このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

1902年にデラ・トーレがフィチーノが彼の青春期の異教の信念を放棄し、聖なる命令を受けるように導いた宗教的危機を経験したとして以来、学者たちは思想の矛盾を説明する方法に取り組んだ。彼らは特定の信仰の危機についてのDella Torreの考えを軽視したが、Thorndike、Sarton、Kristeller、Garin、Walker、Yatesを含む次世代の学者たちは、依然としてフィチーノの矛盾、あるいはせいぜいメランコリック、揺れ、そして不安を抱いていた。

https://www.cambridge.org/core/journals/renaissance-quarterly/article/inward-zodiac-a-development-in-ficinos-thought-on-astrology/76067A95548E53FADAB8845840EC915D