このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

女性が現代の日本社会における占いの分野をほぼ独占しているということはよく知られている事実です – 占い師とその顧客(または顧客)はほとんど女性です。しかし、女性と占いの関係を一般的な観点から見ると、占いは必ずしも女性によって独占されているわけではないことがわかります。言い換えれば、この2つの関係のみを当然のことと考えれば、いくつかの社会学的問題を見落とすことになります。問題の関係を詳しく観察すると、いくつかの現象が明らかになります。その1つが「占いの女性化」です。占いの女性化は、女性の利益を占いとそれに対する独占に導くプロセスです。本稿の目的は、この現象、つまり占いの女性化に焦点を合わせることです。https://europepmc.org/abstract/MED/11132523