このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不安および鬱病のリスクに対する不眠症サブタイプの長期的影響を調べた。

不眠症の素因となることは、非不眠症と比較して、不安のリスクを8.8倍、鬱のリスクを8.48倍、そして不安と鬱の両方のリスクを17.98倍増大させる。

再発性不眠症は、持続性および寛解型不眠症​​の個人と比較して、精神障害を発症する最大のリスクがあります。
抽象
目的
我々は4年間の追跡調査の間の不安と鬱病のその後の発達に対する不眠症の長期的影響を調査した。我々はさらに、不安および鬱病のリスクがサブタイプによって異なるかどうかを調べるために、不眠症の人々を異なる不眠症サブグループに分類した。
方法
参加者は2002年から2009年の間に台湾の国民健康保険登録者から確認されました。この研究には、不眠症のある19,273人の被験者と不眠症のない38,546人の一致する被験者が含まれていた。すべての被験者は、以前に不眠症、睡眠時無呼吸、不安、または鬱病と診断されていませんでした。
結果
非不眠症患者と比較して、不眠症患者は不安のみを発症するリスクが高かった[調整ハザード比(HR)= 8.83、95%CI = 7.59-10.27]、鬱病のみ(調整HR = 8.48、95%CI = 6.92-10.39)そして、不安と鬱病の両方(調整HR = 17.98、95%CI = 12.65-25.56)。不眠症のサブグループを分類すると、不眠症の再発(調整されたHR = 10.42-26.80)を有する個人が、不安のみ、うつ病のみ、そして不安とうつ病の両方のリスクが最も高く、続いて持続性不眠症(調整HR = 9.82-18.98)その後、不眠症を調整した(調整HR = 4.50–8.27)。3つすべての不眠症サブグループは、不安だけ、うつ病のみ、および不安とうつ病の両方について、非不眠症グループよりも4年累積累積率が高かった(p <0.0001)。 結論 私たちの調査結果は不安やうつ病の将来の発症における不眠症の臨床的予測因子の役割を強化します。不眠症の認識と不眠症の治療は診療所で推奨されるべきであり、不眠症のパターンはその後の精神障害の治療と管理を助けるために監視されるべきです。さまざまな不眠症のサブタイプに寄与する要因を特定するためには、包括的なデータ収集による将来の研究が必要です。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症不安うつ病サブタイプ経度 ©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945717303143