このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

このエッセイでは、サラミスのエピファニウスが彼のパナリオンで苦闘しているときの概念的で論議を呼んでいる反芻を探ります。拡大し続ける異端の世界を調査し管理する。この異端学的な論文を、総説を通して確立された神学的、教会的、そして知的権威の証明として読むのではなく、私はそれを古代民族誌の執筆と民族誌的素性の表現として表現しています。巨視的および微視的な知識を持つ人々。古代世界の民族誌学は、民族学者自身の文化的に位置づけられた見方のレンズを通して、世界の人々をテキストに書いて、特定の文化と習慣を記述して分類するプロセスでした。多くの場合、民族誌学者は自分のテキストを使用して、人間の多様性の起源についての彼の仮定を詳しく述べました。習慣や習慣は占星術、系図学、気候学、普遍的な歴史、そして神話のようなより大きな巨視的な力の産物として説明された。世界をテキストに翻訳する過程で、民族誌の調査は著者を彼らのまわりの世界を理解する彼らの能力に直面させ、そして最終的には人間の多様性の全範囲を考慮に入れるように強制した。私は読むことを主張しますキリスト教の民族誌の表れとしてのパナリオンは、人間の異質性の深さについての知識(知られている)と自意識のない無知(知られていない)との間の扱い難い緊張を有益に前景にします。習熟、そして発見。

https://www.cambridge.org/core/journals/harvard-theological-review/article/known-knowns-and-known-unknowns-epiphanius-of-salamis-and-the-limits-of-heresiology/1DEF565528C8E7E17B64119B612240F4