このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

メソポタミアの天体占いと天文学の現代世界への意義を誇張することはできません。メソポタミア人によって天体に割り当てられた名前と「不吉な」価値は西洋の占星術の根底にあり、インドの占星術にも影響を与えてきました。後に中世の天文学に移ったヒッパルコスとプトレマイオスの天文学における重要な特徴の多くは、バビロンとウルクの天文学者から借りました。黄道帯、メトニック・サイクル、ホロスコープ、そしてさまざまな占星術のテクニックがメソポタミアで初めて証明されています。同じことが、特に、現在世界中で使用されている空間と時間の区分(1時間に60分、円に沿って360°など)にも当てはまります。

https://www.cambridge.org/core/journals/cambridge-archaeological-journal/article/cuneiform-conception-of-celestial-space-and-time/364A6AE1D75ADFC7E6512C6E731B24DD