このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

慢性疼痛における不眠症に対する受容に基づく行動療法に関する予備的研究

制御不可能な設計による実現可能性の評価と予備的結果

満足度、コンプライアンス、および完了した評価の割合を満足させる。

採用手続きとフォローアップ評価のモニタリングには改善が必要です。

不眠症に対する大きな予備的効果、75%の患者が治療に反応している。
抽象
バックグラウンド
慢性疼痛を有する患者にとって、不眠症の有病率は一般集団と比較して5〜8倍高い。アクセプタンス・アンド・コミットメント療法(ACT)は慢性疼痛の治療において強力な経験的支持を得ており、今日では疼痛クリニックにおいてますます使用されている。しかしながら、予備的データは受容と不眠症の側面との間の関係を示しているが、慢性疼痛における不眠症に対するACTに一貫した治療はまだ経験的に評価されていない。この臨床試験的研究の目的は、慢性疼痛患者における不眠症に対する受容に基づく行動群治療プロトコルの実現可能性および予備的結果を開発し評価することであった。
方法
行動の柔軟性と機能を改善するためのACTプログラムを完了し、不眠症の診断基準を満たす程度まで睡眠不足を続けていた慢性疼痛を有する患者は、不眠症のための受容に基づく行動グループ治療への参加の適格と見なされた。16人の患者が研究に参加しました。実現可能性および治療効果(主要評価項目:不眠症重症度指数、ISI)を治療前後、ならびに治療後3ヶ月で評価した。
結果
満足のいく程度の保持力および治療コンプライアンスがあった。平均して、患者は6つのグループセッションのうち5.31(SD = 0.70)に参加し、5つの宿題課題のうち4.63(SD = 0.62)を完了した。全体として、計画された評価の完了率は許容範囲内でした。しかし、追跡調査時の睡眠日誌データの評価では、37.5%の欠測データがあり、募集率は1ヶ月に平均1人の患者でした。有意な改善は、ほとんど成果に見られ、その結果を後処理における主要アウトカム(ISI)に大きな効果を、フォローアップで維持したG ‘ = 2.02、95%CI [0.90から3.14]、及びフォローアップでのG ‘= 1.69、95%CI [0.59、2.78]。追跡調査時に、患者のうちの12人(75.0%)が応答者として分類され、そのうち5人(31.2%)が送金者であった。
結論
結果は全体として、保持、治療コンプライアンス、および計画された評価の完了に関して満足のいく程度の実現可能性を示した。採用率を最適化するためには手順の変更が必要です。この治療法は、長年の痛みを伴う患者さんの睡眠改善という点では有望です。治療を評価するには、より大きな無作為化比較試験が必要です。
前の記事次の記事
キーワード
慢性の痛み不眠症受け入れ行動療法
文脈行動科学のための©2018年協会。Elsevier Inc.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2212144718301467