このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

過覚醒は原発性不眠症で発生します。

高覚醒は、入眠期および夜の最初と最後の3分の3の間に起こります。

過剰覚醒は、SWSおよびREMの欠乏を招く可能性があります。

原発性不眠症に対しては新しい治療法を検討すべきです。
抽象
いくつかの証拠は不眠症の覚醒過多モデルを支持するので、我々は睡眠中のこの現象の動態についてさらに学ぶことを目指した。睡眠検査室のデータベースから募集された 30名の規範的被験者および86名の未治療の原発性不眠症患者からの睡眠ポリグラフデータを、終夜および夜の3分の1に関して調べた。未治療の原発性不眠症患者は、レム睡眠およびノンレム睡眠の欠如とともに、睡眠潜時の増加およびWASOの過剰投与を受けた。一晩中。夜の3分の1に関しては、彼らは夜の最初と最後の3分の1の間にWASOの大過剰を提示しましたが、真ん中の3分の1の間にそれほど重要ではありませんでした。SWSの赤字は夜の最初の3分の1の間に発見されました、しかしREMのために、赤字は最初と最後の3分の1の両方の間に存在していました。原発性不眠症患者は、夜の2/3の間にSWSまたはREMの赤字がありませんでした。我々は、覚醒過多現象が主に夜の最初と最後の3分の3の入眠期間中に発生し、真ん中の3分の1ではそれほど重要ではないことを見出した。これらの結果は、原発性不眠症の病態生理学を理解するための新たな道を切り開きます。
前の記事次の記事
略語
BDIうつ病インベントリDSM IV-TR精神障害の診断と統計のマニュアル第4版 – テキスト改訂HPA視床下部 – 下垂体 – 副腎ISI不眠症の重症度インデックスレム急速眼球運動SE睡眠効率SL睡眠待ち時間SOP入眠期間SPTスリープ期間SWS徐波睡眠TST総睡眠時間WASO入眠後に起きるギャバガンマアミノ酪酸ACTH副腎皮質刺激ホルモン
キーワード
一次性不眠症過覚醒睡眠ポリグラフ病態生理学
©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165178116311076