このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

引数
中世の作家は、信仰の問題における理性の役割について書くとき、さまざまな姿勢を取りました。(1極端な、句「自然神学」でtheologiaナチュラ)は明らかに神学的に明らかに劣っている何かを暗示するために、大部分は悲観的に、使用されました。もう一方の端には、「自然神学への衝動」と呼ばれるものの長い伝統もあり、シャルトルの学校に関連した12世紀の作家によって、おそらく最も自然の抱擁に現れていました。15世紀になって初めて、彼らの活動のために「自然神学」という用語を積極的に採用している宗教的真理を調査するために自然な理性を使っている著者を見つけるのです。そのような思想家の中で、占星術と終末論はしばしば重要な役割を果たしました。その点で、14世紀のボロネーゼの法学者ジョン・オブ・レニャーノの著作は、中世後期の自然神学における占星術的、予言的、そして終末論的な資料の場所の重要な例を提供しています。彼の1375年論文でクリスチャン、レニャーノは、旧約聖書の預言者のように、古代の詩人、シビル人のような異教徒の見物人、およびキリスト教徒以外の占星術師たち全員が、キリストの処女誕生を予言していたことを示しました。レニャーノにとって、単に創造は神の啓示の一部であったのではなく、同様に重要なことに、まさに理由と啓示のカテゴリーは、ルネサンスのヒューマニストの作品を指し示し、理由の能力を示した自然なatic化のモデルの基礎を築く基本的な宗教的真理に到達するため。

https://www.cambridge.org/core/journals/science-in-context/article/astrology-and-the-sibyls-john-of-legnanos-de-adventu-christi-and-the-natural-theology-of-the-later-middle-ages/3913E7820C60D7623383F04BCC1DC03E