このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

中国の男性、高齢者、および農村居住者は、相手よりも平均睡眠時間が長かった。

低い社会経済的地位および一人暮らしは短い睡眠期間と関連し、そして低いBMIは不眠症症状と関連していた。

うつ病や不安などの精神障害は、身体の病気よりも不眠症の症状のはるかに高いリスクと関連していました。
抽象
バックグラウンド
不適切な睡眠時間および不眠症は、身体的および精神的健康の両方に影響を及ぼします。しかし、中国の都市部と農村部における睡眠パターンと不眠症の特徴や相関関係についての証拠は限られています。
方法
この横断的研究では、中国の10都市(5都市5農村)の多様な地域の30〜79歳の成人512,891人を対象に、睡眠パターン(期間、日中の昼寝および昼寝)に関する詳細な情報が記録されました。いびき)および不眠症の症状 ロジスティック回帰を使用して、睡眠パターンおよび不眠症の症状と社会経済的要因、生活様式、行動および健康関連要因との関連を調べた。
結果
全体として、平均(SD)睡眠時間は7.38時間(1.37)時間で、23%が短い睡眠時間(6時間以下)、16%が長い睡眠時間(9時間以上)、21%が日中の昼寝、22%が頻繁ないびきを示しました。。全体で17%が不眠症の症状を訴え、男性より女性の割合が高く(19%対13%)、都市部の居住者よりも農村部(19%対15%)、そして一人暮らしの個人(23%)であった。 )不眠症症状を有することの調整オッズ比(OR)は、大うつ病エピソード(6.10、95%CI:5.69〜6.55)、全般性不安障害(7.46、6.65〜8.37)およびあらゆる慢性疾患を有する人々の間で有意に高かった(1.46; 1.44-1.49)。対照的に、不眠症症状のORは、昼寝(0.77、0.75-0.78)および頻繁ないびき(0.86、0.84-0.87)を報告した人の間で有意に低かった。
結論
中国の成人の間では、睡眠パターンは社会経済的要因、生活様式および健康関連要因によって大きく異なりました。不眠症の症状のリスクは、精神的および身体的健康状態の悪化と関連していました。
前の記事次の記事
キーワード
睡眠時間不眠症の症状心身の健康
1 。前書き
不眠症は中高年者によく見られる問題であり、健康状態の悪化と関連しています。主に西洋人集団で実施された前向き研究の最近の系統的レビューは、短い睡眠(すなわち<6 h)または長い睡眠期間(すなわち> 9 h)の いずれかを報告した個人が心血管危険因子(高血圧、糖尿病および肥満)の罹患率が高いことを示した)そして心血管疾患と全死因死亡の両方のより高いリスク [1]、 [2] 。しかし、睡眠期間や睡眠障害の相関関係については、ほとんどわかっていません。あるいは中国のような中低所得国における睡眠期間と不眠症の特徴と決定要因について。
最近の数十年の中国では、睡眠時間や睡眠習慣の変化など、ライフスタイルの大きな変化を伴う急速な経済変化がありました。夜間のテレビ、インターネット、携帯電話、ソーシャルメディアの利用が増えたことで、睡眠時間が短縮され、不眠症の罹患率が増加しています。このような変化は、人口統計学的、社会経済的、生活様式および健康要因によって大きく異なりました。中国における睡眠パターンと不眠症の相関と健康への影響に関する以前の研究は、小さなサンプルサイズ[3]、他のライフスタイルに関する限られたデータのみの収集、行動および健康関連の相関、ならびに地元の職業または都市コホートへの制限によって制約されている [4]。我々は、中国カドリーバイオバンク(CKB)における中国人成人50万人の全国調査の結果について報告する。本研究の目的は以下を調査することであった:睡眠のパターン、昼寝、いびきおよび不眠症の有病率、全体および特定の集団サブグループ(例えば年齢、性​​別および地域による)。社会経済的および生活様式は、睡眠期間(短期および長期)および不眠症症状ならびに睡眠期間および不眠症症状と身体的および精神的障害(例えば、鬱病および不安)との関連性と相関する。
2 。方法
2.1 。研究参加者
CKB研究のデザインおよび方法の詳細は他の箇所に記載されている[5]、[6] 。要約すると、30〜79歳(平均52歳)の512,891人の女性と男性が、中国の10地域(5つの農村地域と5つの都市地域)にわたって1175の地域コミュニティから募集された。地域は、地域の疾病パターン、特定の危険因子への曝露、人口の安定性に従って選択された、地域の死亡および疾病登録の質、地域の責任および能力。選ばれた各地域では、30〜79歳の永住者が地元の居住記録から確認され、手紙と情報のチラシで研究に参加するよう招待されました。全体として、潜在的に適格な居住者の約30%(33%農村部、27%都市部)がこの研究に参加した。非参加者は主に、現地スタッフによる事例報告によると、自宅を欠席しているか、地元の評価センターを訪れるために時間を費やすことに消極的な人々でした。無作為に選択された生き残った参加者の〜5%の定期的な調査は、同じアプローチを用いて行われた。研究開始前に、倫理の承認はすべての関連する地方、国内および国際機関から得られた。参加者全員が書面によるインフォームドコンセントを提出した。
ベースライン調査とその後の再調査は、調査専用に設置された現地の評価センターで実施されました。訓練を受けた医療従事者は、人口統計学的および社会経済的状況、以前の病歴、健康状態、喫煙、アルコール摂取、食事、身体活動およびその他の生活習慣についてラップトップベースのアンケートを実施した( http://www.ckbiobank.org )。質問票には、足りないアイテム、データ入力エラー、および矛盾を識別して最小限に抑えるための組み込みのチェックがありました。身長、体重、腰囲、腰囲、心拍数、血圧などの身体測定値も記録した。10mlの絶食していない血液サンプル(最後の食事が記録されてからの時間とともに)長期保存のために集められた。標準的な操作手順、トレーニングマニュアル、およびオンサイトトレーニングが、10の各分野で地元の調査チームに提供されました。すべての機器は定期的に維持管理され、10の領域にわたって長期間にわたって測定値の一貫性が保たれるように調整されています。
2.2 。不眠症の症状、昼寝、いびき、睡眠時間の評価
参加者は、先月の1週間のうち少なくとも3日以上のうちに、以下の4つの症状のいずれかがあるかどうかを最初に尋ねられました。(i)就寝後または目覚め中の目覚め夜間、(ii)早起きで眠りに就けない、(iii)睡眠を助けるために少なくとも週に1回薬を服用する必要があること、および(iv)夜間の警戒が困難であること。仕事、食事、昼間の人々との出会い。上記のi、iiおよびiiiの症状のいずれかに「はい」と回答した参加者は、不眠症の症状を有すると分類された(セクション10.3ベースラインアンケート:http : //www.ckbiobank.org/site/binaries/content/assets/resources/pdf)。 /qs_baseline-final-from10june2004.pdf)。
その後、参加者は以下の複数の選択肢からなる質問をされました:あなたは通常昼寝をしますか?(「はい、通常」、「はい、ただし夏季のみ」、「いいえ」)あなたは睡眠中にいびきをかきますか?(「はい、頻繁に」、「はい、時には」または「いいえ/わからない」)。最後に、参加者は「昼寝を含めて1日に何時間睡眠するのが普通ですか?」と尋ねられました。
2.3 。肉体的および精神的健康の評価
参加者は、虚血性心疾患、脳卒中/ TIA、気腫/慢性気管支炎、真性糖尿病、および癌を含む何らかの主要な疾患を有すると医師が診断したことがあるかどうかを尋ねられた(セクション7ベースライン質問票:http://www.ckbiobank)。組織)。
参加者は、大うつ病エピソード(MDE)についてのCIDI-SF(A)および全般性不安障害(GAD)についてのCIDI-SF(B)を用いて評価された [7]。CIDI-SF基準(A)を満たす人はMDEを有すると分類され、CIDI-SF(B)を満たす人は GADを有すると分類された7 。配偶者の死亡、家族の対立、経済的困難、暴力などに関連する 10の主要なストレスの多い人生の出来事に関する質問も、人生の満足度のレベルおよび自己評価された健康状態のレベルと共に含まれていました( http://www.ckbiobank)。 org / site / binaries / content / assets / resources / pdf / qs_baseline-final-from10june2004.pdf)。
2.4 。統計的方法
調整された平均睡眠時間(時間単位)および不眠症の症状、昼寝および頻繁ないびきを報告する個人の割合は、CKBコホートの年齢(10年間グループ)、性別および研究範囲(10グループ)構造に対する直接標準化によって計算された。ロジスティック回帰を使用して、年齢に応じて調整された選択されたベースライン特性による、短い(6時間以下)および長い(9時間以上)睡眠期間の調整オッズ比(OR)および不眠症症状のOR性別、地域、ボディマス指数(BMI)(5つのグループ:<18.5、18.5–24.99、25–29.99、30–34.99そして≧35 kg / m 2)、収縮期血圧(SBP mmHg)(<110、110–129、130–139、> 140)、喫煙(3つのグループ:決してレギュラーではない、以前のレギュラーと現在のレギュラーの喫煙者)、アルコール(4つのグループ:決してレギュラー、前のレギュラー、時折と毎週(飲酒者)および課題の代謝的同等物(MET)(4群:<10、10-19.99、20-29.99および≥30MET-h /日)。3つ以上のグループを持つ変数については、任意の2つのグループ間の比較を容易にするために「浮動」標準誤差[8]が使用されました。これらの分析は、以前の疾患(試験登録時に報告された10の疾患のいずれか)および感度分析としてMDEまたはGADを有する個体を除外した後に繰り返された。すべての分析はRバージョン3.3.1(R Core Team、2016)で行われた。 3 。結果 全平均(SD)睡眠時間は、7.38(1.37)時間であり、以前の疾患、MDEまたはGADのない人々の間でより高かった(7.46時間)(表1およびウェブ表1)。睡眠時間は年齢とともに減少しましたが、不眠症の症状を報告している個人の割合にはその逆が当てはまりました(図1)。男性と比較して、女性は、特に50歳以降、わずかに短い睡眠期間(7.35対7.43時間;表1)およびより高い割合の不眠症症状を有していた。都市部に住む参加者はより短い睡眠時間を持っていた(7.21 vs 7.51時間;表1)が、より低い割合がすべての年齢層にわたって不眠症の症状を報告しました(図1)。)以前の疾患、MDEまたはGADを有する個人を除外した後、パターンは変化しなかった(ウェブ表1)。日中の昼寝をしている個人の割合は、女性より男性、農村部より都市部で高く(36.4%対8.5%)、年齢とともに増加した(表1 )。しかしながら、季節的な昼寝のみを報告した割合(すなわち、夏季のみの昼寝)は、都市部よりも田舎のほうがはるかに高かった(58.3%対16.3%、データは示していない)。頻繁にいびきを報告する割合は、男性、都市居住者、および年間世帯収入が30,000人民元を超える人々において高かった(表1)。 表1。参加者の選択された特徴に従って、平均睡眠時間および不眠症の症状を報告している個人の割合。 N 平均睡眠時間(h) 不眠症の症状(%) 昼寝(%) 頻繁ないびき(%) 短い睡眠(6時間以下)(%) 長時間の睡眠(9時間以上)(%) すべて 512,891 7.38 16.8 20.9 22.0 23.1 15.9 年齢(年) 30〜39歳 77,804 7.73 10.8 18.2 13.6 12.9 19.6 40〜49歳 152,748 7.5 13.8 19.4 19.9 19.0 16.1 50〜59 157,556 7.29 18.5 20.4 26.4 25.3 14.4 60〜69 91,773 7.14 21.7 24.2 26.0 30.8 14.6 70〜79 33,010 6.98 24.8 26.5 21.8 37.2 15.0 性別 男性 210,259 7.43 13.5 24.9 28.9 21.7 15.6 女性たち 302,632 7.35 19.2 18.0 17.5 24.2 16.0 領域 農村 286,705 7.51 18.7 8.5 20.4 21.2 20.3 都市 226,186 7.21 14.6 36.4 24.1 25.6 10.3 最高の教育 正式な学校/小学校はありません 260,437 7.37 17.9 18.8 22.5 24.7 17.1 中学校/高校 222,440 7.4 15.8 22.9 22.0 22.0 15.4 専門学校/大学/大学 30,014 7.42 14.0 40.5 21.8 16.7 12.4 年間世帯収入(人民元) <10,000 144,832 7.37 20.1 18.1 21.1 25.5 18.4 10,000〜19,999 149,013 7.41 16.9 20.0 22.2 23.0 17.1 20,000〜34,999 126,721 7.39 15.9 23.5 22.6 22.5 15.1 35,000以上 92,325 7.4 15.5 26.8 23.8 21.4 14.9 配偶者の有無 既婚 464,608 7.4 16.4 21.1 22.3 22.6 16.0 未亡人 36,572 7.14 23.7 18.9 19.9 30.7 13.5 別居/離婚 7945 7.2 20.4 20.6 20.8 28.4 15.1 結婚したことがない 3766 6.92 17.6 18.2 14.1 25.2 15.9 一人暮らし いいえ 498,335 7.39 16.6 20.9 22.1 22.9 16.0 はい 14,556 6.92 23.4 19.8 17.7 31.7 13.9 職業 肉体労働者 286,402 7.31 16.5 16.3 21.6 22.6 15.0 就職していない 138,460 7.43 17.9 24.9 24.2 23.6 18.4 サラリーマン 66,173 7.36 14.9 25.7 23.9 21.4 13.5 その他または記載なし 8267 7.19 17.2 20.1 24.5 23.1 19.3 失業者 13,589 7.13 21.1 22.6 21.8 25.2 16.5 喫煙状況 常連喫煙者は絶対にしない 346,773 7.38 16.9 21.1 21.0 23.1 15.7 元正規喫煙者 30,563 7.09 21.0 23.7 28.6 33.5 15.1 定期喫煙者 135,555 7.36 20.1 20.7 26.4 24.6 17.5 アルコール 絶対に飲酒しない 235,199 7.41 16.9 20.8 21.1 23.0 17.0 元正規飲酒者 9256 6.95 23.2 23.8 23.2 27.5 16.0 時折の酒飲み 192,284 7.38 16.8 21.1 22.2 22.8 15.8 毎週の酒飲み 76,152 7.37 18.3 25.0 24.0 23.7 15.8 身体活動(MET a -h / day) <10 121,598 7.44 18.0 22.3 23.5 24.0 19.6 10〜29 262,808 7.39 16.5 21.6 22.1 22.5 15.7 ≥30 128,485 7.28 16.5 17.6 21.7 24.5 13.4 BMI b(kg / m b) <18.5 22,373 7.23 22.4 18.6 10.9 27.8 14.8 18.5〜24.99 321,586 7.37 17.4 20.3 17.2 23.4 15.7 25〜29.99 147,965 7.43 15.0 22.4 31.1 22.0 16.6 ≥30 20,965 7.44 13.6 23.4 48.4 22.3 17.5 ウエストの円周(mm) 200〜699 71,879 7.30 20.3 18.2 12.5 25.5 15.3 700〜799 187,350 7.36 17.5 19.5 16.1 23.7 15.7 800〜899 167,260 7.40 15.7 21.5 24.6 22.5 15.9 900〜1499 86,402 7.43 14.5 23.3 38.0 22.1 16.9 SBP c(mmHg) <110 70,853 7.34 17.9 19.8 16.6 23.9 15.0 (110,120) 92,407 7.36 17.0 20.3 18.7 23.5 15.4 (120,130) 113,683 7.37 16.7 20.5 21.0 23.3 15.5 (130,140) 87,936 7.39 16.5 21.2 23.5 22.8 16.1 140以上 148,012 7.41 16.6 21.5 27.7 22.7 16.8 年齢、地域、性別に応じて調整します(適切な場合)。 ある MET:代謝同等タスク。 b BMI:ボディマス指数。 c 収縮期血圧。 高解像度画像をダウンロード(415KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。年齢、性別および地域による平均睡眠時間および不眠症の症状の割合。黒い四角は男性または農村住民を表します。白抜きの四角形は女性または都市居住者を表します。 3.1 。睡眠時間、昼寝およびいびきのパターンと相関 全体として、約23%が短い睡眠時間(すなわち6時間以下)を報告し、16%が長い睡眠時間(すなわち9時間以上)を報告した(表1)。既往歴のある人々および12ヶ月のMDEまたはGADを有する人々を除外すると、短期間ではあるが長期間ではない睡眠期間を有する個人の割合が有意に減少した(Web表1)。既往歴のない人々およびMDEまたはGADの間で、短い睡眠期間を報告している個人の割合は、女性で、社会経済的地位の低い人々(一般教育なし、年間世帯収入<10,000元)でより一般的であったそして、高い身体活動(1日当たり30時間以上のMET)を有する者(Web Table 1))既往歴のない参加者の短睡眠時間を報告する割合は、未亡人(28%)、一人暮らし(30%)、未雇用(21%)および定住喫煙者(28%)の方が高かった(Web表1)。 。以前の疾患のない参加者で長い睡眠時間を報告した個人の割合は、より高いBMI(≥30 kg / m 2)またはより高いSBP(≧140 mmHg)を持つ人々の方が高かった。低いBMIは短い睡眠期間と関連していたが(表1)、関連は12ヶ月のMDEおよびGADを含む以前の疾患を除外した後にU字型になった(ウェブ表1)。 何らかの不眠症症状を有する個体を除外した後の短期および長期の睡眠期間についての結果をそれぞれ図2AおよびBに示す。平均睡眠時間が7〜8時間の人々と比較して、短い睡眠期間(6時間以下)を報告した人々は、生活満足度が低い可能性が高かった(調整後1.55、1.48〜1.61)。2つのストレスの多い人生の出来事(1.39; 1.24-1.57)。自己評価された健康状態の悪さ(1.36; 1.32-1.40)。12ヶ月のMDE(1.59、1.39-1.82)。12か月GAD(1.61; 1.28-2.03)。気腫/気管支炎(1.13; 1.07-1.19)、冠状動脈性心臓病(1.05; 1.00-1.110)、がん(1.09; 0.96-1.22)などの特定の主要な身体疾患(図2)A)短い睡眠時間と比較して、長い睡眠時間(9時間以上)を報告している人は、人生満足度が低い(OR 1.10; 1.05-1.15)、2つのストレスの多い人生の出来事(1.29; 1.15-1.44)、自己評価が低い健康状態(1.34; 1.30-1.37)、12か月MDE(1.25; 1.10-1.42)、12か月GAD(1.08; 0.86-1.36)および気腫/気管支炎(1.11; 1.05-1.18)。短い睡眠時間と比較して、長い睡眠時間を報告した個人は、脳卒中(OR 1.45; 1.37-1.54)、癌(1.17; 1.05-1.32)および糖尿病(1.11; 1.07-1.16)のリスクが高いことと関連していました(図 2B)。。 高解像度画像をダウンロード(837KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。不眠症の症状を有する個人を除く、(A)短い睡眠期間および(B)長い睡眠期間の精神的健康状態および身体的疾患による調整されたOR 。各実線の四角形はオッズ比(OR)を表し、四角形のサイズは、必要に応じて参照グループの対数リスクの分散を考慮した後、そのグループの対数ORの分散に反比例します。水平線は95%CIを表す。全ORは年齢、性別および地域によって層別化され、BMI、喫煙、アルコール、MET-h /日および収縮期血圧について調整された(SBP)以前の疾患は、糖尿病、冠状動脈性心臓病、脳卒中または TIA、高血圧、リウマチ性心疾患、結核、肺気腫/気管支炎、喘息、肝硬変/肝炎、消化性潰瘍のうちの少なくとも1つを有する医師によって診断されたと定義された、胆嚢疾患、腎臓病、慢性関節リウマチ、頭部外傷および癌。 全体として、参加者の5分の1が日中の昼寝をしており、社会経済的地位の高い個人(大学教育、家計収入35,000元以上、サラリーマンなど)、結婚、一人暮らしではない、非喫煙者、一般飲酒者。さらに、日中の昼寝はまた、より高いレベルのBMIおよびより低いレベルの身体活動と関連していた(表1)。研究では、参加者のほぼ4分の1が頻繁ないびきを報告し、それは日中の昼寝に関連するものと同様の様々な社会経済的および生活様式の要因と関連していた。日中の昼寝または頻繁ないびきを報告した個人は、不眠症の症状を報告する可能性が低かった。いびきは、わずかに長い睡眠時間と関連していた(5分; P <0.0001、データは示さず)。 3.2 。不眠症の症状の特徴と相関 全体として、参加者の16.8%が不眠症の症状があると報告した(表1 )。調査対象のうち、69%が眠りにくく、64%が早く起きました。不眠症の症状がある人の約7%が薬を使い、14%の参加者は日中警戒を続けるのが困難でした(表2)。不眠症の質問に答えた人のうち、58%が1つの不眠症症状を持ち、31%が2つの不眠症症状を持ち、3つ以上の不眠症症状を持つ人はほとんどいなかった(表2)。 表2。不眠症の症状を呈する参加者の各質問に対する回答の割合。:> 30分には、眠りに落ちるか、することが起きて、夜の真ん中にアップ。B:早すぎる目覚めと眠りに戻ることができません。C:眠るために薬が必要です(少なくとも週に1回)。D:昼間警戒しにくい。
N 症状の種類 症状の数
A(%) B(%) C(%) D(%) 1(%) 2(%) 3(%) 4(%)
すべて 86,119 69.3 63.7 7.5 13.7 58.1 31.4 8.7 1.8
性別
男性 28,867 67.1 62.1 5.9 10.8 63.4 28.7 6.7 1.3
女性たち 57,252 70.5 64.5 8.3 15.2 55.4 32.9 9.7 2.1
年齢、性別、地域に応じて調整されます(該当する場合)。
不眠症の症状を報告している個人は、社会経済的地位が低い傾向があり、特に貧困層、家計収入が低い、未亡人、一人暮らし、失業者、正規喫煙者または正規喫煙者の割合が高かった(表1)。 。さらに、すべての個体において、年齢、性別、地域、喫煙、アルコール、MET、いびき、SBPおよびBMIについて調整した後、高血圧はわずかではあるが統計的に有意に長い睡眠期間と関連していた(2分; P <0.0001;データ示さず)。また、BMI(kg / m 2 )は、体重不足と比較して、BMIが18.5以上の個人では、より長い睡眠時間(約8〜9分)と有意に関連していました。個人 P <0.0001。データは示されていない)。同じ調整で、高血圧は不眠症の症状と関連しておらず、BMI(kg / m 2 )は不眠症の症状と逆の用量反応関係を示した(BMI 18.5-24.99、25-29.99および≥30に対して0.74、0.62および0.56のOR)。それぞれ、<18.5と比較した;データは示されていない)。これらの関連付けは、以前の疾患ならびに12か月のMDEおよびGADを除外した後も、ほとんど変更されていませんでした(Web表1)。
彼らの生活に不満または非常に不満に自分自身を評価し、参加者はより多くの不眠症の症状を報告する可能性は非常に満足して自分自身を評価する人よりもあった(:; 95%CI 2.53:OR 2.46から2.61; 図3)。同様に、自分の健康状態を悪いと評価した参加者も、自己評価された健康状態が優れている参加者よりも不眠症の症状がある可能性が高かった(OR 3.78; 3.71-3.85; 図3)。人生の満足度と自己評価された健康のレベルと同様に、ストレスの多い人生の出来事と不眠症の症状の間には正の用量反応関係がありました(図3 )。同様に、過去12ヶ月間にMDEまたはGADを患っていた個人は、不眠症の症状がある可能性が6〜7倍高く、以前に精神障害は不眠症の症状を持つ可能性が6倍高かった(図3)。以前の疾患もまた、不眠症症状の適度に増加したオッズと関連することが見出された(図3)。重大なライフイベントは睡眠に影響を与える可能性があるため、感度分析では、重大なライフイベントを経験した個人を除外し、結果は変化しませんでした(データは示さず)。また、睡眠時間が短い(6時間以下)と長い(9時間以上)人の身体障害および精神障害による不眠症症状のORも調べたが、パターンは変化しなかった(データは示さず)。
高解像度画像をダウンロードする(1MB)フルサイズの画像をダウンロード
図3。精神的な健康状態や身体的な病気、昼寝やいびきによる不眠症の症状に対するORの調整。記号と規則は図2と同じです。
4 。討論
これは、これまでの睡眠パターンに関する最大の研究であり、中年の中国人男女で相関しています。研究では、ことが示された睡眠時間は年齢が増加するにつれて短く、かつ一方女性は、短い睡眠時間と、少なくとも後の50歳以上の不眠症の症状を持っていた農村部の住民は不眠の症状の睡眠時間より長く、より高い割合を示しました。さらに、短い睡眠期間および不眠症の症状は、精神的健康状態の悪さ、特に鬱病と強く関連していたが、身体的健康状態の悪さはより少ない程度であった。
いくつかの集団ベースの研究は、以前に精神的および身体的疾患を有する成人の間で短いまたは長い睡眠期間の関連性を報告していた。本研究では、平均睡眠時間は、以前2009年に行われ、中国ではるかに小さいの研究(7.76時間)に報告されたものと一致し、主要な健康問題のないもののうち7.46時間であった[3]が、より長いで報告されたものよりもあるように見えました韓国(7時間)[9]や北米(6.99時間)[10]などの高所得国での他の研究。本研究では、総睡眠時間には日中の昼寝も含まれており、これは米国と韓国よりも中国の方がはるかに一般的であり、これは本研究で観察されたわずかに長い持続時間を説明する。
米国や韓国などの高所得国で睡眠時間の相関関係を調べたいくつかの大規模な横断研究 [9]、[10] 。一般的に、これらの研究は、短い(6時間以下)と長い(9時間以上)睡眠期間の両方が、高齢、女性、そしてより低いSESとそれぞれ関連していることを示しました。中国人成人を対象とした本研究では、これらの要因と同様の関連があることが実証された。短い睡眠時間と肥満との関連は、小児と成人の両方で報告されています[11]。15〜102歳の60万人の個人を対象とした17件の横断研究のメタアナリシスは、短い睡眠期間が、成人と小児でそれぞれ55%と89%高い肥満リスクと関連していることを示した[11]。しかし、中国の北京で15歳を超える約6000人の成人を対象とした小規模な横断的研究[3]は、以前の病気を除外せずに本研究で見いだされたものと同様に、短い睡眠期間を持つ個人のBMIが低いことを報告した。既往歴のある人および12か月のMDEおよびGADを有する人を除外した後、高BMIおよび低BMIの両方が短い睡眠期間と関連していた。成人におけるBMIと睡眠期間との関係は、BMIと睡眠期間の両方の回帰希釈を調整した縦断的測定による前向き研究でのさらなる研究を保証するものである[12]。
不眠症の症状は、排他的というわけではありませんが、短い睡眠時間とより頻繁に関連していました。不眠症の症状を報告した参加者を除外しながら、精神的および身体的な病気と短期および長期の睡眠時間との関連を調べた。米国[13]、韓国[9]および中国[3]で行われた研究では、短期および長期の睡眠期間の両方が、鬱病および不安障害を含む精神障害のリスクの高さと関連していた。 。しかし、6510人の成人を対象とした韓国の研究では[9]短い睡眠時間だけが鬱病と不安のリスク増加と関連していました。本研究は、いくつかの精神的健康関連の特徴(例えば、不十分な人生の満足、低い自己評価の健康状態、ストレスの多い生活上の出来事、そして12か月のMDEとGAD)を持つ人々がはるかに短く、そしてより少なく程度、長い睡眠時間。短期または長期の睡眠時間は、うつ病を含む精神障害に対する感受性のマーカーとなる可能性があります(どちらかがうつ病の発症を実際に示す可能性があるため)[13] 。16,000人の心血管イベントを有する474,684人の成人を対象とした前向き研究のメタアナリシスは、短期および長期睡眠期間の両方が心血管疾患のより高いリスクと関連していることを示した [14]。55,000人を超える成人を対象とした別の米国の研究でも、CVDに加えて、短期または長期の睡眠期間を持つ人々の間で高血圧および糖尿病のリスクも上昇していることが示されました[2]、[15]。本研究の知見は、中国人成人を対象とした以前の横断的研究[4] [16]および前向き研究[14]と広く一致していた。
本研究では、不眠症の症状は、精神障害の診断および統計マニュアル(DSM-IV-TR)[17] または国際睡眠障害分類(ICSD)[18] および研究診断基準(RDC)で使用されていたものと同等であった。不眠症[19]。見かけ上の物理的および精神障害のない人の中で、本研究(17%)に少なくとも一つの不眠症の症状を報告する割合が少なく、同じ基準を用いて、米国の人口で報告されたことの半分以下だった[20]と2での推定値よりも低く中国における小規模な横断的研究[3]、[21] 、睡眠障害は、ピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)によって測定された。明らかな食い違いの理由は明らかではないが、少なくとも部分的には本研究における非代表的なサンプルの使用および低い全奏効率のためであり、それは不眠症症状の有病率の過小評価につながる可能性がある。不眠症の症状は、危険因子または精神障害の症状のいずれかです。米国を拠点とする24,715人のHUNT研究を含むいくつかの前向き研究では、不眠症がいくつかの主要な身体的および精神的疾患の長期リスクを予測すると報告されている[22]、[23]。。本横断研究は、不眠症症状とMDE、GADおよび以前の精神障害を含む一連の精神状態との強い正の関連を示した。これまでの報告と一致して[20] [24] 、今回の研究では、女性、高齢、低学歴および家庭内収入、そして失業が不眠症の症状を持つ可能性が高いことがわかった。離婚/別居、未亡人、および/または一人暮らしの人たちも不眠症の症状を報告する可能性が高かった。農村居住者における不眠症の症状の割合が高いのは、主に社会経済的地位の低さによるものと考えられます。急速な都市化と一人っ子政策の導入の結果として中国では、一人暮らしが高齢の農村人口の間で特に一般的になり、農村コミュニティで十分な社会的支援を提供する必要性が強調されました。
睡眠時間とは異なり、BMIと不眠症の症状の関係を調べた研究はほとんどありません。本研究では、BMIが低い人は、以前の身体的および精神的障害の有無にかかわらず、不眠症の症状がある可能性が高いことを示しました。これらの結果は、MDEの有病率がBMIと逆相関していたことを実証しているCKBの報告と一致しています [25] 。本研究集団の 4%のみが肥満であったので、これらの結果は慎重に解釈されるべきである。本研究はまたいびきの逆相関を示した不眠症の症状があります。可能性のある説明は、頻繁ないびきがより高いBMIとより長い睡眠期間の両方と関連していたことであり、それは不眠症症状の報告と逆の関連があった(表1)。いびきが報告したより長い睡眠時間は、いびきを伴う睡眠時無呼吸によるものかもしれないが、それは本研究では明確には調べられていない。したがって、無呼吸の危険性が高いいびきは、不眠症の症状が少ない可能性があります。いびきと不眠症の症状との関連は、将来の研究において無呼吸の有無にかかわらずさらに調査する必要があります。
本研究の最大の強みは、サンプルサイズが大きいことと、カバーされている多様な分野が含まれていることです。不眠症の症状、大うつ病および全般性不安障害に対する国際的に認められた基準の使用。そして直接物理的測定値を測定した。さらに、収集された情報は、一連の社会経済的要因、健康関連の行動特性、および肉体的および精神的健康状態を網羅しており、単一の研究で睡眠期間および不眠症症状との関連を包括的に評価できました。
本研究にはいくつかの制限もあります。第一に、将来のCKBの主な目的は、人口の有病率やそのような疾患の発生率ではなく、主要な慢性疾患の遺伝的および非遺伝的決定要因を調べることでした。したがって、分野の選択は、代表性よりもむしろ危険因子プロファイルおよび疾患パターンの多様性に基づいていた。大規模コホート研究の典型的な低い奏効率のためCKBのように、重度の不眠症の症状を持つ人は参加する可能性が低いかもしれないので、本研究は不眠症の症状の有病率を過小評価しているかもしれません。それにもかかわらず、社会経済的および健康関連のパターンは、睡眠期間および不眠症の症状、ならびに極端な睡眠期間および不眠症の症状と精神的および身体的健康状態との関連に一般的に当てはまる可能性が高い。第二に、収集された情報は客観的な尺度ではなくアンケートを使用して自己申告されたため、データは想起バイアスの影響を受ける可能性があります。しかし、その影響は観察された関連性に対しておそらく差はないだろう。第三に、この研究の横断的性質のために、本研究で報告された関連性の方向性を確実に確立することはできない。最後に、睡眠衛生、交代勤務、またはRLSや睡眠時無呼吸などのその他の一般的な睡眠障害に関する情報は記録されていません。
中国人成人の間では、睡眠パターンおよび不眠症の症状は社会経済的要因、生活様式および健康関連要因によって大きく異なる。不眠症の症状があってもなくても、より極端な睡眠時間(6時間以下または9時間以上)を持つ人々は、精神的および身体的な健康上の問題を同時に抱えている傾向がありました。同様に、不眠症の症状は、睡眠時間に関係なく、精神的疾患と身体的疾患の両方の高いオッズと関連していました。
貢献者
YC、LL、ZCはデータへのフルアクセス権を持っていました。すべての著者が研究デザイン、実施、長期追跡調査、データの分析、解釈または報告書の執筆に関わっていた。
謝辞と資金
主な承認は、参加者、プロジェクトスタッフ、そして中国疾病管理予防センター(CDC)とその地域事務所への死と疾病登録へのアクセスです。中国の国民健康保険制度は、すべての入院データへの電子的リンクを提供します。CKBベースライン調査と最初の再調査は香港のKadoorie慈善財団によって支援されました。長期追跡調査は、英国ウェルカムトラスト(202922 / Z / 16 / Z、104085 / Z / 14 / Zおよび088158 / Z / 09 / Z)および中国国立自然科学財団からの助成金によって支援されています。(8139.054万、81390541と81390544)とから、中国の国家重点研究開発プログラム(2016YFC0900500、2016YFC0900501、2016YFC0900504と2016YFC1303904)。英国心臓財団、英国医学研究評議会とがん研究は、プロジェクトのための臨床試験サービスユニットとオックスフォード大学の疫学研究ユニットにコア資金を提供しました。資金提供者は、研究デザイン、データ収集および分析、原稿の発表または原稿の作成の決定において役割を果たしませんでした。
中国Kadoorieバイオバンク共同グループ
国際運営委員会:Junshi Chen、Zhengming Chen(PI)、Rory Collins、Liming Li(PI)、Richard Peto。
国際コーディネーターセンター、オックスフォード:ダニエルエイブリー、ルースボクソール、デリックベネット、チャン・イェン、鄭美、ロバート・クラーク、サイモン・ギルバート、アレックス・ハッカー、マイク・ヒル、Michael Holmes、Andri Iona、Christiana Kartsonaki、ルネ・ケロシ、リン・コング、オム・クルミ、ギャリー・ランカスター、クアン・リン、ジョン・マクドネル、アイオナ・ミルウッド、クンファニー、Jayakrishnan Radhakrishnan、Paul Ryder、Sam Sansome、Dan Schmidt、Rajani Sohoni、Becky Steohn 、ロビンウォルターズ、ジェニー王、林王、ニールライト、リンヤン、暁明ヤン。
北京国家調整センター:鄭ビアン、遊郭、小漢、缶侯、6月のLv、ペイペイ、チャオ劉、ビアオジン、ユンロンタン、Canqingゆう。
10の地域調整センター:
青島青島CDC:Zengchang Pang、Ruqin Gao、Shanpeng Li、Shaojie Wang、Yongmei Liu、Ranran Du、Yajing Zang、Liang Cheng、Xiaocao Tian、Hua Zhang、Yaoming Zhai、Feng Ning、Xiaohui Sun、Feifei Li。Licang CDC:Silu Lv、Junzheng Wang、Wei Hou。黒龍江省CDC:明園禅、江江、雪周。南港CDC:Liqiuヤン、ホイ彼、Bo Yuさん、Yanjie Liさん、Qinai Xuさん、Quan Kangさん、Ziyan Guoさん。海南省CDC:ダンワン、キシミン胡、ホンメイワン、ジンヤンチェン、ヤンフー、ジェンワンフー、シャオファンワン。メイランCDC:ミンウェン、鄭東郭、Shukuan呉、Yilei李、Huimei李、Zhifang Fu。江蘇省CDC:明呉、龍林周、ジンイ周、ランタオ、傑ヤン、建蘇。蘇州CDC:牙劉、Z Z、he河Y、Lu呂、iang菜馬、愛友唐、周、、r龍仁、cha潮劉。広西省CDC:Zhenzhu唐、Naying Chen、Ying Huang。柳州市CDC:明強李、金Men孟、栄、、il連江、建蘭、Li劉、upup、、y源周、寧玉、、ピン王、ファンウェンメン、ユル秦、シシァン。四川省CDC:Xianping Wu、Ningmei Zhang、Xiaofang Chen、Weiwei Zhou。Pengzhou CDC:Guojin Luo、Jianguo Li、Xiaofang Chen、Xunfu Zhong、Jiaqiu Liu、Qiang Sun。甘粛省CDC:Pengfei Ge、Xiaolan Ren、Caixia Dong。Maiji CDC:Hui Zhang、Enke Mao、Xiaoping Wang、Tao Wang、Xi Zhang。河南省地方CDC:丁張、ギャング周、Shixian Feng、Liang Chang、Lei Fan。Huixian CDC:Yulian Gao、Tianyou He、Huarong Sun、Pan He、陳胡、Xukui Zhang、Huifang Wu、Pan He。浙江省CDC:ミンゆう、Ruying Hu、ハオ王。桐CDC:イージアン銭、中正王、Kaixu Xie、Lingli陳、Yidan Zhang、Dongxia Pan、Qijun Gu。湖南省CDC:黄龍、碧雲陳、李陰、桂林劉、中西福福、喬華徐。劉陽CDC:新徐、ハオ張、華潤ロング、仙志李、リボ張、浙江省。
利益相反
以下は、この記事に関連する補足データです。
Acrobat PDFファイルのダウンロード(1MB)pdfファイルのヘルプ
mmc4。
付録A 。補足データ
以下は、この記事に関連する補足データです。
Word文書のダウンロード(22KB)docxファイルに関するヘルプ
mmc1。
Acrobat PDFファイルのダウンロード(46KB)PDFファイルのヘルプ
mmc2。
Acrobat PDFファイルのダウンロード(5KB)PDFファイルのヘルプ
mmc3。
参考文献
[1]
FP Cappuccio 、L. D’Eliaの、P. Strazzullo 、ら。
睡眠期間と全死因死亡率:前向き研究の系統的レビューとメタアナリシス
スリープ、33 (5 )(2010 )、頁585 – 592
EPUB 2010/05/18
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[2]
OM Buxton 、E. Marcelli
米国内の成人の短期間および長時間の睡眠は、肥満、糖尿病、高血圧、および心血管疾患と正の関連があります。
Soc Sci Med 、71 (5 )(2010 )、pp。1027 – 1036
EPUB 2010/07/14
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
[3]
YT Xiang 、X. Ma 、JY Lu 、他。
中国人における睡眠時間と睡眠障害、基本的な社会人口学的要因、およびBMIとの関係
Sleep Med 、10 (10 )(2009 )、1085 – 1089ページ
EPUB 2009/05/16
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
[4]
YM 王、HG 陳、M. ソング、ら。
高齢者における不眠症の有病率とその危険因子:中国河北省の4都市における地域密着型研究
Sleep Med 、19 (2016 )、pp。116 – 122
エプブ2016/05/21
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
[5]
Z. チェン、L. リー、J。 チェン、ら。
コホートプロファイル:中国における慢性疾患のKadoorie研究(KSCDC)
Int J Epidemiol 、34 (6 )(2005 )、pp。1243 – 1249
Epub 2005/09/01
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[6]
Z. チェン、J. チェン、R. コリンズ、ら。
50万人の中国Kadoorieバイオバンク:調査方法、ベースライン特性および長期追跡調査
Int J Epidemiol 、40 (6 )(2011 )、pp。1652 – 1666
Epub 2011/12/14
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[7]
RC ケスラー、G。 アンドリュース、C。 モロッツェック
世界保健機関コンポジット国際診断インタビュー短報(CIDI-SF)
Int J Meth Psychiatr Res 、7 (1998 )、pp。171 – 185
CrossRef Google Scholar
[8]
DF イーストン、J. ピート、AG Babiker
フローティング絶対リスク:任意の基準グループを回避生存率の相対リスクの代替と症例対照分析
Stat Med 、10 (7 )(1991 )、pp。1025 – 1035
Epub 1991/07/01
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[9]
S. パーク、MJ チョ、SM チャン、ら。
韓国の成人の地域社会サンプルにおける睡眠時間と社会人口学的および健康関連要因、精神障害および睡眠障害との関係
J Sleep Res 、19 (4 )(2010 )、pp。567 – 577
EPUB 2010/05/19
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[10]
PMの クリューガー、EM Friedman
米国における睡眠期間:横断的な集団ベースの研究
Am J Epidemiol 、169 (9 )(2009 )、pp。1052 – 1063
EPUB 2009/03/21
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[11]
FP Cappuccio 、FM タガート、NB Kandala 、ら。
小児および成人における短い睡眠期間および肥満のメタ分析
睡眠、31 (5 )(2008 )、619 – 626 頁
エプブ2008/06/04
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[12]
S. Masudi 、P. Yavari 、Y. Mehrabi 、ら。
縦断的集団ベースコホート研究における血圧およびボディマスインデックスの回帰希釈バイアス
J RESヘルスサイエンス、15 (2 )(2015 )、頁。77 – 82
EPUB 2015/07/16
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
[13]
DE フォード、DB Kamerow
睡眠障害と精神障害の疫学的研究。予防の機会はありますか?
JAMA 、262 (11 )(1989 )、pp。1479 – 1484
Epub 1989/09/15
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[14]
FP Cappuccio 、D. クーパー、L. D’Eliaの、ら。
睡眠期間は心血管転帰を予測する:前向き研究の系統的レビューとメタアナリシス
Eur Heart J 、32 (12 )(2011 )、pp。1484 – 1492
エプブ2011/02/09
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[15]
C. サバナヤガム、A。 シャンカー
睡眠期間と心血管疾患:全国健康面接調査の結果
睡眠、33 (8 )(2010 )、pp。1037 – 1042
Epub 2010/09/08
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[16]
Y. ウェン、FH パイ、P. 郭、ら。
中国南部の人口における睡眠時間、昼寝、閉塞性睡眠時無呼吸および脳卒中のマーカー
Sci Rep、6(2016)、p。34689
Epub 2016/10/05
Google Scholar
[17]
イニシアティブTWMHS。原発性不眠症に対するDSM ‐ IV ‐ TR診断基準 [2017年12月15日の引用] https://www.hcp.med.harvard.edu/wmh/ftpdir/affiliatedstudies_BIQ_algorithm.pdfから入手できます。
Google Scholar
[18]
MJ Thorp
睡眠障害の分類
Neurotherapeutics、9(2012)、p。701
Epub 14-09-2012
Google Scholar
[19]
JD Edinger 、MH ボンネット、RR Bootzin 、他。
不眠症のための研究診断基準の導出:米国睡眠医学会の作業部会の報告
Sleep 、27 (8 )(2004 )、pp。1567 – 1596
EPUB 2005/02/03
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[20]
MM Ohayon
不眠症の疫学:私たちが知っていることとまだ学ぶ必要があること
Sleep Med Rev 、6 (2 )(2002 )、pp。97 – 111
Epub 2003/01/18
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
[21]
W. サン、Y. ゆう、J. ユアン、ら。
職業間の睡眠時間と質 – 中国全国調査
PLoS One 、10 (3 )(2015 )、記事e0117700
EPUB 2015/03/18
CrossRef Google Scholar
[22]
B. Sivertsen 、T. Lallukka 、P. サロ、ら。
健康障害の危険因子としての不眠症:ノルウェーにおける人口ベースの大規模前向きHUNT研究の結果
J Sleep Res 、23 (2 )(2014 )、pp。124 – 132
EPUB 2014/03/19
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[23]
DA Katz 、CA McHorney
慢性疾患患者における不眠症の臨床的相関
Arch Intern Med 、158 (10 )(1998 )、1099 – 1107ページ
Epub 1998/05/30
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
[24]
科学会議の声明のNIH状態:成人における慢性不眠症の徴候と管理
J CLINスリープメッドJCSMオフ公開No.アムアカデミースリープメッド、1 (4 )(2005 )、PP。412 – 421
EPUB 2007/06/15
Google Scholar
[25]
B. Mezuk 、Y. チェン、C. ゆう、ら。
中国の人口における鬱病、不安および一般的な糖尿病:50万人の中国Kadoorieバイオバンクからの所見
J Psychosom Res 、75 (6 )(2013 )、pp。511 – 517
エプブ2013/12/03
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
©2017 The Authors。Elsevier BVによって出版された

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945717315745

関連記事はこちら