このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
耳介の有効性と安全性を評価するために、ツボの 瀉血を不眠症の治療に
方法
不眠症の参加者(n = 60)を2つのグループに無作為に分け、心耳点血の治療を受けた。低頻度グループ、1週間に1回、5週間(n = 30)。高頻度群、2週間/週2回(n = 30)。以下の結果は、最初の治療後、4週間、および8週間後にベースラインで盲目的に測定された:ピッツバーグ睡眠品質指数尺度(PSQI)。
結果
グループは、不眠症および人口統計学的特徴についてベースラインでバランスがとれていた。最初の追跡調査時点で、いずれの転帰に関しても群間に有意差はなかった。しかしながら、LFGの治療効果(週1回)は、HFGの治療効果(週2回)より明らかに低い。さらに、2つのグループ間で副作用に有意差はありませんでした。
結論
異なる頻度の心耳点血行を伴う不眠症の治療は有効であり、そして副作用が少ない。より合理的な治療頻度はさらに研究する価値があります。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症耳介ツボランダム化比較試験周波数
前書き
不眠症は、最も一般的な睡眠関連の愁訴であり、プライマリケア環境で報告されている2番目に一般的な(疼痛後の)全体的な愁訴です。1不眠症の症状はさまざまであり、エピソードの長さの一様な特徴付けが欠けているため、発生率や寛解率など他の条件の大きさを定義することは困難です。2 不眠症は、患者の痛みや精神的負担を増大させるだけでなく、身体的および精神的健康、生活の質、および作業効率にも深刻な影響を及ぼします。疫学調査によると、性別、年齢、遺伝的な質および他の自己を含むさまざまな要因が不眠症と密接に関係しています要因、経済的地位、教育、職業、結婚、生活環境およびその他の外的要因、ならびに身体的および精神的な病気および薬物使用。3不眠症の臨床症状は次のとおりです。第一に、睡眠潜時の延長:眠りに落ちる時間は30分以上。第二に、睡眠維持障害:夜間の目覚め≥2回または早朝の覚醒。第三に、睡眠の質の低下:浅い睡眠、夢。第四に、総睡眠時間が短縮されます:通常6時間未満。第五に、日中の残留効果:めまい、エネルギー不足、嗜眠、翌朝の疲労感。4
不眠症は、薬、ハーブ療法、心理療法または理学療法で治療できます。5 一般的に使用されている薬には、ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピン、メラトニン薬、抗うつ薬などがあります。しかしながら、それらの長期使用は疲労、めまい、眠気および他の有害反応を誘発することが容易であり、精神障害、記憶障害、薬物中毒および離脱後のリバウンド不眠症につながる。6 非薬物治療には、認知行動療法、睡眠衛生教育、リラクゼーション療法が含まれます。鍼不眠症の治療は効果的であると考えられています。経穴の臨床選択は、伝統的な漢方薬の理論の観点からの症状パターンの同定を含む。7、8耳介ツボ瀉血は、私たちの国で長い歴史を持っています。それは、鍼との重要な部分である灸。それは、皮膚科疾患科、整形外科疾患科、精神神経疾患科などのような様々な臨床科で広く適用されている。9、10アキュポイント穿刺血とは、三本針の針を使用して房状のツボの先と耳の頂点に出血させることを指します。Shenmen、および経口薬、結果は難治性不眠症の治療のためのこの方法は明らかな治療効果があり、そして不安やうつ病を改善することができることを示しています。11、12
耳介ツボの治療頻度に関するシステムレビューによると、1日1回から1週間に1回、あるいは2週間に1回、月に1回でさえあります。図13は、臨床診療においては、によって治療不眠症の周波数耳鍼治療は主に週2回、時折1時間週間です。より頻繁な治療はより大きな影響を与える可能性があると想定されるかもしれませんが、これはしばしばより大きな副作用をもたらします:失神、局所感染、血腫他。どのくらいの頻度で心耳点血を行うべきかという問題を扱った試験がないために、現在の試験的研究では、心耳点血の2つの頻度(2回/週対1回/週)を探索する試験の実行可能性が検討されています。不眠症。本研究の目的は、不眠症に対する心耳点血の有効性と安全性、そしてそれがどの程度の頻度で行われるべきかを評価することであった。
材料および方法
参加者の選択
研究プロトコルは、首都医科大学(北京、中国)に所属しているFuxing病院の臨床研究に関する検討委員会によって承認された。不眠症の参加者は、病院でポスター広告を通して募集され、下記の厳格な包含および除外基準に基づいて、不眠症検査用紙および参加者履歴シートを使用してスクリーニングされました。各参加者が書面によるインフォームドコンセントを与えることを要求される前に、治療の性質が参加者情報シートに説明されていました。
包含基準
(a)18〜60歳の男性または女性。(b)特発性不眠症(F51.0)のICD-10の基準を満たすこと。(c)PQSIスコア> 6。(d)自発的に参加し、インフォームド・コンセントを理解すること。
除外基準
(a)全身的または外的な障害による不眠症。(b)感染症、重篤な心疾患、器質性疾患および精神疾患に罹患している。(c)真性糖尿病および最適以下の血糖管理の以前の病歴。(d)先週不眠症の治療を受けた患者。(e)過去1週間以内に治療を受けた。(f)凝固障害を有する患者。(g)耳が怪我をしているか、感染しているか、潰瘍化しているか、瘢痕がある。(e)妊娠 (h)鬱病不安および他の精神障害を有する患者(ハミルトン鬱病スケール(HAMD)スコア> 20、ハミルトン不安スケール(HAMA)スコアが21点を超える)。
サンプルサイズ
この研究は、本RCTの準備における予備的研究と考えられたので、参加者の募集、治療および追跡調査に割り当てられた時間に基づいて、60人の参加者のサンプルサイズが適切かつ達成可能であると考えられた。
ランダム化
患者の治療への無作為化は、治療開始前に鍼灸師によって開封されたコンピュータ生成の無作為割付けシーケンスおよび密封された不透明な封筒を使用して、2つのグループに行われる。
鍼師
参加者は鍼治療において40年以上の臨床経験を有するWang博士によって治療された。博士王は耳の使用で良いですツボ 瀉血医療疾患および皮膚科疾患の様々な治療には、特に不眠症、うつ病、高血圧、上、大きな影響を与え、にきびや顔のchiliasm。
材料とニードリング手順
患者は座り、耳を日光にあわせ、綿棒に浸した75%アルコールで耳の腔を日常的に消毒し、滅菌メス(ゴールデンリング、11枚刃)でツボの表面に皮膚を2 mm穏やかに注射した。図1に示すように、2〜3滴の血がツボの表面にあり、深さは適切でした。選択された主な経穴は心臓と皮質下であった。さまざまな症状、肝臓、胆嚢または脾臓によるとそしてマッチングポイントとして胃を選択した。各処置のために、両耳に針を付け、そして滅菌したガーゼを耳腔に覆い、感染を防ぐために水を24時間避けた。治療はHFGで2日ごとに、週に2回、4週間にわたって行われ、合計8回の治療が行われた。LFG、ツボ選択および消毒はHFGと同じであり、治療は2週間ごとに4週間続けて行われ、合計2回の治療が行われた。
高解像度画像をダウンロードする(87KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。耳介ツボ 血療法
結果の測定
独立した研究者(Ni Jing博士)がインタビューで結果を測定しました。治療前(0週)、最初の治療後、治療後(4週目)、最初の追跡期間(8週目)、および2群の患者における臨床効果を評価するために、ピッツバーグ睡眠品質指数尺度(PSQI)を使用した。 2回目の追跡調査期間(第12週)。この方法の安全性を評価するために、耳介ツボの後に局所感染および出血後の痛みなどの有害作用が観察された。
データ分析
カテゴリー変数は頻度と割合で要約されました。それらの分布は、フィッシャーの直接確率検定で評価されました。連続変数は標準偏差の平均または四分位範囲の中央値として報告された。提示を簡単にするために、大きい標本サイズがt検定の頑健性を保証したので、t検定を使用する群平均を提示した。データの乱雑さが調査され、必要と思われる場合、乱雑さが完全にランダムではない場合には、一般に適切な多重代入方法が使用されます。すべての分析は、SPSS 15.0(SPSS Inc.リリース2006.SPSS for Windows、バージョン15.0、米国イリノイ州シカゴ)を用いて行った。両側P <0.05は統計的有意性を示した。 結果 参加者の流れを図2に示します。2015年10月から2016年2月までに、合計60名(男性20名、女性40名)の参加者が鍼治療クリニックに採用され、そのうち5名(HFGに2名、LFGに3名)が不適格であり、55名が無作為に2名グループ:LFG、1回/週(n = 28、8人の男性、19人の女性、年齢、48±13歳)。週2回のHFG(n= 27;男性12、女性16;年齢、49±14歳)(表1)。平均疾患経過は、LFGについて94±23ヶ月、高頻度群について89±27ヶ月であった。。性別、年齢、疾病経過、PQSIスコアおよび異なる治療頻度の両群における包含前の総スコアに有意差はなく、両群のベースライン特性は統計的に差がなく(P > 0.05)、それは両方のグループ。参加者のベースラインの人口統計学的、臨床的特徴(表1)および結果測定値のスコア(表2)は群間でよくバランスがとれていた。
高解像度画像をダウンロード(273KB)フルサイズの画像をダウンロード
図2。試験中の患者の流れ
表1。患者のベースライン人口統計学的および臨床的特徴
項目 HFG(n = 28) LFG(n = 27) χ 2 / Tの値 P値
性別[ n(%)] M 12(42.9) 8(29.6) 2.700 0.100
F 16(57.1) 19(70.3)
年齢(歳、 ± s) 49±14 48±13 0.204 0.839
病気コース(数ヶ月、 ± s) 94±23 89±27 1.110 0.267
注:心臓と皮質下はHFGとLFG群によって選択された主な経穴であった。HFG群は2週間に1回、4週間にわたり毎週2回、合計8回の治療を受けた。LFG群は4週間連続で2週間ごとに治療を受け、合計2回の治療を受けた。母:男性。F:女性。全体のt検定または名義変数の2つの検定は、統計的に有意ではありませんでした(TP = 0.05)。
表2。すべての結果のベースライン値(生データ)
項目 HFG(n = 30) LFG(n = 30) t値 P値
PQSIスコア 13.2±2.9 12.7±2.1 1.839 0.438
睡眠の質 2.8±0.5 2.5±0.7 4.014 0.114
眠りに落ちる時間 2.3±1.2 2.4±1.1 −0.550 0.793
睡眠時間 2.6±0.6 2.3±0.8 1.883 0.095
睡眠効率 2.6±0.6 2.2±0.9 1.923 0.107
睡眠障害 1.2±0.5 1.1±0.3 0.010 0.367
催眠術 0 0
昼間の機能不全 2.2±0.7 2.1±0.8 −0.341 0.883
注:心臓と皮質下はHFGとLFG群によって選択された主な経穴であった。HFG群は2週間に1回、4週間にわたり毎週2回、合計8回の治療を受けた。LFG群は4週間連続で2週間ごとに治療を受け、合計2回の治療を受けた。全体のt検定(またはノンパラメトリックな等価物、Mann-Whitney U検定)は統計的に有意ではありませんでした。
各期間における両群の結果の比較
PQSIスコアは、治療前よりも治療後の各段階で、高頻度群と低頻度群の両方で有意に低かった(P <0.05、表3)。 表3。各期間における両群の結果の比較( ±s ) 項目 治療前 初回治療後 4週間(治療終了) 8週間(フォローアップ) HFG(n = 30) LFG(n = 30) HFG(n = 30) LFG(n = 30) HFG(n = 28) LFG(n = 27) HFG(n = 28) LFG(n = 27) PQSIスコア 13.21±2.93 12.67±2.07 6.47±3.45 a b 6.13±2.52 a 5.86±3.43 9.79±4.54 6.21±3.59 9.96±5.07 睡眠の質 2.76±0.51 2.50±0.69 0.82±0.39 a b 1.10±0.55 a 1.03±0.68 1.89±1.10 0.97±0.73 1.82±1.02 眠りに落ちる時間 2.28±1.22 2.36±1.10 0.86±0.70 a b 1.00±0.95 a 1.14±1.03 1.64±1.28 1.21±0.98 1.64±1.28 睡眠時間 2.65±0.55 2.32±0.77 1.04±0.64 a b 1.20±0.61 a 1.07±0.70 1.79±0.99 1.24±0.64 1.82±0.94 睡眠効率 2.55±0.57 2.17±0.90 0.90±0.99 a b 0.83±0.83 a 0.59±0.83 1.68±1.10 0.76±0.95 1.75±1.14 睡眠障害 2.20±0.49 1.82±0.31 1.04±0.00 a b 0.90±0.31 a 0.96±0.33 1.00±0.27 1.00±0.27 1.23±0.16 催眠術 0 0 0 0 0.07±0.26 0.19±0.49 0.14±0.33 0.38±0.69 昼間の機能不全 2.17±0.71 2.14±0.80 0.97±0.56 a b 1.03±0.49 a 0.93±0.53 1.36±0.73 0.82±0.68 1.46±0.74 注:心臓と皮質下はHFGとLFG群によって選択された主な経穴であった。HFG群は2週間に1回、4週間にわたり毎週2回、合計8回の治療を受けた。LFG群は4週間連続で2週間ごとに治療を受け、合計2回の治療を受けた。HFGとLFGの両方は治療前より有意に低かった(P < 0.05)。しかし、HFGとLFGの間に有意差はなかった(P> 0.05)。
ある
治療前と比較して、P<0.05。
b
LFGと比較してP <0.05。
最初の治療の終わりに、HFG(6.5±3.4)とLFG(6.1±2.5)におけるPQSIスコアは治療前(HFGでは13.2±2.9、LFGでは12.7±2.1、P <0.05 )と比較して有意に減少した。、表3 )。睡眠の質、入眠時間、睡眠時間、睡眠効率、睡眠障害、昼間の機能障害を含む7つの評価指数は、治療後に両群で減少し、その差は統計的に有意であった( P <0.05、表3)。)しかしながら、処置後のHFGとLFGとの間に即時効果において有意差はなかった。4週間の治療の終わりに、両群のPQSI総スコア、睡眠の質、睡眠時間、睡眠効率スコアは治療前のそれより低く、そして統計的有意性を示した。そしてPQSIスコアにおけるHFGはLFGより高く、そして統計的有意性を持つ。治療後、2群の睡眠時間、睡眠障害、睡眠薬および日中機能不全スコアは治療前より有意に低く、そしてその差は統計的に有意であった。しかしながら、2群間に有意差はなかった(P » 0.05)。 8週間の追跡調査で、両群のPQSI総スコア、睡眠の質、睡眠時間、睡眠効率スコアは治療前のそれより低く、そして統計的有意性を示した。そしてPQSIスコアにおけるHFGはLFGより高く、そして統計的有意性を持つ。 有害な影響 試験期間を通して報告されたのは、ほんのわずかな発生率だけでした。LFGに有害事象はありませんでした。HFGでは、2人の参加者が軽度の皮下血腫を報告し、数日後に消失した。これらはすべてわずかな副作用でした(表4)。 表4。副作用報告書 参加者番号 HFG-A13 HFG-A18 有害な影響 地域感染 地域感染 主な症状 皮下血腫 皮下血腫 開始日 2015/11/2 2015/12/19 退職日 2015/11/5 2015/12/21 結果 後遺症がなくても症状は消える 後遺症がなくても症状は消える 特徴 しつこい しつこい 重大度 モニール マイナー 対策 一時停止後に再開 一時停止後に再開 治療との関係 いいえ いいえ 治療を修正する いいえ いいえ 出口 いいえ いいえ 討論 不眠症の治療では、耳、心臓、皮質、肝臓、胆嚢、脾臓、胃が耳の中にあることを選択し、神経や体液を調節して睡眠を改善することで現代の医学研究を達成することができます。14 で処理された鍼治療、ニードリングは、おそらく直接的神経と上の彼らの主な効果に依存している筋肉刺激。表面的なニードリングは、局所的な神経終末の感受性を高める炎症性メディエータの放出を伴って、円錐状の組織損傷を生じさせることによって作用し、その結果、自明な偶発的な刺激が長期間にわたってCNS阻害作用を誘発し続けることが示唆される。15年 私達の臨床診療では、時折毎週の治療、これは患者にもっと便利な選択肢と少ない副作用を与えます。したがって、本研究では、比較の2つの側面の有効性と副作用から、不眠症の 2つの異なる周波数耳鍼治療を選択しました。結果は、不眠症の即時効果と長期効果の両方がLFGで有意に改善されたことを示した(週に1回)。しかしながら、LFGの治療効果(週1回)は、HFGの治療効果(週2回)より明らかに低い。さらに、2つのグループ間で副作用に有意差はありませんでした。鍼治療の投与量は結果に重要な影響を与えると考えられています。15、16さまざまなスタイルの鍼治療の実践が存在し、特定の症状に対する最適な鍼治療に関する合意がないことは、一部の患者が最良の治療を受けていないことを意味します18、しかし異なる用量の効果を比較するために行われたRCTはほとんどありません周波数。 結論として、耳介使用不眠症の治療ツボを 瀉血異なる周波数では有効であり、より少ない副作用を持っています。より合理的な治療頻度はさらに研究する価値があります。 謝辞 私たちはこの作品に関する洞察に満ちた提案について編集者とJCSMの匿名レビューアに感謝します。 参考文献 1 MW Mahowald 、G Kader 、CH Schenck 睡眠障害の臨床カテゴリI 連続、3 (4 )(1997 )、頁。35 – 65 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 2 JG エリス、ML パーリス、LF ニールレ、カリフォルニア州 エスピー、CH バスティアン 不眠症の自然史:急性不眠症の有病率と発生率に焦点を当てる J Psychiatr Res 、46 (10 )(2012 )、p。1278年 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 3 HP Attarian 、MW 不眠症の MW Mahowald 臨床ハンドブック ヒューマナプレス、ニュージャージー(2010 )、頁。81 – 87 Google Scholar 4 L Mennabarreto 睡眠障害および覚醒障害の診断分類。1979年初版。睡眠障害センター協会と睡眠の精神生理学的研究のための協会 スリープ、2 (1 )(1979 )、頁。1 – 154 Google Scholar 5 不眠症治療のための H Cao 、X Pan 、H Li 、J Liu 鍼治療:無作為化対照試験の系統的レビュー J Altern Complement Med 、15 (11 )(2009 )、pp。1171 – 1186 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 6 RR Bootzin 、DR エプスタイン 不眠症の理解と治療 Annu Rev Clin Psychol 、7 (1 )(2011 )、pp。435 – 458 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 7 78症例の難治性不眠症の治療における FU Xinling 針療法と医学 Guang Ming Zhong Yi 、31 (15 )(2016 )、pp。2201 – 2202 Google Scholar 8 D Yang 、GQ Huang 100例の2型糖尿病に対する鍼治療の治療効果に関する臨床所見 ジェン九トゥイのNaザ志、2 (6 )(2004 )、頁。34 – 35 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 9 Y Chen 、Z Fan 軽度から中等度の全般性不安障害を治療するための耳鍼血出血と電気鍼療法の組み合わせに関するランダム化比較試験 西安ダイ・イヤオ偉盛、29 (13 )(2013 )、頁1928年- 1930年 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 10年 HT 劉、WH 朱、X 鵬、ら。 高リポタンパク血症患者における血中脂質に対する耳介プラスターおよびエルジアン出血の影響 湖南忠儀八尾ダ雪雪バオ、29 (3 )(2009 )、頁。66 – 67 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 11 DL 市 28例の鍼治療不眠症、レポート J Traditチンメッド、23 (2 )(2003 )、PP。136 – 137 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 12年 LF Yang 、YQ Zhu 電気経穴で治療した不眠症の40例 Liaoning Zhong Yi Yao Da Xue Xue Bao 、7 (6 )(2005 )、p。613 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 13年 YM Di 、BH May 、AL Zhang 、IW Zhou 、C Worsnop 、CC Xue タバコの禁煙のための鍼治療、耳指圧治療および耳介治療のメタアナリシス 薬物アルコールはディペン、142 (2014 )、頁14 – 23 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 14年 DK Cheuk 、WF Yeung 、KF Chung 、V Wong 不眠症に対する鍼治療 コクランデータベースSyst Rev (3 )(2007 ) CD005472。 Google Scholar 15年 P マーカス 鍼治療に向けて Acupunct Med 、12 (2 )(1994 )、p。78 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 16 不眠症治療のための H Cao 、X Pan 、H Li 、J Liu 鍼治療:無作為化対照試験の系統的レビュー J Altern Complement Med 、15 (11 )(2009 )、pp。1171 – 1186 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 18年 A ホワイト、M カミングス、P バラス、等。 神経生理学的アプローチを用いた適切な用量の鍼治療の定義 – 文献の物語レビュー Acupunctメッド、26 (2 )(2008 )、PP。111 – 120 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 引用されていない参照 17年 HY チェン、Y 市、CS ン、SM チャン、KK ヨン、QL 張 不眠症のための耳介の鍼治療:システマティックレビュー J Altern Complement Med 、13 (6 )(2007 )、p。669 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード TCM科学研究特別基金(201407001-13)によって支援されている。漢方薬データセンターのキーテクノロジーに関する研究; 中国医学科学アカデミー(No. Zz060815)の国家選択Tcmデータセンターの開発戦略と計画に関する研究 国家科学技術省から資金提供された「科学技術支援プログラム」(2013BAI02B10):「疾患と症状との組み合わせ」の医学モデルにおける漢方薬の実世界臨床研究方法論 要約を見る 著作権©2018年漢方薬定期刊行物プレス。Elsevier BVによる制作とホスティング https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0254627218309166