このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

臨床集団から収集されたデータは、マジカルイデーション(MI)が強迫症状の発現において因果的または媒介的役割を果たす可能性があることを示しています。これが事実であるならば、それから治療において目標とされるとき、強迫神経症(OCD)の症状は変えられるべきです。OCDと診断された2人の個人は、魔法の思考を対象とした試験的治療を受けました。介入は、強迫観念や強制を標的にすることなく迷信/ MIを弱体化させるように設計された一連の手順から構成されていました。その手順は以下の資料の批判的分析を含んでいた。(1)無料の占星術の申し出。(2)ホロスコープ予測演習。(3)火の起源に関する4つの異なる文化的説明の記述。(4)タロットカードリーダーのための有益なガイド。(5)UFOの目撃情報の報告 (6)カルトフェスティバルを説明するビデオクリップ。(7) ‘デマ’ ‘チャネラーの説明、および(8)迷信運動。強迫症状、迷信、心筋梗塞および思考 – 行動融合の測定は、治療前、治療後および3ヶ月の経過観察時に行われた。ヤコブソンの2つの基準によると他。(行動療法 1984、15、336から352まで)は、治療後の患者は、魔法と迷信思考の測定にパドヴァインベントリに回収されているものとして同定されました。

https://www.cambridge.org/core/journals/the-cognitive-behaviour-therapist/article/treatment-of-magical-ideation-in-two-individuals-with-obsessive-compulsive-disorder/9C30A85C39901C82F6A69C424E4CE3D0