このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

ストレス関連の睡眠反応性は、不眠症者と眠りのよい人とを区別することができます。

睡眠反応性と睡眠関連認知は相互に関連しているようです。

不安症状などの心理的要因も不眠症の対象を決定する可能性があります。

変数は、不眠症の中心的要因を構成する不眠症サブグループにおいて同様の関連性を有する。
抽象
目的
ストレス関連の睡眠反応性、睡眠関連の認識、および心理的要因は、不眠症において重要な役割を果たしています。目的は、不眠症障害、不眠症サブグループ、および健常者におけるそれらの関連の可能性を調査することでした。
方法
横断研究は精神障害の診断および統計マニュアル、第5版(DSM-5)に従って不眠症障害の診断基準を満たした93人の被験者および30人の健康な被験者から成っていた。調査機器には、不眠症の重症度指数(ISI)、ピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)、フォードの不眠症反応のストレステストへの対応(DBAS)、ベック鬱病目録(BDI)、およびズン自己評価が含まれていました不安尺度(SAS)。記述統計は、ピアソンの相関関係、χ 2検定、及び多重線形回帰を行いました。
結果
FIRSTおよびSAS最良良い枕木(FIRSTχ対不眠症対象決定2  = 109.6、pは  <0.001、SASχ 2  = 120.3、P  <0.001)。最初はDBASによって最もよく予測された(p  <0.001)、PSQI(p  <)そして、PSQIによるSAS(p  < 0.001)0.001)、ISI(p  <)0.05)、BDI(p <)。0.001)。睡眠開始サブグループでは、FIRSTはISI、PSQI、およびDBASに関連し、サブグループではDBASと関連していた。両方のサブグループにおいて、SASはPSQI、ISI、およびBDIに関連していた。 結論 (1)不眠症の原因となる可能性がある要因、ストレス関連の睡眠反応性、および不安症状などの心理的要因の中で、不眠症の対象を眠りのよい人と区別することができる。(2)睡眠反応性と睡眠関連認知は相互に関連しているように思われ、有益でない信念がストレス反応性に影響を与える可能性がある。(3)心理的要因が睡眠の質と不眠症の重症度に影響を与える可能性があります。(4)これらの重要な睡眠関連変数は、不眠症サブグループにおいて同様の関連性を持つ可能性があります。それらは不眠症の発症と維持のための中心的な要素を構成するかもしれません。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症不眠症のサブグループ睡眠についての機能不全の信念ストレス関連の睡眠反応性認知行動療法 ©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715020511