このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハーバード神学評論、XXVIII(1935)55–60の「アブラハムと神への探求」のノートでは、ウィリアム・L・ノックスは、アブラハムの主張とは別にディアスポラ・ユダヤ教とラビニック・ユダヤ教が分岐していると指摘している。神から呼びなさい。ラビス氏、ノックス氏は、アブラハムはこの呼びかけに予定されていたと強調し、ディアスポラのヘレニストたちはアブラハムを占星術の自発的放棄と信用し、それによってアブラハムはその呼びかけに値すると強調した。それで、ラビはアブラハムの散文への呼びかけを説明する必要性に直面せず、単に目的地に頼るだけです。見込みのある検察官が直面しているヘレニストたちは、彼の捜索に対するアブラハムの報酬を強調している。「分散のユダヤ教は改宗者を作ることを懸念していました。一神教主義に向かう傾向があった異邦人のカルトの宇宙的でアストラルな解釈は、オリンピアの神学やより厳格な形態の多神教よりも、誤解を納得させるのが難しいのであれば、真実により近いことを認識しなければならなかった。占星術を放棄することは、同様に誤りを放棄するであろう異邦人照会者の潜在的な把握の範囲内で同様に実行されるだろう。これまでのところKnox。

https://www.cambridge.org/core/journals/harvard-theological-review/article/abrahams-knowledge-of-the-existence-of-god/C408780B4964D28927DA6CCC2211A768