このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

1902年の国際的な百科事典「オカルト」は、「ラテン語のオカルト -隠された」から派生したものであり、自然に対する洞察と支配は、神秘的または魔法的な手続と長期の見習いによって得られるとの仮定に当てはまる。秘密の伝承。中世の物理学、錬金術と占星術、そして現代においては、スピリチュアリズム、神智学、そして文化学はオカルト伝承の様々な要因を含んでいます。オカルト主義として知られているそのような教義は現代科学の領域の外にある。MAGICを参照してください。

https://www.cambridge.org/core/journals/modern-intellectual-history/article/why-the-margins-matter-occultism-and-the-making-of-modernity/D5086A01DA88D7C2AB4468A146497CCA