このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ロードス島の太陽以外は、太陽と月がギリシャの初期の古典的な時代にはほとんどカルトを持っていなかったことは正当に評価されていないという事実は、合理的に外来起源であると疑われるカルトです。ヘリオスとセレネはもちろん神であると考えられていたが、神話の中では。熱心に彼らのカルトの証拠を見つけようとしたそれらの学者はHeliosとSeleneが野蛮な神であったというアリストファネスとプラトンの声明を覚えているべきです。これら二つは確かに私たちよりも彼らの同胞のカルトをよく知っていました。一方、サンカルトはローマ時代に非常に人気があり、広く普及し、ついには帝国の最後の国家宗教となりました。それは東洋から来ました、そしてその仲介者とその人気の理由は占星術でした。それで問題が起こります:ギリシャ人はなぜ彼らが早い年齢で拒絶した占星術を受け入れたのか、そしてなぜ彼らは彼らが以前に崇敬を示さなかったヘリオスにカルトを払い始めたのか?彼らは単に外国の宗教に屈するのでしょうか、それともこの結果に寄与した本質的な理由がありましたか?

https://www.cambridge.org/core/journals/harvard-theological-review/article/origin-of-belief-among-the-greeks-in-the-divinity-of-the-heavenly-bodies/84B76A493C2E5EC4AB00BF9FF14DA070