このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ニューデリー
占星術を教えることを大学に奨励するというインド政府による提案は科学者の間で抗議の嵐を引き起こしました。
大学助成金委員会(UGC)は、5つの教育ポスト、図書館、コンピューター室、そしてホロスコープ銀行で、本格的な占星術部門に資金を提供することを申し出ました。Jyotir Vigyan(サンスクリット語で「占星術」)と呼ばれるように、部門は2001年から2002年の学年度の間に設置されます。彼らは学士号、修士号および博士号を授与します。
提案は、教育大臣であり、与党のBharatiya Janata党の強力な人物でもある科学大臣Murli Manohar Joshiの発案によるものです。物理学者のジョシは、科学者が求めるすべての答えは、ヴェーダとウパニシャッドと呼ばれる古代のサンスクリット語の著作に埋もれていると考えています。
一流の研究者たちは、疑似科学と迷信を正当化する試みとしてこの動きを非難しており、インドの科学的信頼性を損なうと言っている人もいます。国立科学アカデミーは強い反対を表明した。しかし、政府が黙っているという兆候はありません。
その間、インドのおよそ200の大学のうち35が、コースを開設する許可を求めています。
ハイデラバードの細胞分子生物学研究センターの創設ディレクターであるPushpa Bhargavaは、次のように述べています。 。
UGC会長のHari Gautamは、この動きを擁護して、占星術は科学としての資格があると述べ、「プロービング、調査および研究を必要とする主題」と定義した。
物理学者で科学産業研究評議会の元理事長であるSK Joshiと、ニューデリーのJawaharlal Nehru大学の植物分子生物学者であるSipra Guha-Mukherjeeの2人の著名なUGCメンバーが、この動きに同意したようだ。そしてインドで最初のスーパーコンピュータを開発したVijay Bhatkarを含む何人かの研究者がそれを公に支持しています。
科学技術省の事務局長であるValangiman Ramamurthi氏は、次のように述べています。「それが正しいのか間違っているのかについてはコメントしたくありませんが、占星術に関する研究提案を誰かが私に提出した場合は、資金を提供する前に科学的に意味があるかどうかを判断します。」

https://europepmc.org/abstract/MED/11357090