このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

てんかんの不眠症の予測における併存症および人種の役割は明らかではない。

不眠症の有病率はてんかんのある白人と黒人の退役軍人で似ていた。

気分障害と不眠症の関係は人種によって緩和された。

気分と不眠症の関係は、黒人よりも白人の方が強かった。
抽象
目的
てんかんのある米国の退役軍人における人種、医学的/精神医学的併存症、および不眠症の症状に関するデータはほとんどありません。私たちの目的は、1)不眠症の症状の有病率が白人と白人の退役軍人で異なるかどうか、2)不眠症の症状の予測因子が人種によって異なるかどうかを調べることでした。
方法
この後ろ向きの横断的研究には、てんかんクリニックで1 。 5 年にわたって評価された退役軍人が含まれていた。各個人はてんかんおよび睡眠障害の標準化された評価を完了した。不眠症の基準は、1)睡眠の開始、維持、または 日中の機能障害を伴う早期の覚醒の困難の報告、または2)ほとんどの日の鎮静催眠使用によって満たされた。人口統計学、医学的/精神医学的併存症、および薬物療法は、電子カルテレビューによって決定された。階層的多変数ロジスティック回帰 人種、医学的/精神的健康の共存症、および人種と各併存疾患の潜在的相互作用が不眠症と関連しているかどうかを決定するために分析を行った。
結果
私たちのサンプルは165人の退役軍人(32%黒人)で構成されていました。未調整の不眠症の有病率は白黒退役軍人と白人退役軍人の間で異ならなかった(42%対39%、p = 0.68)。調整分析では、気分障害と不眠症の関連は人種によって異なりました。鬱病の白人退役軍人は、非鬱病の白人退役軍人よりも11倍以上も高い不眠症の予測オッズ(OR 11.4、p < 0.001)を示したが、鬱病の黒人の退役軍人は4倍以上の不眠症のオッズを示した(OR 4.1、p = 0.06)落ち込んでいない黒人の退役軍人。気分障害の診断は両方の人種グループの不眠症と関連していたが、白人の退役軍人は黒人の退役軍人よりも気分障害の診断と不眠症の間に強い関連があった。 結論 気分障害の診断と不眠症の関係はてんかんのある黒人の退役軍人よりも白人の方が強かった。将来の研究は、てんかんを有する少数の個人のより大きなサンプルを用いて、精神的健康症状および不眠症の心理社会的決定因子を探求するために必要とされている。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症睡眠レースうつ病気分てんかん エルゼビア社発行 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1525505016308046

関連記事はこちら