このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症の被験者は、認知 – 対人関係のスタイルとして安全でない愛着を持っているかもしれません。

安全でない愛着は、不眠症における覚醒過敏性の素因になる可能性があります。

それは不眠症障害の就寝前の覚醒過多と感情の調節異常に関連している可能性があります。

不安定な愛着は、このように素因と永続的不眠症の両方に関与している可能性があります。

対人関係の要因は、CBT-1治療抵抗型の不眠症で考慮されるかもしれません。
抽象
研究は、有益でない認知過程が不眠症において役割を果たすことを示しているが、対人関係の要因は不眠症においてあまり研究されていない。愛着理論は、不眠症を理解するための認知 – 対人関係の枠組みとして使用することができます。愛着不安(対セキュリティ)は精神障害に関連しているので、目的は不眠症における愛着スタイルを研究することでした。この目的のために、不眠症障害者(DSM-5)と眠りの良い38人の64人の被験者を横断研究で評価した。添付ファイルスタイルアンケート(ASQ)、覚醒素因尺度(APS)、睡眠前覚醒尺度(PSAS) )と感情規制の難しさスケール(DERS)群間の平均の差は、 t検定またはMann-Whitney U / Wilcoxon検定を用いて評価した。線形/重回帰分析を実施した。不眠症(平均年齢47.1±13歳)の被験者は、眠りの良い(平均年齢48.2±14歳)よりも安全でない愛着スタイルおよびすべての尺度(ASQ、APS、PSAS、DERS p <0.0001)でより高いスコアを示しました。不安/鬱症状を考慮した後、不安的な愛着は、覚醒過多形質(p = 0.02)、就寝前覚醒過多(p = 0.04)および感情調節不全と関連していた(p = 0.002)。結論として、不眠症の被験者は、覚醒過多の特徴、就寝前の覚醒過多および情動異常に関連した不安定な愛着を示した。それは素因から永続化までの不眠症の軌跡に介入するかもしれません。臨床的意義について説明します。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症安全でない添付ファイル覚醒情動異常 ©2018 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165178117314099

関連記事はこちら