このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

運動方向は、頸椎関節痛に対する頸筋痛の影響に影響を及ぼした。

深部および表在性の筋肉痛は、頸部関節運動に異なる影響を及ぼします。

深部筋肉痛は、頸部伸展時の個々の関節の動きに影響を与えました。

表在性筋痛は、頸部伸展時の首全体の動きに影響を及ぼしました。

深部および表在性の筋肉痛は、首の圧痛感受性を低下させた。
抽象
バックグラウンド
首の痛みを持つ患者は通常、頸部の動きと圧痛感受性の変化を示しました。頚椎関節は、動的な頸椎の屈曲および伸展時に主運動方向(逆方向)とは反対の(逆方向の)散乱運動を示す。本研究は、痛みが首の痛みに関連する機能障害の診断に臨床的関連性を持つ可能性があるさまざまな頸筋に由来する場合の動的な頸部関節運動と圧痛感受性を評価することを目的とした。
方法
頸椎の​​屈曲および伸展の蛍光透視ビデオ記録を、右多裂筋および僧帽筋における高張食塩水誘発疼痛の前および最中の15人の健康な被験者から収集した。頸部の屈曲および伸展運動は、時間に関して10のエポックに分けられました。前方向性、逆方向性、および全関節運動は、関節運動変動性と同様にエポックにわたって抽出された。圧痛閾値(PPT)をC2 / C3およびC5 / C6椎間関節にわたって両側的に評価した。
調査結果
ベースラインと比較して:1)多裂筋疼痛はC3 / C4逆方向運動を増加させ(P  <0.01)、 伸展中のC6 / C7逆方向運動を減少させ(P <0.05)、関節間および関節間の総関節運動を再分配した屈曲中の半分の範囲(P <0.05)。2)僧帽筋痛は  伸展時の順方向運動(P  <0.05)、逆方向運動(P  <0.05)、および関節運動の変動性(P <0.05)を減少させた。3)僧帽筋痛および多発性筋痛は、C2 / C3およびC5 / C6椎間関節の左側で両側にPPTを増加させた(P  <0.05)。 解釈 運動の方向は動的頸部関節運動学に対する実験的筋肉痛の影響に影響を及ぼし、そして深部筋肉痛は個々の関節に局所的効果を示した一方、表在性筋肉痛は全ての関節に広がる全体的効果を示した。 前の記事次の記事 キーワード 頸椎向運動逆方向の動き実験的な首の痛みビデオ蛍光透視法圧痛閾値 1 。前書き 頸部疼痛は世界的な疾患であり、1年間の有病率は平均37.2%であり、世界規模の障害の主要原因で4番目にランクされている(Fejer et al。、2006 ; Hoy et al。、2014)。頸部疼痛の根本的な原因は明らかではなく、頸部疼痛を有する患者の大多数は、明確な病因を伴わない非特異的頸部疼痛として分類されている( Guzman et al。、2009 )。したがって、首の痛みはしばしば主観的な徴候や症状によって説明されます。しかし、頸部痛の客観的尺度は、可動域の減少、頸部筋力の低下、運動速度の低下、頸部位置ずれエラーの増加、頸部関節運動の変化、および圧力の変化など、以前の研究では使用されています。疼痛感受性( Bahatら、2010年;DvirおよびPrushansky、2008年;Johnstonら、2008年;Lanら、2014年;Madridら、2016年;Sjolanderら、2008年;Tsangら、2013年。) 移動するX線ビデオを捕捉することができるビデオ蛍光透視法は各頸部関節の運動の客観的測定を可能にし、そして最近、健康な頸部関節運動の変化に関する新しい証拠が発表されている(Wangら、2017;Wangら、 2018a;Wangら、2018b)。頸部痛を有する患者は通常、頸部関節運動の変化および頸部の圧痛感受性の変化を示す(Madridら、2016年 ; Scottら、2005年 ; Sjolanderら、2008年)。クリステンセン他。腕の動きの前後の頸部痛患者の圧痛感受性を評価した(Christensen et al。、2017a)関節の動きと圧痛感受性との関連性についての理解は未だ不明である。しかしながら、アルゴメトリーによる圧痛閾値(PPT)は、頸部関節を覆う構造の疼痛感受性の客観的評価を可能にし、そしてPPTは、頸部関節に近い組織の疼痛感受性を調べる方法を提供する(Waltonら、2011)。両側性C2 / C3およびC5 / C6椎間関節上のPPTは、頸部痛患者のサブグループ間で異なることが実証された(Madrid et al。、2016 ; Scott et al。、2005)。 個々の頸部関節運動は、診断および手術の決定ならびに術後評価において、全可動域(ROM)と比較してより重要であると報告されている(Branney and Breen、2014 ; Lan et al。、2014 ; Schwab et al。、2006)。。解剖学は、多裂孔のような深い筋肉だけが単一の関節の運動を直接制御できるため、単一の関節の運動に影響を与える深い頸部筋肉と浅い頸部筋肉の能力の違いを規定している(Schomacher and Falla、2013 )。これらの解剖学的証拠は、筋収縮が示唆されています深部筋肉の痛みの結果として、痛みの部位の近くの頸部関節の動きに局所的な影響があるのに対し、表在性頸部筋肉の痛みは起源と挿入の間にある多関節の動きにもっと全体的な影響を与える表在性筋肉の炎症(Blouin et al。、2007)。矢状面における頸部関節の運動学の伝統的な画像検査は、頸部の屈曲および伸展運動の静的な端部範囲のX線写真に基づいており、この画像はリアルタイムの関節の動きを測定することは非常に限られている(Childs et al。、2008)。定量的ビデオ蛍光透視法は、動的な首の動きの動くX線ビデオを捉えることができます(Bifulco et al。、2013また、目視検査では見ることができない、頸部関節運動のさらなる洞察およびより詳細な詳細を提供する(Wangら、2017年 ; Wangら、2018a ; Wangら、2018b ; Wuら、2010)。以前の研究では、健康な被験者では、個々の頸椎関節が頸椎の屈曲および伸展の際に主運動方向とは逆方向に動くことが示されていた(Wang et al。、2018a)。主運動方向と反対の関節運動は逆方向運動として定義され、主運動方向に沿った関節運動は順方向運動として定義され、逆方向運動は逆方向運動の40%である(Wang et al。 、2018a)重力下での順方向運動および逆方向運動の変化は、疼痛の原因に関連した個々の関節の細かい神経筋制御を反映している可能性がある。 実験的疼痛モデルは、被験者内の頸椎運動および圧痛過敏に対する様々な頸筋からの疼痛を調査する可能性を提供する(Arendt-Nielsen and Graven-Nielsen、2008 )。したがって、この研究の目的は、屈曲および伸展時の動的関節運動学ならびに両側C2 / C3およびC5 / C6椎間関節上のPPTに対する実験的な表在性(右僧帽筋)および深部(右多靭性)筋肉痛の影響を調べることであった。1)実験的僧帽筋痛は全体的な効果を示し、実験的多裂筋痛は動的関節運動学に局所的な効果を示すこと、2)両側C2 / C3およびC5 / C6椎間関節上のPPTは表在頸椎中に増加する実験的な筋肉痛、しかし深い頸部実験的筋肉痛の間に減少する。 2 。方法 2.1 。件名 最後の3ヶ月間首の痛みのない15人の健康な被験者(6人の女性)が含まれ、平均年齢は25.1歳(SD 4.7)、平均身長は172.7 cm(SD 11.6)、平均体重は70.0 kg(SD 13.6)でした。(1)頸部外傷または手術、(2)頸部筋骨格系疾患、(3)疼痛に対する反応性に影響を与えると思われる心理社会的プロファイル、(4)協力できない、および(5)妊娠の可能性がある場合。この試験はヘルシンキ宣言に従って実施され、地元の倫理委員会(N20140004)によって承認された。研究が説明された後、すべての被験者が書面によるインフォームドコンセントを提供した。 2.2 。実験プロトコル 被験者は少なくとも7日間離れた2つのセッションに参加するという反復測定デザインを使用した。最初のセッションでは、実験的頸部痛を誘発するために高張食塩水の注射のために多裂筋または僧帽筋のいずれかを無作為に選択した。PPTおよび頸部の動き(頸部の屈曲および自己決定された中立位置から最大端範囲位置への伸び)を注射の前後に評価した。疼痛強度、疼痛期間および疼痛分布を注射後に記録した。2回目のセッションでは、前の注射していない筋肉に注射した高張食塩水を用いて同じ手順を繰り返した。頸部の屈曲および伸展の記録は、疼痛強度が10cmの視覚的アナログ尺度で少なくとも3cmと記録されたときはいつでも注射後に行われた。0センチメートルで「痛みなし」と「想像最悪の痛み」と(VAS)10時  センチ。 2.3 。実験的筋肉痛 高張食塩水誘発性筋痛モデルは、慢性頸部痛患者に通常見られる共因子を伴わずに臨床筋痛を匹敵するように、以前の研究における痛みに関連する感覚および運動の変化を調べるために広く使用されてきた(Graven -Nielsen、2006 )。実験的疼痛は、二つのセッションを横切って無作為順序で右子宮頸部多裂筋と右僧帽筋中の滅菌高張食塩水(5.8%)0.5mlのボーラスを注入することにより誘導しました。C5 / C6接合部の関節柱に由来し、C3の椎弓板上に挿入されている(Anderson et al。、2005 )。右僧帽筋の筋肉の間の中点に注射した。C7と肩峰の棘状突起( Falla et al。、2007)。すべての注射は超音波ガイド下で行われた( Stokes et al。、2007)。 痛みの強さはVASで評価しました。痛みがなくなるまで、注射後1分ごと。ピークVASスコアを分析のために抽出した。疼痛持続時間は、疼痛の発症から消失までの間に計算された。疼痛分布を各セッションの終わりにボディチャートに描き、任意の単位(au)で抽出した(VistaMetrix v.1.38.0; SkillCrest、LLC、Tucson、AZ、USA)。 2.4 。圧痛閾値 被験者はベッドの中で胃の上に横になり、首を完全にリラックスさせました。PPTは、圧力アルゴメーター(Algometer、Somedic Production AB、Sollentuna、Sweden)を用いて、C2 / C3およびC5 / C6頸椎椎間関節(Schomacher et al。、2013 ; Scott et al。、2005)の両側で左右に測定した。ゴム製チップ(接触面積1 cm 2 )。測定中、圧力を30kPa / sの一定速度で送った。被験者は、圧力感覚が痛くなった瞬間にハンドヘルドボタンを押すように指示された。各部位での測定を3回繰り返し、3回の繰り返しの平均をさらなる分析に使用した。 2.5 。X線透視記録および運動学的データの抽出 この研究は以前に記述された方法を適用した(詳細は補足資料にある)(Wang et al。、2017 ; Wang et al。、2018a ; Wang et al。、2018b)。ビデオ蛍光透視法(Philips BV Libra、2006、ネザーランド)を使用して、頸部の屈曲および伸展のビデオを記録した(図 1A )。X線透視ビデオから得られた画像を(フレームごとに)デジタル化するためにカスタムMatlab(2015)プログラムが使用された(Plocharskiら、2018)。プログラムは、Frobin等によって開発されたランドマークとして椎骨の角を識別するアプローチを取り入れました。(2002)後頭顆を表すために使用された眼鏡に取り付けられた外部マーカーに加えて(図1B)。マーキング手順の再現性は、優れた信頼性および低い平均マーキング誤差で公表されている(Plocharski et al。、2018 )。各頸椎のマーカー(C0〜C7)を用いて椎骨中央平面を計算した。関節角は、2つの隣接する中央平面間の角度として定義され、関節角は、伸張中は正であり、屈曲中は負であった。関節運動は、首の動きの間の異なる時点間の同じ関節の角度差として定義された(図1)。C)。主運動方向とは反対の関節運動を逆方向運動と定義し、一方、主運動方向と一緒の関節運動を順方向運動と定義した。データ抽出手順の例を図1Dに示した。各屈曲および伸展運動の最初と最後のフレームをビデオで視覚的に識別して、フレームの総数を見つけました。最初のフレームから最後のフレームまで均等に分割された11個の画像が選択された。11枚の画像はそれぞれの頸部の屈曲と伸展の動きを10の時期に分けました。各エポック中の関節運動は、画像に印を付けた後に得られた。これは、逆方向運動および方向性運動の両方を含む。個々の頸椎関節の10エポックにわたる前後運動と逆運動の合計を抽出した。総関節運動は、逆方向運動と順方向運動の合計です。関節運動変動性は、10エポックにわたる関節運動の分散を計算することによって抽出された。さらに、屈曲および伸展運動の前半範囲(最初の5エポック)および後半範囲(後半5エポック)の間の全関節運動を抽出した。 図1 高解像度画像をダウンロード(1MB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。首の動きをキャプチャするためのビデオ蛍光透視法のセットアップ、関節運動のデータを抽出するためのソフトウェアおよびアルゴリズム。A:X線送信機とスクリーンの間の実験的な椅子、ストラップは肩を下げて体幹の動きを制限するために使われました。B:各頸椎のマーカーの図。C:頸椎伸展中の2つの時点での頸椎。βおよびβ 1は、 C4 / C5の関節角度です。C4 / C5 =βの関節運動- β 1 。D:透視によるC4 / C5関節運動のデータ抽出例頸部の屈曲と伸展のビデオ。均等に分割された間隔(合計1/10フレーム)の11個の画像(No.1、No.2、…No.11)が、モーションを10の偶数エポックに分割します。エポックの間の関節運動は、逆方向運動と順方向運動の両方を含む。TF:総フレーム数。ME:エポック中の動き。アンチ:逆方向の動き。Pro:プロモーション 2.6 。統計 テキストには平均値と標準偏差(SD)が表示されていますが、図には平均値と標準誤差(SE)が表示されています。統計分析はSPSS(IBM統計24)で行われた。統計的比較の前に、すべてのデータをコルモゴロフ – スミルノフ検定によって正規分布について検定し、対になった条件間の分散の均一性をMauchly検定によって検定した。正常性と均質性が確認された。 深部および表在頸部伸筋からの疼痛が異なる疼痛特徴を示すかどうかを評価するために、疼痛分布、ピークVASスコアおよび疼痛持続期間を対t検定によって多裂筋および僧帽筋疼痛間で比較した。 深部および表在頸部伸筋からの疼痛が動的頸部関節運動学に対して異なる効果を示すかどうかを評価するために、10回の個々の頸部関節運動にわたる順方向運動、逆方向運動、関節運動および関節運動の変動性を僧帽筋および多裂孔について別々に分析した。方向の反復測定分散分析による頸部屈曲および伸展中の筋肉要因と(RM – ANOVA):関節(C0 / C1、C2 / C3、C3 / C4、C4 / C5、C5 / C6とC6 / C7)と時間(痛みの前に、痛みの間)。加えて、半範囲の屈曲および伸展運動中の全関節運動を、僧帽筋痛および多発性筋痛の前およびその間に、以下の因子を用いて三元RM − ANOVAによって別々に分析した:関節(C0 / C1、C2 / C3、C3 / C4、C4 /)。 C5、C5 / C6およびC6 / C7)、時間(痛みの前、痛みの間)および範囲(前半、後半)。 両側のC2 / C3およびC5 / C6頸椎椎間関節の上のPPTに対する深部および表在頸部伸筋からの疼痛が異なる影響を示すかどうかを評価するために、PPTを僧帽筋および多裂筋について別々に因子RM-ANOVAを用いて分析した。右C2 / C3、左C2 / C3、右C5 / C6および左C5 / C6)および時間(疼痛前、疼痛中)。 すべてのANOVAは、家族ごとのエラーが修正されました。有意性が残っている場合は、必要に応じて多重レベル比較のためにボンフェローニ補正を用いて事後的に実施した。0.05未満のP値を有意と見なした。 3 。結果 3.1 。疼痛の強度、持続期間および分布 多裂筋痛および僧帽筋疼痛は、疼痛分布において有意差を示さなかった(図2Aおよび2B、多裂筋長:1.97a.u.(SD 2.15)、僧帽筋:1.10a.u.(SD 0.86)、t(14)  = 1.58、P  = 0.137)。 )、ピークVASスコア(図2C、多裂帯長:6.1cm(SD 2.1)、僧帽筋:5.5cm(SD 2.2)、t(14)  = −2.09、P  = 0.055)および疼痛持続期間(図2)。C、マルチフィドゥス:8.3分(SD 1.7)、台形:7.9分(SD 2.3)、t(14)  = – 1.07、P  = 0.30)。 図2 高解像度画像をダウンロード(448KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。C4レベル(A)および右上僧帽筋(Tra)筋肉(B)での右マルチフィドゥス(Mul)筋肉における0.5mlの高張食塩水(5.8%)の疼痛分布。色の透明度が低いということは、その領域が被験者によって目立たなくなることを意味します。C:僧帽筋および多裂筋に高張食塩水を注射した後の疼痛強度。僧帽筋疼痛(D)および多発性(E)筋痛の前およびその間の両側C2 / C3およびC5 / C6椎間関節上の圧痛閾値の平均およびSE。疼痛前と比較した疼痛中の有意差:* P  <0.05。 3.2 。圧痛閾値 僧帽筋痛および多発性筋痛の前および最中のPPTの結果を図2に示した。1人の被験者は不完全なデータのために除外されました。僧帽筋痛の前および最中に、時間の主な影響が有意であった(図2D、F(1,13)  = 7.647、P  = 0.032)。事後分析は、疼痛状態の間よりも疼痛状態の間よりも疼痛状態の間の方が高いことを示した(疼痛中:298 kPa(SD 22.7)、疼痛前:260 kPa(SD 20.5))。 測定部位と時間との有意な相互作用が、多裂筋痛状態の前およびその間に見られた(図2E、F(3,39)  = 4.496、P  = 0.016)。事後分析は、両側C2 / C3椎間関節(ボンフェローニ:右:P  = 0.035、左:P  = 0.010)および左上のC5 / C6椎間関節(ボンフェローニ:P  = 0.010)上のPPTが疼痛前よりも高いことを示した。調子。 3.3 。向運動と逆運動 多裂筋痛の前およびその間の向運動および逆運動を図3に示す。関節と時間との間の有意な相互作用は、頸部伸展の逆方向運動において見出された(F (6,84)  = 4.386、P  = 0.008)。事後解析により、C3 / C4反方向運動は1.7度増加し(SD 1.8)(ボンフェローニ:P  = 0.002)、C6 / C7反方向運動は1.8度減少した(SD 2.4)(ボンフェローニ:P  = 0.012)ことが明らかになった。痛みの状態の前に。 図3 高解像度画像をダウンロード(423KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3。多裂筋痛の前およびその間の頸部屈曲と伸展の向運動と逆運動の平均とSE A:頸部屈曲中の向運動。B:頸部屈曲中の逆方向運動。C:頸部伸展中の向運動。D:頸部伸長中の逆方向運動。疼痛前と比較した疼痛中の有意差:* P  <0.05。 僧帽筋痛の前およびその間の順方向運動および逆方向運動を図4に示す。時間の主な効果は、頸部伸展の順方向運動(F (6,84)  = 14.410、P  = 0.016)および逆方向運動(F (6,84)  = 10.463、P  = 0.048)に見られた。事後分析は、疼痛前の状態と比較して、向運動が6.7度減少し(SD 6.8)、そして逆方向運動が6.1度減少した(SD 7.3)ことを明らかにした。 図4 高解像度画像をダウンロード(491KB)フルサイズの画像をダウンロード 図4。僧帽筋痛の前およびその間の頸部屈曲と伸展の向運動と逆運動の平均とSE A:頸部屈曲中の向運動。B:頸部屈曲中の逆方向運動。C:頸部伸展中の向運動。D:頸部伸長中の逆方向運動。疼痛前と比較した疼痛中の有意差:* P  <0.05。 3.4 。総関節運動 二元配置RM-ANOVA分析では、主な効果や相互作用効果は得られません。僧帽筋痛および多発性筋痛の前およびその間の全関節運動について有意差は見られなかった(補足図1)。 3.5 。半範囲の屈曲および伸展時の全関節運動 疼痛の前およびその間の半範囲の屈曲および伸展の間の全関節運動を図5に示した。関節、時間およびエポックの間の有意な相互作用効果は、多裂筋痛の前およびその間の頸部屈曲において見出された(F (6,84)  = 4.186、P  = 0.004)。事後解析により、多裂筋疼痛は、疼痛 前の状態と比較して、屈曲の前半の範囲の間にC3 / C4運動(Bonferroni:P  = 0.003)およびC5 / C6運動(Bonferroni:P= 0.004)を減少させ、そして多裂筋疼痛が増加した。 C1 / C2の動き(Bonferroni:P  = 0.038)とC3 / C4の動き(Bonferroni:P  = 0.042)が、C2 / C3の動きは減少した(Bonferroni: 疼痛状態前と比較した屈曲の後半の間のP= 0.007)。 図5 高解像度画像をダウンロード(523KB)フルサイズの画像をダウンロード 図5。多裂筋痛および僧帽筋痛の前(Bef)およびその間(Dur)の頸部屈曲および伸展の半範囲(前半、後半)中の関節運動。A:多裂筋痛の前およびその間の屈曲。B:僧帽筋痛の前およびその間の屈曲。C:多発性筋痛の前およびその間の伸展。D:僧帽筋痛の前およびその間の伸展。前半の間に有意差(* P  <0.05)と後半(#1中P  <0.05)が示されています。 3.6 。関節運動の変動 時間の主な効果は、僧帽筋痛の前およびその間の頸部伸展に認められた(F (6,84)  = 13.233、P  = 0.012)。事後分析は、疼痛前の状態と比較して疼痛中の関節運動の変動性が減少することを明らかにした(図6)。 図6 高解像度画像をダウンロード(377KB)フルサイズの画像をダウンロード 図6。多裂および僧帽筋痛の前およびその間の頸部屈曲および伸展の関節運動変動の平均およびSE A:多裂筋痛の前およびその間の屈曲。B:僧帽筋痛の前およびその間の屈曲。C:多発性筋痛の前およびその間の伸展。D:僧帽筋痛の前およびその間の伸展。疼痛前と比較した疼痛中の有意差:* P  <0.05。 4 。討論 その結果、実験的な筋肉痛は頸部関節の動きにさまざまな影響を及ぼし、痛みの原因と首の動きの方向がその変化に寄与していることがわかった。変動は、1)単一関節の画像シーケンス中の逆方向および順方向の動きの割合の変更。2)頸椎運動中の半関節間の単一関節の運動を再分配した。3)複数の関節間の運動を再分配した。その効果は、痛みを伴う筋肉が頸部の全体的な順方向運動(すなわち伸展)に対するアゴニスト筋肉である場合にのみ見出され、その効果はしばしば逆方向運動の寄与において見出された。 結果は、実験的な僧帽筋痛が、順方向運動(平均6.7度)、逆方向運動(平均6.1度)、および頸部伸展時の関節運動の変動性を減少させることによって、動的関節運動学にグローバルな効果を示すという仮説を裏付けた。実験的多裂筋疼痛は、子宮頸管伸展時のC3 / 4方向転換運動の増加(平均1.7度)およびC6 / C7方向転換運動の減少(平均1.8度)として示される局所効果を示した。 実験的な僧帽筋痛および多発性筋痛が、右側のC 5 / C 6椎間関節を除いて、両側のC2 / C3およびC 5 / C 6椎間関節よりもPPTを増加させたため。右C5 / C6椎間関節は多裂孔注入部位の近くにあった。 4.1 。疼痛の強度、持続期間および分布 疼痛強度、疼痛持続期間および疼痛分布は、実験的多裂筋痛と実験的僧帽筋疼痛との間で異ならなかった。この結果は、表在性腰筋と比較して深い腰筋がより高い疼痛強度を示した健康な被験者における実験的な腰痛に関する以前の研究とは異なる( Tucker et al。、2014)。反対の所見は、頸部領域と腰部領域との間の固有の解剖学的差異によって説明することができ、頸部領域の組織は腰部領域の組織と比較してより敏感である(Keating et al。、2001)。)さらに、深部頸部筋肉と表在部頸部筋肉との間の侵害受容性求心性神経の密度および感度の差は、疼痛強度の有意な差を示すほど大きくはないかもしれない(Minaki et al。、1999)。 右僧帽筋の筋肉に誘発された疼痛は、片側性の正しい頸部痛の分布をもたらした(Fallaら、2007年 ; Geら、2003年)。右マルチフィドゥス筋の実験的疼痛は、右前外側頸部および右肩に一方的に分布した。これら2つの筋肉および異なる注射部位における異なる神経支配の密度は、多裂筋痛と僧帽筋疼痛の間の疼痛分布の違いを説明するかもしれない(La Touche et al。、2010)。 4.2 。圧痛感受性 僧帽筋痛および多発性筋痛は、頸椎椎間関節よりもPPTの増加を示した。この結果は、痛みの主な部位から離れた領域で痛みを伴う刺激に対する反応の減少が見られたという以前の実験的な痛みの研究と一致している(Christensenら、2017b ; Graven -Nielsenら、1998)。しかしながら、多裂筋痛からの知見は、深部組織における実験的疼痛が疼痛の主な部位から離れた領域でPPTを減少させるという以前の研究とは反対である(Izumi et al。、2014 ; Palsson and Graven-Nielsen、2012)。これらの違いは、多様な刺激組織、ならびに緊張性痛い刺激と研究におけるPPTの評価との間の時間によって説明され得る(Ge et al。、2003 ;Izumi et al。、2014 )。降順痛覚鈍麻は、通常誘発痛みの部位に局所的に検出されない(ギブソンら、2006)。解剖学的には、右多裂筋の注射部位は僧帽筋より右C 5 / C 6椎間関節に近く(Anderson et al。、2005)、これは多裂痛の間に右C 5 / C 6 椎間関節よりPPTが増加しないことを説明する。 4.3 。動的ジョイントキネマティクス 順方向および逆方向の運動は、個々の頸部関節における細かい神経筋制御を反映している(Wang et al。、2018a)。より大きな順方向および逆方向の動きの偏位は、頸椎の屈曲および伸展の際に頸椎関節の動きがより変動しやすいことを示している(Wang et al。、2018a)。頸部関節運動パターンは、向運動および逆運動の変化によって特徴付けられる(Wang et al。、2018a)。 深部および表在筋からの実験的疼痛は、頸部関節運動に対して異なる効果を示した。頸部伸展時の深部多裂筋痛は、C3 / 4方向の逆方向運動の増加とC6 / C7方向の逆方向運動の減少を伴う局所的効果を示した。右の多裂筋は右のC3 / C4椎間関節の上に重なっており(Anderson et al。、2005)、これは痛みの間の関節C3 / C4に対する制御が少ないことを説明するかもしれない。逆方向運動の再分布は、頸椎関節間の代償メカニズムによって説明することができ、そこでは、ある関節での運動の減少が他の関節によって代償される可能性がある(Schwab et al。、2006 )。これらの短期局所適応戦略は、頸椎を保護するために想定されています疼痛の長期的な影響は不明のままであるが(Hodges、2011)。 浅僧帽筋疼痛は、疼痛前の状態と比較して、頸部伸展時の順方向運動、逆方向運動および関節運動の変動性を世界的に減少させた。僧帽筋の解剖学的構造は単関節の制御を可能にしないが、表在僧帽筋の痛みは変化を示し、それは単関節の運動制御から生じるように思われる。この結果は、僧帽筋の痛みが他のより深い筋肉の筋肉活動を変化させることを意味しています。 頸部屈曲中に、前方および/または反対方向の運動の変化は見られなかった。僧帽筋も多裂筋も伸筋であり、その結果、筋肉がアゴニストとして作用する場合、筋肉痛の関節運動への影響がより深刻になる可能性があることが示唆された(Côtéand Bement、2010 )。あるいは、重力の影響下での前部および後部の骨性、筋肉性および靭帯構造の間の解剖学的差異は、頸部屈曲と伸展との間の異なる運動所見の原因となり得る(Hsu et al。、2011)。その結果は、首の痛みが屈曲と伸展の間で頸部の動きに異なる影響を及ぼすことを示した以前の研究と一致しています(Rudolfsson et al。、2012)。 個々の関節の動きは、僧帽筋と多裂筋からの痛みの前と痛みの間の間で有意に変化しなかった。しかしながら、多裂筋痛は、頸椎屈曲中の関節運動の前半および後半の範囲の間の運動を再分配した。この研究は、リアルタイムビデオからの動的関節運動学は、静止直立位置および終了位置を有する画像から測定された関節運動と比較して、疼痛の影響を検出するためにより敏感であることを示す(Anderst et al。、2013 ; Anderst et al。、2015)。 4.4 。臨床的および科学的な意味 この研究は、実験的疼痛が深部および表在部の頸部筋肉に誘発された場合の健康な被験者における変化した頸部関節運動の検出における動的関節運動学の価値を強調している。この研究は、深部および表側頸部筋肉のトレーニングの臨床的価値の新しい背景を提供し、そしてこの研究は、深部脊椎安定性が動的運動の統合部分であることを示唆している(Cholewicki and Vanvliet Iv、2002)。 結果は、頸部筋肉の痛みが単関節運動にさまざまな影響を与えることを示唆しています。それでも、臨床検査の痛みは、異なる効果ではなく、関節の動きにも同様の効果があるとしばしば認識されています。臨床検査では、検査中に患者が移動する方向について説明的な注意を払うだけです。除外および包含基準が関節の動きに対する疼痛の異なる効果を制御しないため、この研究は、頸椎の動きに対する外科的椎間板置換の効果などの首の動きに関する多くの研究が混乱し得ることを示唆する。 4.5 。制限 現在の研究にはいくつかの制限があります。第一に、本研究では測定誤差が誤差の大きな原因となっていた。しかしながら、マーキング手順の再現性は、優れた信頼性および低い平均マーキングエラーで公表されている(Plocharski et al。、2018 )。第二に、頸部関節運動およびPPTに対する疼痛の影響を、頸部屈筋の代わりに頸部伸筋で調べた。目的は、2つの同等の深部および表層アゴニスト/アンタゴニストの間で疼痛効果を比較することであるため筋肉、深い頸部屈筋の注射は潜在的な危険にさらされていると考えられた。第三に、本研究では、頸椎の屈曲および矢状面内での伸展時の動的関節運動学のみを検討したが、正面および横断面での頸椎関節運動はより多くの情報を提供する可能性がある。 4.6 。さらなる展望 頸椎は、多くの筋肉、靭帯、骨、椎間板などを含む複雑な構造です。さらなる研究は、頸部屈筋、靭帯または他の頸部構造からの痛みが動的関節運動学およびPPTにどのように影響するかに焦点を合わせます。本結果は、健康な被験者における実験的疼痛からのものであり、これは首の痛みを有する患者に直接適用することはできない。したがって、頸部痛、例えば急性頸部痛、慢性頸部痛、むち打ち症および非特異的頸部痛などを有する患者の異なるサブグループにおける動的関節運動学およびPPTを調査するためにさらなる研究が必要である。 5 。結論 痛みの原因と首の動きの方向は、首の動きに対する実験的な痛みの影響に影響を及ぼし、その影響は関節内および関節間の関節の動きの有意な影響のないものからさまざまなものへと変化した。表在僧帽筋痛は動的関節運動学に対して全体的な影響を示したが、深多裂筋の実験的な痛みは局所的な影響を示した。異なる頸筋からの同様の疼痛強度は、首の圧痛感受性を変えるように思われる。この研究は、深部および表在性の首筋のトレーニングの価値についての臨床的理解のための新しい背景を提供します。そして、研究は深い脊椎安定性が動的な動きの統合された部分であることを示唆します。したがって、動的関節運動学および圧痛感受性の調査は、頸部痛の診断および治療を改善する可能性がある。 了承 デンマークのカイロプラクター財団は、この研究のデザインと実施のためにRenéLindstrøm基金を授与しました。Ning Quは、オールボルグ大学で博士課程の研究を進めるために、中国奨学金評議会(CSC NO.201506170031)によって提供された奨学金を授与されました。Thomas Graven-Nielsenは、デンマーク国立研究財団(DNRF 121)によって支援されている神経可塑性および疼痛センター(CNAP)の一部です。著者らは、デンマークのオールボルグのVejgaard Chiropracticでデータ収集のための蛍光透視法とデータ収集のための実験的設定の彼の供給のためのNiels Peter Bak Carstensに感謝します。 参考文献 アンダーソン他、2005 JS アンダーソン、AW Hsu 、AN Vasavada ヒトの頸部マルチ フィドゥスの 形態、アーキテクチャ、およびバイオメカニクス Spine 、30 (2005 )、pp。E86 – E91 CrossRef Google Scholar Anderst et al。、2013 WJ Anderst 、WF Donaldson 、JY Lee 、JD カン に対する頸椎脊椎椎体間運動学は屈曲運動と伸展運動の間で異なる J.Biomech。、46 (2013 )、頁1471 – 1475 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Anderst et al。、2015 WJ Anderst氏、WF Donaldson氏、JY Lee氏、JD Kang 屈曲/伸展、側屈、および軸方向回転中の頭部の動きに対する頸部の運動セグメントの寄与 Spine J. 、15 (2015 )、pp。2538 – 2543 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Arendt-NielsenとGraven-Nielsen、2008年 L. アーレント – ニールセン、T. グレイブン – ニールセン 筋肉痛:感覚的意義および運動制御との相互作用 クリン J.Pain 、24 (2008 )、pp。291 – 298 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Bahat et al。、2010 HS Bahat 、PL ワイス、Y. ロイファー 仮想環境で評価されるように子宮頸運動学上の首の痛みの影響、 アーチ。Phys。メド。リハビリ 、91 (2010 )、頁1884年- 1890年 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Bifulco et al。、2013 P. Bifulco 、M. Cesarelli 、M. ロマーノ、A. Fratini 、M. Sansone ダイナミックX線画像処理とデータ補間による椎間頚椎運動の測定 J.Biomed。イメージング、2013年(2013年)、p。21 Google Scholar Blouin et al。、2007 JS Blouin 、GP ジークムント、MG カーペンター、JT イングリス ヒトの表在筋および深頸筋の神経制御 J.Neurophysiol。、98 (2007 )、頁920 – 928 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Branney and Breen、2014年 J. Branney著、AC Breen 脊椎 手術 後に椎骨間の可動域は増加するか?前向きコホート研究 カイロ おとこ。その 、22(2014)、p。24 CrossRef Google Scholar Childs et al。、2008 JD チャイルド、JA クレランド、JM エリオット、等。 頸部痛:アメリカの理学療法協会の整形外科部門からの機能、障害、および健康の国際分類にリンクされた臨床診療ガイドライン J.オルソップ。スポーツフィジカル その 、38 (2008 )、頁。A1 – A34 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2002年のCholewickiとVanvliet IV J. Cholewicki 、JJ Vanvliet Ivを アイソメトリックの努力時の腰椎の安定性へのトランクの筋肉の相対的寄与 クリン バイオメック 、17 (2002 )、頁99 – 105 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Christensen et al。、2017a SW Christensen 、RP 平田、T. Graven -Nielsen 健康なコントロールと比較した頸部痛患者の疼痛感受性および軸頭筋筋活動の変化 ユーロ。J.Pain 、21 (2017 )、pp。1763 – 1771 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Christensen et al。、2017b SW Christensen 、RP 平田、T. Graven -Nielsen 両側性実験的頸部疼痛は、軸索頭蓋筋の調整および疼痛感受性を再編成する ユーロ。J.Pain 、21 (2017 )、pp。681 – 691 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2010年コートとベメント JN コテ、 痛みと動きの関係についての MKH Bement Update:臨床診療への影響 クリン J.Pain 、26 (2010 )、pp。754 – 762 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Dvir and Prushansky、2008年 Z. Dvir 、T. Prushansky 子宮頸の筋肉の強度試験:方法と臨床的意義 J.マニピュレーションフィジオール。その 、31 (2008 )、PP。518 – 524 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Falla et al。、2007 実験的な筋肉痛は、反復的な肩の屈曲の間に僧帽筋の細分の間の協調の再編成をもたらします 、D . Falla 、D. Farina 、T. Graven-Nielsen 。 経験値 脳の解像度。、178 (2007 )、頁385 – 393 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Fejer et al。、2006 R. フェイエール、KO Kyvik 、J. Hartvigsen 世界人口の首の痛みの有病率:文学の体系的な批評 ユーロ。J.スパイン、15 (2006 )、頁を。834 – 848 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Frobin et al。、2002 W. Frobin 、G. Leivseth 、M. Biggemann 、P. Brinckmann 頸椎の矢状面の分節運動。健康成人の新しい精密測定プロトコルと正常運動データ クリン バイオメック 、17 (2002 )、頁。21 – 31 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Ge et al。、2003 H. のGe 、P。 マドレーヌ、K. 王、L. アレント・ニールセン 痛覚鈍麻は、片側または両側僧帽筋からの実験筋肉痛の空間的合計によってトリガ痛領域に痛みを圧力に ユーロ。J.痛み、7 (2003 )、頁531 – 537 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar ギブソン他、2006 W. ギブソン、L。 アーレント – ニールセン、T。 グレイブン – ニールセン ヒト腱および筋肉腹部組織における参照痛および痛覚過敏 Pain 、120 (2006 )、pp。113 – 123 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Graven-Nielsen、2006年 T. Graven-Nielsen 筋肉痛、関連痛、および深部組織痛覚過敏の基礎 スキャンします。J.Rheumatol。、35 (2006 )、頁1 – 43 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Graven-Nielsen et al。、1998 T. 刻ん・ニールセン、V. Babenko 、P. スベンソン、L. アレント・ニールセン 実験的に誘発される筋肉の痛みは異深部組織ではなく、ホモトピック深部組織に痛覚鈍麻を誘発します 脳の解像度。、787 (1998 )、頁203 – 210 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Guzman et al。、2009 J. グスマン、EL フルビッツ、LJ キャロル、ら。 頸部疼痛の新しい概念モデル:発症、経過、およびケアの関連付け:頸部疼痛に関する2000年から2010年の骨と関節の10年間のタスクフォースとその関連障害 J.マニピュレーションフィジオール。その 、32 (2009 )、頁。S17 – S28 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 2011年ホッジス PW Hodges 痛みと運動制御:実験室からリハビリテーションまで J.Electromyogr。キネシオール。、21 (2011 )、PP。220 – 228 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Hoy et al。、2014 D. ホイ、L. 月、A. ウルフ、ら。 世界的な頸部痛の負担:世界的な病気の負担2010年研究からの推定 アン。Rheum Dis。、73 (2014 )、頁1309 – 1315 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Hsu et al。、2011 WH ・スー、YL 陳、TN ルイ、ら。 亜軸頸椎のin vivoでの能動的および受動的屈曲伸展とそれらの生体力学的意義との間の運動学的特徴の比較 Spine(Phila Pa 1976)、36 (2011 )、pp。630 – 638 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 和泉ほか、2014 M. 泉、KK ピーターセン、L. アーレント・ニールセン、T. 刻ん・ニールセン 痛み実験的な人間の股関節痛モデルでの紹介や地域の深部組織の痛覚過敏 疼痛、155 (2014 )、頁792 – 800 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Johnstonら、2008年 V. ジョンストン、G. Jull 、T. Souvlis 、NL Jimmieson 首の動きと首の痛みの女性事務員における筋活動特性 Spine(Phila Pa 1976)、33 (2008 )、pp。555 – 563 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Keating et al。、2001 L. Keating 、C. Lubke 、V. Powell 、T. Young 、T. Souvlis 、G. Jull 中胸部圧痛:無症候性の被験者における脊髄領域間の圧痛閾値の比較 おとこ。その 、6 (2001 )、頁。34 – 39 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar La Touche et al。、2010 R. ラトウシュ、C. フェルナンデスドLAS-Peñas 、J. フェルナンデス- Carnero 、S. ディアス-Parreño 、A. パリAlemany 、L. アレント・ニールセン 患者における三叉神経領域にわたって両側機械疼痛感受性慢性の機械的な首の痛み J.Pain 、11 (2010 )、256 – 263 頁。 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Lan et al。、2014 HH Lan 、H. Chen 、L. Kuo 、J. You 、W. Li 、S. Wu 頸椎横曲げ中の椎間板ヘルニア患者における分節寄与率のシフト BMC Musculoskelet。無理。、15(2014)、p。273 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード マドリード他、2016年 A. マドリッド、I. ロペス – ド – ウラルデ – ヴィラヌエバ、C. ラサール 神経障害を伴う慢性非特異的頸部痛における広範囲の圧痛痛覚過敏:記述的横断研究 痛みの医師、19 (2016 )、頁77 – 87 Google Scholar マトラブ、2015 マトラブ MathWorks社、株式会社、ナティック、マサチューセッツ州、USA (2015 ) Minaki et al。、1999 南、Y 。 山下、T。 竹林、S。 石井 肩および隣接組織における機械的感受性求心性ユニット クリン オルソ 関係 結果 、369 (1999 )、頁349 – 356 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2012年Palsson and Graven-Nielsen TS Palsson 、T. Graven -Nielsen 実験的骨盤痛は疼痛誘発試験を促進し局所痛覚過敏を引き起こす Pain 、153 (2012 )、pp。2233 – 2240 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Plocharski et al。、2018 M. Plocharski 、R. Lindstroem 、CF Lindstroem 、LR Østergaard 延長および屈曲中頚椎の運動分析:椎骨のマーキング手順の信頼性 メド。工学 Phys。、61 (2018 )、頁。81 – 86 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Rudolfsson et al。、2012 T. Rudolfsson 、M. Björklund 、M. Djupsjöbacka 慢性首の痛みを持つ人々で上下頚椎の動きの範囲 おとこ。その 、17 (2012 )、頁。53 – 59 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar ショマッハとファラ、2013年 J. Schomacher 、D. Falla 頸部疼痛患者における深頸部伸筋の機能と構造 おとこ。その 、18 (2013 )、PP。360 – 366 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Schomacher et al。、2013 J. Schomacher 、SA Boudreau 、F. Petzke 、D. Falla 局部圧痛感受性は、慢性頸部痛患者における 頸髄半 筋のより低い活性化と関連する クリン J.Pain 、29 (2013 )、pp。898 – 906 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Schwab et al。、2006 JS Schwab 、DJ Diangelo 、KT Foley シングルレベル頸椎固定 術に 関連した動き補償:失われた動きはどこに行きますか? Spine(Phila Pa 1976)、31 (2006 )、pp。2439 – 2448 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Scottら、2005 D. スコット、G。 ジュル、M。 スターリング 広範囲の知覚過敏症は慢性のむち打ち症関連障害の特徴であるが慢性特発性頸部痛ではない クリン J.痛み、21 (2005 )、PP。175 – 181 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Sjolander et al。、2008 P. Sjolander 、P. マイケルソン、S. Jaric 、M. Djupsjobacka 慢性頸部痛における感覚障害-運動の範囲、ピーク速度、動きの滑らかさ、および再配置視力 おとこ。その 、13 (2008 )、PP。122 – 131 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Stokes et al。、2007 M. ストークス、J。 ハイデス、J。 エリオット、K。 キーゼル、P。 ホッジス 後傍脊椎筋のリハビリ超音波イメージング J.オルソップ。スポーツフィジカル その 、37 (2007 )、頁581 – 595 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Tsang et al。、2013 SM Tsang 、GP Szeto 、RY Lee 慢性頸部痛患者における頸椎および胸椎の運動協調運動と微分運動学 クリン バイオメック (ブリストル、エイボン)、28 (2013 )、PP。610 – 617 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Tucker et al。、2014 KJ タッカー、M。 フェルス、SR ウォーカー、PW ホッジス 6つの腰筋における実験的に誘発された痛みの位置、深さ、質、および強度の比較 クリン J.痛み、30 (2014 )、PP。800 – 808 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Walton et al。、2011 D. ウォルトン、J. マクダーミド、W. ニールソン、R. Teasell 、T. ネイラー、P. Maheu 急性または亜急性の首の痛みを持つ人々で2標準化されたサイトでの圧力の疼痛閾値のA記述研究 J.オルソップ。スポーツフィジカル その 、41 (2011 )、頁651 – 657 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Wangら、2017 X. 王、R. Lindstroem 、NPB Carstens 、T. Graven-Nielsen 頸椎の​​屈曲および伸展後の頸椎再配置エラー BMC Musculoskelet。無理。、18(2017)、p。102 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Wangら、2018a X. ワング、R. Lindstroem 、M. Plocharski 、LR Østergaaard 、T. 刻ん・ニールセン 頸部の屈曲と伸展が健康な成人における抗指向頚椎の関節運動を含みます J.スパイン、18 (2018 )、頁を。147 – 154 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Wangら、2018b X. ワング、R. Lindstroem 、M. Plocharski 、LR Østergaard 、T. 刻んニールセン 頸椎関節屈曲および伸展の再現日以内の間 J.Manip。フィジオル。その 、41 (2018 )、頁。10 – 18 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Wu et al。、2010 SK Wu 、LC Kuo 、HC Lan 、SW Tsai 、FC Su 屈曲および伸展のさまざまな動作範囲における頸椎の部分的な寄与 J.脊椎疾患。テック。、23 (2010 )、頁278 – 284 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2018 Elsevier Ltd..All rights reserved。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0268003318306648