このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

Tommaso Campanellaは、彼の最初の出版作品である「哲学の実演」(Naples、1591年)において、彼の長い哲学的地位、すなわちアリストテレスへの反対の最も顕著な特徴の冒頭で立ち退きました。21歳の男性の産物であるこの本は、新鮮な経験主義を伝えており、占星術の影響やGB Delia Portaのオカルト、あるいは彼の思想を形作る個人的なメシアニズムによって推進された後の政治的宗教的利益によって大きく汚染されていない。

https://www.cambridge.org/core/journals/renaissance-quarterly/article/tommaso-campanella-and-jean-de-launoy-the-controversy-over-aristotle-and-his-reception-in-the-west/64393252AA5751DC5AC6371587D19AED

関連記事はこちら