果を伴う予防的治療戦略のために双極性障害を有する対象の日常的な臨床評価に含まれるべきである。既に仮定したように、双極性障害における睡眠障害の治療は、[障害の軌道を改善することができる 10、17 ]。双極性障害を有する対象における情動異常、衝動性および自殺に対する不眠症治療の効果を研究するためにさらなる研究が必要である。 我々の結果は、不眠症症状の生理学的尺度の欠如を含むいくつかの制限に照らして解釈されるべきです。第二に、媒介分析の使用にもかかわらず、研究の断面設計は因果解釈を制限します。その結果、リスクの方向性と現在の調査結果の一般化可能性を調べるために縦断的研究が必要です。 結論として、本研究は以下のことを示唆している。i)不眠症の双極性障害患者は、不眠症の患者と比較して、より重症度の気分症状、情動調節の困難、およびより高い自殺リスクを保持する可能性がある。ii)不眠症の症状は、感情の調節異常、特に感情的衝動、規制戦略の困難さおよび自殺傾向を予測する可能性がある。iii)感情的衝動性は、双極性障害を有する対象における不眠症と自殺傾向との間の関係において仲介的役割を果たす可能性がある。 これらの所見は臨床的および治療的な意味を持つ可能性があります。特に、双極性被験者における不眠症の評価は、早期の不眠症介入戦略から恩恵を受ける可能性のある人を特定するために優先されるべきです。 了承 無し。 利益相反 この研究は、公共、商業、または非営利の各セクターの資金提供機関から特別な助成を受けていません。宣言する利益の衝突はありません。 参考文献 [1] アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計のマニュアル (第5版(DSM-5))、American Psychiatric Pub 、ワシントン(2013 ) Google Scholar [2] HU Wittchen 気分障害の重荷 Science、338(2012)、p。15年 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [3] A. Schafferの、ET Isometsä 、L. トンド、H. モレノ、G. Turecki 、C. レイス、ら。 自殺に関する国際双極性障害専門委員会タスクフォース:双極性障害における自殺未遂と自殺死亡の相関のメタ分析とメタ回帰 バイポーラDisord 、17 (2015 )、頁。1 – 6 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [4] HA Whiteford 、L. Degenhardtの、J. レーム、AJ バクスター、AJ フェラーリ、HE アースキン、ら。 精神的および物質使用障害に起因する世界的な疾患の負担:世界的な疾患の負担に関する研究2010年の調査結果 ランセット、382 (2013年)、頁。1575 – 1586年 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [5] AJ フェラーリ、RE ノーマン、G。 フリードマン、AJ バクスター、JE ピルキス、MG ハリス、他。 自殺の危険因子としての精神的および物質的使用障害に起因する負担:2010年の世界疾病負荷研究からの所見 PLoS One 、9 (2014 )、第91936 Google Scholar [6] E. Isometsä 気分で自殺行動障害、誰が、いつ、なぜ? 缶J精神医学、59 (2014 )、PP。120 – 130 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [7] アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計のマニュアル (ワシントン第3版(DSM-III))、American Psychiatric Pub (1980 ) Google Scholar [8] J. グルーバー、DJ Miklowitz 、AG ハーベイ、ら。 睡眠の問題:双極性障害における睡眠機能と病気の経過 JはDisord影響、134 (2011 )、頁を。416 – 420 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [9] PA ジョフロワ、J. スコット、C. Boudebesse 、ら。 寛解型双極性障害患者における睡眠:アクティグラフィー研究のメタ分析 ACTA Psychiatr Scand 、131 (2015年)、頁。89 – 99 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [10] PA ジョフロワ、JA Micoulaudフランキ、R. ロペス、ら。 双極性障害における睡眠障害の特徴付けと治療方法 Encéphale 、43 (2017 )、頁363 – 373 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [11] JC Kanady 、午前 Soehnera 、AGA ハーヴェイ 双極性障害の過程にわたる睡眠障害の遡及的検査 J Sleep Disord Ther 、30 (2015 )、p。4 Google Scholar [12] C. Boudebesse 、C. ヘンリー・ 双極性障害と送金患者における感情過敏性および睡眠障害 Encéphale 、38 (2012 )、頁173 – 178 Google Scholar [13] B. Etainの、O. ゴダン、C. Boudebesse 、V. オーバン、JM Azorin 、F. Bellivier 、ら。 双極性障害における睡眠の質と感情反応性クラスターおよび機能への影響 Eur Psychiatry 、45 (2017 )、pp。190 – 197 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [14] PS リッター、M. Höfler 、HU Wittchen 、ら。 その後の双極性障害発症の危険因子としての睡眠障害 – 青年および若年成人における10年間の前向き縦断的研究からのデータ J Psychiatr RES 、68 (2015 )、頁。76 – 82 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [15] PS リッター、C. マルクス、N. Lewtschenko 、ら。 明らかな双極性障害を有する患者、疾患を発症する危険性が高い対象および健康な対照における睡眠の特徴 J Neural Transm 、119 (2012 )、pp。1173 – 1184 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [16] PS リッター、C. マルクス、M. バウアー、K. レオポルド、A. Pfennig 双極性障害の早期発見における睡眠障害の役割:系統的レビュー バイポーラDisord 、13 (2011 )、頁227 – 237 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [17] 双極性障害における睡眠障害に対する AG Harvey 、KA カプラン、AM Soehnerの 介入 睡眠メッドCLIN 、10 (2015 )、PP。101 – 105 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [18] M. Pompili 、M. Innamorati 、A. フォルテ、ら。 致死率の高い自殺企図の予測因子としての不眠症 INT J CLIN PRACT 、67 (2013 )、頁1311 – 1316 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [19] J. Kamphuis 、DJ ダイク、M. Spreen 、M. ランセル 法医学精神病患者における睡眠不足、衝動性と攻撃性の関係 Physiol Behav 、123 (2014 ) (168-7) Google Scholar [20] AA ウォズニカ、CE カーニー、JR クオ、TG モス 不眠症と自殺リンク:この関係の理解を深めるために スリープメッド改訂、22 (2015 )、頁、37 – 46 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [21] JJ グロス、RA トンプソン 感情規制:概念的基盤 JJ Gross (編)、『感情規制ハンドブック』、ギルフォードプレス、ニューヨーク、ニューヨーク、アメリカ(2011 ) Google Scholar [22] C. ヘンリー、M. フィリップス、E. Leibenluft 、K. M’Bailara 、J. Houenou 、M. Leboyer 双極性障害のマーカーとして感情障害 Front Biosci 、4 (2012 )、pp。2622 – 2630 CrossRef Google Scholar [23] SG ホフマン、AT ソーヤー、A. 牙、A. Asnaani 気分や不安障害の感情調節不全モデル 憂うつ不安、29 (2012 )、pp。409 – 416 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [24] C. バリオーニ、K。 シュピーゲルホルダー、C。 ロンバルド、D。 リーマン 睡眠と感情:不眠症に焦点を当てて Sleep Med Rev 、14 (2010 )、pp。227 – 238 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [25] E. Altena 、JA Micoulaud-Franchi 、PA Geoffroy 、E. Sanz-Arigita 、S. Bioulac 、P. Philip 情動反応性と睡眠の間の双方向の関係:混乱から回復まで Behav Neurosci 、130 (2016 )、pp。336 – 350 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [26] D. リーマン、C. ニッセン、L. Palagini 、A. Otte 、ML ペルリス、K. Spiegelhalder 神経生物学、調査、および慢性不眠症の治療 Lancet Neurol 、14 (2015 )、pp。547 – 558 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [27] SS ユ、N. Gujar 、P. 胡、FA Jolesz 、MP ウォーカー 睡眠前前頭扁桃体の切断せずに、人間の感情的な脳 CURR BIOL 、17 (2007 )、頁877 – 878 Google Scholar [28] AJ クラウス、EB サイモン、BA マンダー、他。 睡眠不足の人間の脳 Nat Rev Neurosci 、18 (2017 )、pp。404 – 418 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [29] KR ロッサ、SS スミス、AC アラン、KA サリバン 睡眠抑制が実行抑制抑制に与える影響と若年成人への影響 J Adolesc健康、55 (2014 )、頁287 – 292 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [30] EJ ヴァンSomeren 、C. Cirelli 、DJ ダイク、E. ヴァンCauter 、S. シュワルツ、MW チーは 睡眠を破壊:分子から認知へ J Neurosci 、35 (2015 )、pp。13889 – 13895 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [31] A. Acheson 、JB Richards 、H. de Wit 男性と女性の衝動的行動に対する睡眠不足の影響 Physiol Behav 、91 (2007 )、pp 579 – 587 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [32] WV McCall 、CG Black 自殺と不眠症との関係:理論的メカニズム Curr Psychiatry Rep 、15 (9 )(2013 )、p。389 Google Scholar [33] MB ファースト、JBW ウィリアムズ、RS カルグ、RL スピッツァー Andrea Fossati 、Serena Borroni (編)、SCID-5-CV。Intervista Clinica StrutturataによるDisturbi del DSM-5。クリニコ、ラファエロコルティナエディトーレ、ミラノ(2017 )のバージョン Italiana a cura di Google Scholar [34] モリンCM 不眠症 心理評価と管理 Guilford Press 、ニューヨーク(1993 ) Google Scholar [35] KL Gratz 、L. Roemer 感情調節および調節異常の多次元評価:発達、因子構造、および感情調節スケールにおける困難性の初期検証 J Psychopathol Behav Assess 、30 (2004 )、p。315 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [36] C. Sighinolfi 、A. Norciniパーラ、L. ロッコ知里、I. マルケッティ、C. シーカの 感情調節スケールにおける困難(DERS):Traduzione E adattamento Italianoと Psicoterapia Cognitiva E Comportamentale 、1 (2010 )、頁。1 – 44 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [37] AT ベック、M. コバチ、A. ワイスマン 自殺の意図の評価:自殺念慮のスケール J Consult Clin Psychol 、47 (1979 )、p。343 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [38] AT Beck 、RA Steer 、R. Ball 、W. Ranieri 精神科外来患者におけるベック鬱病目録-IAと-IIの比較 J Pers Assess 、67 (1996 )、pp。588 – 597 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [39] RC Young 、JT Biggs 、VE Ziegler 、DA Meyer マニアの評価尺度:信頼性、妥当性、感度 Br J精神医学、133(1978)、p。429 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [40] VI Spoormaker 、I. ファーベーク、J. ヴァンデンバウト、EC KLIP SLEEP-50アンケートの初期検証 Behav Sleep Med 、3 (2005 )、p。227 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [41] G. Measso 、F. Cavarzeran 、G. Zappalà DEV Neuropsychol 、9 (1993 )、頁。77 – 85 ScopusのCrossRef ビューレコード [42] V. Castronovo 、A. Galbiati 、S. マレリ、C. Brombin 、F. Cugnata 、L. Giarolli 、ら。 イタリア版不眠症重症度指数(ISI)の検証研究 Neurol Sci 、37 (2016 )、pp。1517 – 1524 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [43] M. Ghisi 、GB Flebus 、A. モンターノ、E. Sanavio 、C. シーカ ベックうつ病インベントリー-II。Manuale Italiano Giunti Editore 、Firenze (2006 ) Google Scholar [44] A. パルマ、P。 パンチェリ スケール GB カッサーノ、P. Pancheri 、ら。(編)、Trattato Italiano di Psichiatria (Seconda edizione )、マッソンイタリア、ミラノ(1999 ) Google Scholar [45] psichiatriaにおける L. Conti Repertorio delleスケールdi valutazione (参照フィレンツェ) (1999 ) Google Scholar [46] 構造方程式モデルにおける間接効果に対する ME Sobel 漸近信頼区間 Sociol Methodol 、13 (1982 )、PP。290 – 312 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [47] SL Johnson 、CS Carver 、JA Tharp 双極性障害における自殺 傾向 :感情誘発性衝動性の役割 自殺ライフ脅威Behav 、47 (2017 )、頁177 – 192 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [48] MP ウォーカー、E. ファンデルヘルム オーバーナイトセラピー?感情的脳処理における睡眠の役割 Psycholブル、135 (日2009年)、頁731 – 734 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [49] MP ウォーカー 認知と感情における睡眠の役割 Ann NY Acad Sci 、1156 (2009 )、pp。168 – 197 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [50] AN Goldstein 、MP ウォーカー 情動的脳機能における睡眠の役割 アンヌ改訂CLIN Psychol 、10 (2014 )、PP。679 – 708 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [51] CP Fairholme 、R. Mamberの 睡眠、感情、そして感情の調節:概要。睡眠と影響 Elsevier 、アムステルダム(2015 ) Google Scholar [52] Y. のLi 、E. 王、張、ら。 原発性不眠症患者における頭頂および前頭前野皮質間の機能的結合性変化:安静時fMRIからの証拠 Eur J Med Res、19(2014)、p。32 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar [53] L. Perogamvros 、S. Schwartz 睡眠と感情機能 CURRトップBehav Neurosci 、25 (2015 )、頁411 – 431 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 要約を見る ©2018 Elsevier Inc. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0010440X18302116

関連記事はこちら