このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ヨハネス・ケプラーは、彼の主要作品の2つ、 『新星の上』(1606年)と 『ハーモニクス・オブ・ザ・ユニバース』(1619年)において、ジョバンニ・ピコ・デッラ・ミランドラの司法占星術に対する論争について広範な議論を行った。しかしピコの論争との彼の意見の相違にもかかわらずケプラーはこれらの作品に深い敬意を持ってそれについて書いていて、それと多くの一致点を表明さえしました。Ernst Cassirerは、ケプラーの継続的な実践と占星術の支援にもかかわらず、ケプラーは本質的に人間を自分自身で作るというピコの考えを採用し、徐々に自分自身を占星術決定論への信仰から解放したと述べた。逆に、後者が前者を決定するのと同じように、自由の概念が知識のそれを決定します。知識の自発性と生産性は、ついには人間の自由と人間の創造性の信念の印となる。」

https://www.cambridge.org/core/journals/renaissance-quarterly/article/keplers-attitude-toward-pico-and-the-antiastrology-polemic/7960349A1A2A8D62EB5E8B4480272F19