このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症および睡眠障害のない患者に対する評価された麻酔薬の要件。

仮説は、不眠症が麻酔薬の必要量に影響を与えるというものでした。

手術中の平均呼気終末セボフルラン濃度は不眠症群で高かった。

両群の手術中のバイスペクトル指標値は類似していた。

不眠症群では麻酔薬の必要量が増加しました。
抽象
研究目的
ガンマアミノ酪酸(GABA)は中枢神経系における主要な抑制性神経伝達物質です。それは全身麻酔薬の共通の標的であり、そしてそれは慢性不眠症の病因と強く関連している。本研究では、不眠症が麻酔薬の必要量に何らかの影響を与えるかどうかを調べることを目的とし、不眠症との関係を明らかにするために疼痛も評価した。
設計
この研究は前向き観察研究として計画され、施設内審査委員会の承認および書面によるインフォームドコンセントを得てANZCTR(ACTRN12616000241437)を登録した。
設定
訓練研究病院の術前および術後の領域。
患者さん
選択手術として腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けることを計画している入院患者がこの研究に登録された。
介入
睡眠障害の程度を評価する4項目のJenkins睡眠質問票の結果に基づいて、患者を2つのグループに分けた:不眠症の有無にかかわらず。麻酔を標準化し、そして送達されたセボフルラン濃度を両群のビススペクトル指数(BIS)値に従って調整した。
測定値
研究のパラメータは、手術中5分間隔での心拍数、非侵襲性動脈血圧、動脈血酸素飽和度、BIS、呼気終末二酸化炭素濃度、ならびに呼気および呼気終末濃度のセボフルランであった。すべての参加者について疼痛を評価した。術前に両側の空白のボディーマネキン(前面と後面)を使用し、術後の評価尺度は0から10です。
主な結果
セボフルランの呼気終末濃度は、麻酔の維持期の間に不眠症群においてより高いことが見出された。疼痛経験は不眠症群で高かった。また、術後腹痛スコアは不眠症群で18時間間隔でのみ高かった。手術中のBIS値は両群で同様であったが、平均呼気終末セボフルラン濃度は、対照群(1.23 ± 0.18)よりも不眠症群(1.48 ± 0.20)で有意に高かった(P < 0.0001)。 結論 不眠症は麻酔薬の必要量の増加と痛みの経験をもたらすかもしれません。不眠症と麻酔薬との関係を特定するためには、さらなる研究が必要です。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症全身麻酔セボフルランバイスペクトル指数γ-アミノ酪酸 ☆ すべての作者にとって利益相反はありません。 ☆☆ 我々はこの研究に対して組織からの支援を受けていない。 ©2016 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0952818016302069